飛練音響工業さんとの作品と写真展について | 碓氷峠視察団 隊長 -碓氷羽幌の廃線跡ブログ-

碓氷峠視察団 隊長 -碓氷羽幌の廃線跡ブログ-

本ブログの更新は終了しました。


テーマ:

みなさん、こんばんはニコニコ



最近は身内からも


生きているのか死んでいるのか分からないと言われる


今日この頃です。


いや、一応生きてはいるんですけど


ちょっと色々と忙しくて時間をつくれないというのが


現状ですねあせる



今、立坑櫓の研究をしておりまして・・・


戦時中に建設された志免炭砿をはじめ羽幌などの


立坑櫓について調べている次第であります。


いつのまにか日本国内を離れて


撫順の龍鳳炭鉱立坑櫓や


ベルギーのアサール炭鉱立坑櫓など


外国ものにまで手をだして引っ込みがつかない状態です(笑)



さて、話は変わりますが・・・。




兼ねてより私がお世話になっている同人音楽サークルさんとの


合同作品が出来上がりましたので


ご報告したいと思います(゚∀゚)

いつの間にそんなことしていたんだw













http://hiaudio.ame-zaiku.com/products/s681.htm

(飛練音響工業さんHP 北越特急681へ)





今回、飛練音響工業さんの作品である


SOUSIC-NS 北越特急681 という音楽CDのジャケット写真などを


お手伝いさせて頂きました(笑)



飛練音響工業さんの作品は


鉄道の音と音楽・・・


いわば



SOUND and MUSIC という一体感を前面に押し出した


ソージックという作品でして


鉄道の音という、誰もが一度は聞いたことある音に


飛練音響工業さん独自の


イメージ音を組み合わせたものになっております。



区間によって街のイメージを組み合わせた楽曲は


どなたでも楽しめる一枚となっておりますグッド!


(実際に私もCDを聞きながら記事を打ってますw)





ここで裏話的なものですが、


飛練音響工業さんからメッセージを預かっておりますw



4曲目、『sousic ns-681-003』ですが、


碓氷羽幌さんにメールで情報を提供してくださった


直江津や糸魚川の町の雰囲気や様子が、

曲作りに大いに参考になりました。




通常、“田舎”というと、たいていは山奥を想像しやすいのですが、


直江津も糸魚川も、割と海沿いということもあり、


特に日本海らしさをどのように表現するか、


いろいろ考えました。



4曲目、『sousic ns-681-003』イントロの


アコースティックギターのフレーズは、


今回“日本海を表現するメロディライン”ということで


4曲目『sousic ns-681-003』

5曲目『sousic ns-681-004』に


共通で使用しております。


北陸本線から眺めることの出来る


雄大な日本海の独特なイメージを感じ取って頂けますと、幸いです。




今作のトータルのテーマとしては、


雪深い越後湯沢を出発し、


春の暖かな小京都、金沢で旅を終える・・・


という裏設定を加えてみました。


春は別れの季節でもあります。




9曲目の『Kanazawa Springpark』では、春らしい曲調で、


特急はくたか号との別れも演出してみました。






そうですね、私も初めてこのような


鉄道音に創作曲を合わせたCDというのを初めて聞きましたが


正直、飛練音響工業さんのHPで試聴できる曲を聞くまでは


どのようなものか分からなかったというのが本音であります(笑)



ただ、今回の北越特急681アルバムを


飛練音響工業さんのご厚意で頂きましたが


「このような世界があるのか!?」


というのを痛感した次第であります。


(;゚Д゚)!? ← CDを聞いた時の私の顔w



681系の音に合わせて変調を加え、


特急はくたか号が走り抜ける風景や街並みをイメージした曲として


自らの心に染みこんでくるような、しっとりとしながらも


たかまるような一枚になっていますニコニコ








しかも、今回は飛練音響工業さん作品である


ソージックシリーズの生誕10周年記念

特急はくたか号の運行終了惜別記念


通販限定数量限定作品となっています(=゚ω゚)ノ



また、今回はタイムアップもあり


平成27年3月14日の午前0時3分販売受付を終了します。


この時間は、運行最終日の特急はくたか26号が


金沢駅に到着する時刻となっていて、


それに合わせて今回の合同作品の販売受付も終了させて頂きます。




上記HPより受け付けておりますので、


この機会にいかがでしょうか?(∩´∀`)∩





・・・ちなみに、


私が担当したのはジャケット写真だけでなく


CDレーベル面も担当させていただいております(笑)



