住まいのアフター

住まいのアフター

新築お引渡し後のアフターフォロー、新規お問い合わせのお客様宅のアフターフォロー、「こんな時どこに頼んでいいのかわからない」、リフォーム相談など、地域密着の工務店、牧野製材所のスタッフ日記


テーマ:
“無垢の家”二世帯住宅の完成見学会を
東京都府中市にて行います。
平成30年6月30日(土)・7月1日(日)の2日間を予定しております。
ご興味のある方は下記をご覧ください。
※予約制になります。
 

敷地の形状に合わせた南北に長い間取り。

 

国産赤松のフローリング。赤松の雰囲気をぜひ。

 

洗面室の配管スペースのデッドスペースに杉材の棚を作りました。

ちょっとしたところに無垢材を使用しています。

 

 


テーマ:

築15年のお客様のウッドデッキ(約10畳)の床の部分補修をしました。

今日は別件で訪問したのですが、デッキの一部分が腐っており踏み抜く恐れがあった為

放っておけませんでした。

以前の床材はおそらくパイン系の木かと思われますが、張替えの床材にはエステックウッドという

木を使用しております。

数年前から劣化の酷い箇所を部分補修してきましたが、今回でほぼすべて張替えが完了しました。

以前の残材が残っていたのでそれが使用できました。(少々寸法が足りませんでしたがセーフです)

 

(before)

 

 

(after)※残材を使用した為、修理した感ゼロです。

 

 

このエステックウッドの特徴として薬剤は一切使用せずに

・耐久性

・耐水性

・防腐性

・防虫性

・形状安定性(反り、曲がり等が非常に少ない)

を兼ね備えています。

 

薬剤を一切使用しておりませんので、小さなお子様や、ペットがちょっと心配という方や

「木はいいけど腐るからなぁ、でもアルミや人工木材は味気ないしなぁ」という方にもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

八王子市のお客様宅にて(築13年)

 

「ユニットバスのフタが重いので見てほしい」

とのお電話をいただきました。

早速見に行くと、確かにフタとは思えないほど重くなっていました。

早速新しい蓋を取り寄せて交換しました。フロ蓋のシールに品番がありましたのですぐに注文することができました。

フロ蓋もシリーズや年代によって形が変更されたりしますので品番がわかると探しやすいのです。

劣化したフタをみてみると、縁のところが少し剥離しているのがわかりました。

 

ここから湿気や水がフタの中の断熱材にしみ込んでフタとは思えないくらいの重さになったのだと推測できます。

今回のユニットバスは保温浴槽タイプでしたのでフタも断熱フタになっています。

まれなケースではありますが、断熱フタがやけに重いなあと感じたら何か異常があるかもしれません。

 

普段と違う時など気になったらお気軽にお問合わせください。

(株)牧野製材所 ℡:042‐649‐6701

神奈川県相模原市緑区牧野8708

八王子事務所:東京都八王子市本町20‐11

 


テーマ:

八王子市のお客様宅にて

ピアノの床補強の状況を見てほしいとの依頼です。

今回新しいピアノを購入されたとのことで、現在あるピアノの処分の日が決まらず、新しく届くピアノと現在のピアノの2台がリビングに設置されてしまうとのことでした。

早速床下点検です。点検口から床下に入り、リビングのピアノ下まで進んできます。

 

通常床を支えている根太のピッチは303mmで施工することがほとんどです。これがピアノ下以外の床の裏です。

 

ピアノ下は建築当時にピアノが置かれることがわかっておりましたので、通常の根太間隔よりも密に根太を施工しておきました。

 

仮置きする予定の現在のピアノを逃がしておくためのスペース下はやはり根太補強がしてありませんでした。調査前に少し期待していたのですが、残念ながらそこまでは根太の補強がありませんでした。

 

そのため、根太の配置の寸法を測ってみると、何とか奥の根太と手前の根太にピアノの足が4割くらい乗ることがわかりましたのでとりあえずは問題ないと判断しました。何年もそこにピアノを置くというのであれば補強はほしいところですが、そんなに長く置くことがないとのことでしたので一安心です。今回はピアノと平行に根太が入っていましたのでそのことが好条件となりました。

 

 

 


テーマ:

2月の寒い時に水栓金具の凍結により外水道が割れてしまった日野市のお客様宅にて

ベランダに設置した外水道の水栓金具の交換です。

シンクから凍結のため損傷した水栓金具を撤去しました。

水栓金具の根本あたりにぱっくりと割れた跡が見られます。ここから水が噴き出しました。

新しい水栓金具に交換完了です。

新築お引渡しから8年間凍結による被害はありませんでしたが

今年は特に寒かったため凍結被害が出てしまいました。

この外水道の場合、シンク下に止水栓がありましたので

水を止めることができました。止水栓があるとこんな時助かります。


テーマ:

お客様から

「ブラインドの紐が切れてしまったので見てほしい」

とご連絡をいただきました。

新しい紐を準備してからメンテナンスです。

3本のうちの1本が切れていました。

ブラインドのはねの穴に1枚1枚紐を通していきます。

はねに紐を通すのは簡単ですが、上部の操作部に紐を通すのがいつも苦労します。

ブラインドの紐が太く操作部を通しにくいため、紐の先端に細い紐をつけて

操作部を通します。

最後は窓にブラインドをつけて、操作確認して完了です。


テーマ:

お客様から

「ブラインドの紐が切れてしまったので見てほしい。」

とのご連絡をいただきました。

 

 

以前も別の場所のブラインドで同じ不具合があり

その時に取り寄せた紐の余りを保管していただいておりましたので

今回はその時の紐を使用しました。

 

 

ブラインドの一番下の部品を外して紐を通していきます。

 

 

 

ブラインドのはねの穴に紐を通したら一番肝心の上の部分へと

紐を通していきます。ここまでは難なく通していくことができます。

ここから先にある操作部分の金具を通していくには針金が通しやすいかもしれません。

私の場合ステンレスの細めの針金を使用します。

時間はかかりますが、毎回根気よくやるといつか紐が通ります。

専門の道具があればすぐ通せると思いますが

いつも悪戦苦闘して30分はかかっています。

今回も無事に紐を通すことができました。


テーマ:

お客様から

「トイレ手洗いの水栓金具がぐらついているので見てほしい。」

とのご連絡をいただきました。

早速お邪魔してきました。

 

 

確かに水栓金具が緩んでいました。

ボールの陶器部分を外して様子を見てみると

金具のゆるみが生じていました。

内部の金具にさびが生じていることもゆるみの原因ではないかと

考えられましたが、使用しているうちに緩んでしまったようです。

ぐらつきがないように両側から締め付けてメンテナンス完了です。

 


テーマ:

お客様から

「布団を干すためのバーが欲しい」

とのご要望をいただきました。

お打ち合わせの結果、アルミ柱を利用した

布団干しを作ることになりました。

 

アルミ柱をベランダの軒天と地面に固定して

柱間に横に柱を設置し完成です。

さっと干せる布団干し。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス