寝返りはしなくてもいいのか?

テーマ:
{0E39DD7A-6C29-4E53-8C0F-013065E0C6E8}

↑↑↑
「寝返りは発達上は重要ではないので、しなくてもOK」

Amazonで人気の育児書に付いついた付録らしいです。


寝返りが重要でないなんて

誰が言ったんだーーー(大声)


寝がりって

どういうプロセスなのか


ムキになって

解説しちゃう。うーん


まず、寝返る前には

首のすわりが先にあり

仰向けで寝た時に

両手が顔の前で合い

口に手を入れることができる

その時

顎はひいていて

その後反対方向へ手が伸びるようになる

(肩甲骨が自由に動くということ)

足も次第に高く上がるようになり

足を舐められるようにまでなる

この時

背骨がしなやかに伸びる必要があるし

腹筋も必要


そして

「何か面白いもの」を目で追い

そちらへ視線が行くと

高く上がった足を横へ倒し

体をひねって

(ひねるということは上半身の下半身を別々に動かせるということ。)

結果、寝返る。

平衡感覚や

立ち直り反応(簡単に言うと頭が真ん中に戻ろうとする反応)なども必要。

この時身体は

体重移動を経験し

ボディイメージを知るのにも繋がる。


それができないということは


追視ができない?

首がすわってない?

足が上がらない?(腹筋が無いのか、背中がかたいのか)

上半身と下半身の動きの分離ができない?

肩甲骨が自由に動かない?

平衡感覚や立ち直り反応は?


…ということになる。

「飛ばしてOK!」なんて軽く書くようなことなのだろうか。



出来ないのがダメだということではなく


むやみに不安がることもなく


出来ないのはなぜか

何が邪魔をしているのか

どうしてあげれば出来るようになるか

それを考えるのが親だと思う。


それを手助けするお手伝いを身体調和支援を通じてしています。


だって

母親は

ただ産んだだけで

いきなり母親で

発達のことなんて

誰も教えてくれないし

育児書やテレビでも

???なこと言ってるし

市なんかの乳児相談でも

的確なアドバイスをくれる人に当たる可能は

宝クジに当たるレベルかもしれない。

私だって教えて欲しかった。

だから

時間が取れるかぎり

お母さん達に伝えたい。

発達を知るのは楽しい!

人間ってすごい!

知れば知るほどすごいシステムなので
 
ワクワクが止まりません。


今回は寝返りについてざっくり説明しましたが

四つ這いはもっとすげーのだ。

気が向いたらまた書きますとびだすピスケ1


身体が動いて脳が動く

脳が動いて身体が動く


食べる機能はそこら辺が上手くいかないと

つまづく事が多いです。


良い週末を〜カナヘイハート


AD

リブログ(2)

  • ”寝返りはしなくてもいいのか?”

    助産師の山浦直子です。 子どもたちの育ちの中で大切にしたいのは 食べる 寝る 遊ぶきちんと食べられる体にするためにも、しなやかに動ける身体にするためにも赤ちゃんの発達が大切です。歯科衛生士さんのブログにも、そのとおり!と思うことが書かれてました。  ベビー発達教室置けば…

    助産師 山浦直子

    2017-02-20 09:30:54

リブログ一覧を見る

コメント(6)