また今回は飛練音響工業さんのご厚意で


私の681系ミニ写真集も付属しておりますえっ



ただ、写真を提供しただけなのに色々として頂き


恐縮するばかりでありますorz






そうですね、、、


私からの飛練音響工業さんとの裏話的なものとしては


Twitterの出会いからですかね(笑)



・・・いや、もちろん最近はやりの


メアド教えて♡ 住所どこ? てか、LINEやってる?的な


感じでは無いですよw



私のツイートに興味を持って下さった


飛練音響工業さんにお声をかけて頂き、今回のような


素晴らしい作品が出来上がった次第と言うことでありますあせる



飛練音響工業さんのご要望に合わせた


写真を撮影することが上手くいかず、


何度も迷惑をかけてしまうこともありましたしょぼんホントウニスミマセン



今考えてみると、


色々と迷惑ばかりかけてしまいましたが私も作品の経過報告で


どんどんとその姿が出来上がっていく過程を


見てこられたこともあり、


実感のある1枚が出来上がったと思います。



また機会があれば一緒にお仕事がしたいですねニコニコ





今回の作品、


とりあえず、通販限定という事と


販売受付に期限があるということをお忘れないようお願い致します。







それと共にですが、


今回の作品を生み出した飛練音響工業さんの


一般販売がありますので書いておきますね('ω')ノ



平成27年 3月 8日


Music Communication 11 (通称:Mコミ)


に出店されるそうです。


場所は、京都市勧業館 3階の第3展示場にて


音楽ジャンル ブースはTrack9だそうです。


詳しい事は以下のHPを参照してくださいね!



http://hiaudio.ame-zaiku.com/2_shop.htm


(一般販売では北越特急681アルバムの販売はありません)





久々にブログ更新したかと思ったら


まさかの商品販売PRとなってしまい、すみません( ;∀;)



私の方も色々と忙しく、てんてこ舞いな状態なので


また安定したら再び告知したいと思いますw





あ、そういえば!




3/4に脱北して


大阪・北陸・新潟経由で帰りますw


その為に北陸線の最期やはくたか号の勇姿も


しっかりと目に焼き付けて帰りたいと思います(;・∀・)



恐らくダイヤ改正の日は直江津周辺にいると思いますんで・・・。







それと、話は変わりますが


私のTwitter裏アカウントが知りたい方は


ブログに貼り付けられている


アカウントにメッセージを下さい。


ただ、下ネタや


くだらないツイート多めなので幻滅するかも知れませんがw


恐らく、産業遺産などを調べている方なら一度は目にしたことがある


アカウントだと思います(?)

その自信はどこからw










あと、これまた関係のない話ですが


羽幌炭砿の立坑櫓を建設した富士電機のPDFが見つかりましたので


URLを貼り付けておきます。


http://www.fujielectric.co.jp/company/jihou_archives/pdf/38-09/FEJ-38-09-572-1965.pdf



羽幌炭砿の立坑櫓で使用された技術は


かなり高度なもので、全自動式というものでした。


このような文献が残っているだけ、本当にありがたいものです。






それではまた(`・ω・´)












・・・あ!




2月末から3月頭にかけて、


札幌市内にて私がちょこちょこお世話になっている


写真部の写真展があります!




2/26~3/3


札幌大学 写真部卒業展

(ヨドバシカメラ札幌などにて広告中)


アートスペース201にて開催

(札幌市中央区南2条西1丁目7-8 山口中央ビル)


10:00~19:00



今回、珍しく私もお呼ばれされたこともあり


写真を出展しようと思います。


最近はブログでも出すことが少ない、私の写真をお楽しみくださいニコニコ





碓氷羽幌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス