畳からフローリングに | 住まいのアフター

住まいのアフター

新築お引渡し後のアフターフォロー、新規お問い合わせのお客様宅のアフターフォロー、「こんな時どこに頼んでいいのかわからない」、リフォーム相談など、地域密着の工務店、牧野製材所のスタッフ日記

長年使用してきた畳が

傷んだこともあり

これを機にフローリングに

してみようかしら

とのご相談をいただき

お打ち合わせを重ね

和室の畳をフローリングに

することになりました。

 

 

畳を撤去したあとの様子です。

2階の和室ですので

下地はベニヤになっています。

 

ベニヤの床面から測って

入口の敷居の高さはだいたい

62mmでしたので

根太36mm+下地ベニヤ12mm+仕上げフローリング12mm

合わせて60mmとしました。

既存の敷居より、2~3mm

フローリング面のほうが低い仕上がりです。

 

敷居の角が面取りしてあるため

いつも仕上げ面を少し下げて

仕上げています。

2~3mmですので躓くことは

ないと思います。

 

 

下地ベニヤの上にフローリングを

貼っているところです。

 

1枚目のスタートが肝心です。

スタートのラインがまっすぐとは

限りませんので

既存の畳寄せに合うように

微調整します。

 

次の列からは1枚目のフローリングに

合わせて貼っていきますので

1枚目のフローリングが基準に

なります。

そのため、1枚目のフローリングは

しっかりと合わせていきます。

 

 

ウォールナット柄のフローリングです。

 

 

家具をセットしました。

 

畳とは違った良さがあります。

長年使ってきた畳と

お別れするのも

なんだか捨て難い気が

するね。

とおっしゃっておりましたが

やっぱり思い切って

フローリングにしてよかったと

喜んでいただきました。

 

快適な空間に仕上がりました。