ドラグ | はちNOブログ

はちNOブログ

鳥羽を中心にオフショアジギングに関して思うがままに綴っていきます。

リールのドラグについて考えてみました。


きっかけは自分のオシアジガーのドラグが弱かった事です。なぜこんなに弱いのか不思議だったので色々と検証してみました。


先ずは自分の所有するオシアジガー20001500のドラグチェックです。

自分は基本的にラインを目一杯巻いています。

タカ切れ等で減ってしまった場合も次回釣行時迄に下巻きを増やすなどしてスプールエッジまで、ほぼ満タンに仕上げます。

エッジから目に見えて少ない状態で使う事はあまりないです。

ハンドル一回転の糸巻き量がリールごとにバラツキが出るとややこしいので統一しています。


そんな感じでとりあえず計ってみました










オシアジガー2000NRでフルロックしてドラグチェッカーで計測、6台計りましたがよく出てるもので6.5キロ.弱いものは4キロ弱でした。その差2.5キロはかなりのバラツキです。

15005台計って最弱2.5キロ、Max4キロ強です。こちらも偶然でしょうがその差2.5キロです。


それぞれの使用年数もあるので個体差はともかくカタログスペックとの乖離幅は著しい

(o;)オイオイ


そもそも最大ドラグ値とはなんぞや?って訳で調べてみると、どうやら最低限の糸巻き量で計測する値らしい・・・

ご存知のようにスプール径が小さくなるとドラグの負荷は高まります。だけどそんな数値になんの意味があるのか?

そもそもスプールに10m程度巻いて釣りする人なんて居ないだろ?()

満タン巻いて最小ドラグ値で表示した方が良いように思うが・・・


個人的な意見はさておき、鳥羽の実釣ではフルロック2.5キロしか出ない物も4キロ出てる物も、ラインは最低30m程度から、潮がイッてたりすると120m程度出して釣りをする事になります。

100m程出たボトムでヒットするとスプール半径は小さくなるので2.5キロでも相応の数値に変わります。


数値の変化は下記の計算らしいです




まぁ、ラインの出が50m100m程度だとジガー2000あたりだと外径に大きな変化はないので数パーセント程度増しでしょうか?


それよりもロッドをフルベントさせてファイトする場合のガイドの抵抗等の方が大きいと思います(ロッドの長さや硬さ、ガイドの数で変わりますがキャスティングロッドで20%程数値が上がりました)

上記を加味して、通常ドラグ値の設定はライン直強力の3分の1程度に設定するのは、こういったことを考慮するからだと思われます。


さて、ココで問題です。

自分の場合はスローピッチジャークで高弾性ロッドを使用しますからフルベントファイトはあり得ません。曲げても、水平レベルのバットポンピングもしくはストレートポンピングで戦います。

ガイドとロッドがドラグに与える抵抗は通常のファイトより少なく、先のフルロックで2.5キロ程度しか出てないリールだと少し大型が相手になると出されるだけです()

フルロックで使う事は通常は無いので実釣だと「ドラグが壊れてる~!」となります。

今回、自前のスタードラグリールは全て計測してシールを貼り付けましたから修理に出すまではフルロックもアリですが()


少し脱線しましたが、ココからが大切です。

初心者の方はラインがどんどんと出されたままじっとしている事もあるでしょうが、そこそこにやり込んでる人は第2のドラグを使います。


そう、親指です!

指ドラグ ( ̄ー ̄) ドヤッ!


上級者はコレを非常に上手く使います。

リールに最大ドラグ値があるように指ドラグにも各人の最大ドラグ値が存在します!

理屈では分かっていても計測した事はありませんでした。


先日のディープライナー、東村船長の講習会で学んだ事です!


【余談ですが、東村船長の講習会は本当にディープなお話が満タンで勉強になります。やはり何事も第一人者に教わるのは上達の近道ですね】




指ドラグも親指だけの場合と、補助で人差し指を使えば更にパワーアップします。



指のチカラ加減はリールの大きさや糸巻き量で力の入り具合が変わりますから、おおよそですが、自分の場合は親指だけで4~5キロ、人差し指のヘルプを入れるとプラス1~2キロです。

で、例のフルロック2.5キロのポンコツでも(キチンと調整幅のある正常なリールをお勧めします)7~8キロ程度の実ドラグ力は出せると言う理屈になります。

ただ人力には疲れが有りますのであくまでも初期ドラグ値です(^ ^)

指ドラグ、多用しますが魚が大型でフルダッシュしたりすると親指を火傷します()


それを防ぐにはこんなカバーもあります。



コレをトータルで考えると、自分の場合は鳥羽の鰤狙いではファイヤーライン2号(30ポンド)、リーダーがプレミアムマックス8号(30ポンド)を使用します



リングへの結束とリーダーの結束で100%強度が出せれば理論上は30ポンド(13.5キロ)で破断します。コレにフックの強度(何キロで伸びるか?)を加味してトータル強度を理解すれば、先程の本体ドラグ+指ドラグにストレートポンピングですとMAXでも7~8キロ範囲内ですから、切れる事なく安心してグイグイ寄せられます。今まで勘に頼ってファイトしていた人は一度自分のタックル、結束、指ドラグ等、全てを計測して把握する事をお勧めします。


そうする事によって孫子の兵法が如く


【彼を知り己を知れば百戦危うからず】

となるのも夢ではなくなるかも( ̄ー ̄) ドヤッ!


因みに最近はレバードラグのリールを使ってます(笑)理由はまたの機会にお話します!




おしまい