佐藤八朗の赤無し麻雀日記
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2012-09-17 13:25:46

故郷

テーマ:麻雀

最近引っ越しをした。

駅の近くの商店街が小さいながらも賑わっていて、いつも帰りにビールを買い、それを片手に露店の焼き鳥やコロッケをつまみながら家路につく。


どこか家庭的なこの雰囲気に、故郷を思い出す。

僕の実家も駅前の商店街の中にある。
いつも休みの日には商店街の中から選んで、夕ご飯を両親と食べていたな。


そんな懐かしい思い出にふけっていると、ふと目に付いた。雀荘だ。
慣れないレートではあるが、懐かしい気分が後押しして、足を向かわせていた。



ーいらっしゃい


どこか懐かしい声がしたような気がした。お店のママが迎えてくれた。

ルール説明も大雑把に、すぐ卓が立てられ、席につかされた。どうやら僕が入る事で卓が立つらしい。


小さな雀荘だ。卓も二つしかない。どうやら、家族で経営しているようで、両親と息子と僕の、スリー入りらしい。

聞き覚えのあるイントネーションだった。出身はどこ?と、きかれ、山形と答えたら、なんとママも山形。一家全員、僕と同じ故郷だったのだ。

どうりで、懐かしい声だなと思ったわけだ。イントネーションが微かに違う。




そうとわかると否や、飛び出す山形弁。
息子がリーチをすると、

「あ?そつけに早ぇなわがるわげねーべ」

一発で切る中でハネマン

「こげなの当んなが!!」
笑いながら点棒を投げる。



思わず笑みがこぼれた。



家族っていいな。故郷っていいな。

帰りにおばあさんから頂いた、山形産のアラレをつまみに飲むビールは、きっと今しか味わえないのだろう。

2012-06-02 00:59:58

LIVEやります

テーマ:音楽


麻雀まったく関係ありません。
興味がない方はスルーしてください。






6/2、渋谷ハザードというクラブでライブをやります。

ユニット名は、November 9(ノベンバーナイン)です。

ノベナイのゲストでー!と言ってくれればディスカウントされる模様です。



オールナイトです。
なので、始発まで遊べる人希望ですw



詳しい詳細知りたい方は、メッセか携帯にメールくだせぇ。


それか、@_8low
これでTwitterやってるので、そちらでも大丈夫です。



タイムテーブルです。

【タイムテーブル】

~MAIN FLOOR~
22:00~22:40 momo
22:40~23:20 SEIYAH
23:20~00:00 MANABU
00:00~00:40 YOTSU
00:40~01:20 SHIMPEI
01:20~01:50 artii/November 9/Viento(LIVE各10分)
01:50~02:30 YU-YA
02:30~03:10 L-ssyde
03:10~03:40 RASCAL/shiho+ayako(DANCE各5分)・Heart Core/Da15(LIVE各10分)
03:40~04:20 MUZCA
04:20~05:00 龍眼

~Lounge Floor~
23:00~00:00 Tikky
00:00~01:00 SAYULA
01:00~02:00 Kent-man
02:00~03:00 INAMI
03:00~04:00 PEN
04:00~05:00 SEIYAH





久々のステージです。
最高な音楽を届けるので、是非。



iPhoneからの投稿


iPhoneからの投稿
2012-04-25 03:33:23

反省

テーマ:麻雀

オーラスあがりトップ

12346(2256)中中 789チー


今度から(2)切ります、本当下手くそですいませんでしたm(_ _)m
2012-04-23 13:48:02

鉄板強者セット2

テーマ:麻雀
36888(24466788)




こんな配牌が3巡で



6888 (444ポン 666ポン 888ポン)


こうなって、しばらくしたら



6 8888カン (4444カン 6666カン 8888カン)


こんなんなった( ´Д`)
あがれなかったけどw



結果は、友人Nの一人負け、浮きが多かったのは友人Aでした!
強かった!

リーチの待ち読みの精度の高さが凄かったw
2012-04-22 16:30:46

鉄板強者セット

テーマ:麻雀

今日の夜、高田馬場の某雀荘にて、僕が今まで知り合った中でも最高峰の技術を持った打ち手が揃うセットが開かれる。

この日記にも登場した友人Nが、彼女に振られた、という滑稽な理由で(笑)地元に帰る事になり、

「最後に、強い人と、シビアな麻雀をしたい」

そう呟いていたのが開催の経緯だった。



まず、知人A。「ミスターノータイム」

元日本プロ麻雀連盟所属で、今はフリーだが、僕がプロになろうと思ったキッカケを与えてくれた人だ。
麻雀小僧という言葉がピッタリ合い、よく鳴いてよくオリる。言葉通り牌捌きも巧みで、何よりも、あらゆる動作がノータイムなのが印象的。
間違いなく鉄板強者。



続いて友人F。「i'm セオリー」

僕のブログにも登場した、点5のメンバーでゲームバックなし、年間純クロを成し遂げた化け物である。
よく鳴き、よく降りるが、ルールにすぐ適応する打ち方は単に麻雀としてではなく、期待値を常に考えながら打っている証拠。
何切るで論争になった時、
「セオリーってなんだよ。勝てる方法は結局自分にしかわかんないっしょ」
と言い放ったのが印象的だった。
いるんだよね、デジタルの癖に説明が下手な人‥。
とにかく、東天紅をやらせて右に出るものはいない。断言する、おれの知る限り、こいつより強いやつはいない。


友人K
某プロ団体所属。
Nのたっての希望により参戦。
デジタルをそのまま移したような人だ。

印象は、デカトップ。これにつきる。
得と見るや否や、リーチリーチで三回分のでかいトップを取るイメージだ。



あとは、僕と、友人Nの計五人でセットをやる。



果たして、どーなるものか。みなさんも予想してみてください。




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス