改修工事完了!

テーマ:
こんにちは、野崎です

今日はM様邸外壁改修工事が完了致しました

こちらの現場はALC造の2階建てで工事内容は…

①下地補修工事
②シーリング工事
③防水工事
④外壁その他鉄部塗装工事

下地補修はひび割れ・欠損等の補修です


↑写真の様に壁に膨らみが有り、塗膜で何とか持っている状況でした

↑斫ってみると中は空洞?
新築時に欠けたのを簡単に補修しただけなのか?何なのか???


↑プライマー塗布後、ALC専用補修材で補修を行いました

 
↑ALCはクッラクからの浸水が多い為、適正な工法で補修を行いました
※Uカットシーリング充填工法
 
↑この様にクラック部をカットして…
 
↑プライマー塗布後、シーリング材を充填して…
 
↑先程のALC専用補修材で埋め戻します

下地補修が完了後は、シーリング工事に入ります

 
 
↑サッシ廻り・ALC板間・換気フード等のALCパネルとの取り合い部を
古いシーリング材を撤去後、新たにウレタンシーリング材を充填して行きます
シーリングは5年程度で劣化するため、塗替えの際には打ち替えをお勧めしています
特にALC造の建物は板間のシーリングが切れると直ぐに建物内部に浸水してしまいます

↑下地補修・シーリング工事が完了すると、いよいよ塗装工事に入ります

↑下塗りは微弾性フィラーの厚膜タイプ(W-Ⅰ工法)
※下塗りの微弾性フィラーは伸縮性のある材料で、専用のローラーを使うことで、
通常の2倍以上の塗布料になります
これで、ALCパネルがひび割れを起こしても塗料は割れにくくなります

 
↑トップコートにシリコン樹脂塗料をご提案させていた
※トップコート1回目塗布
 
↑トップコート2回目塗布

 
↑完了

外壁が完了すると雨戸・樋・幕板等の鉄部塗装です

※鉄部は錆び汚れ等を除去→エポキシ系錆び止め→2液型ウレタン塗料×2回塗り

鉄部は外壁と比べると劣化が早く定期的なメンテナンスをお勧めします

続いては…
屋上防水工事

防水工事と言っても今回は既存のゴムシート防水層の膨れ・剥がれ・切れも無く状態が良かったためメンテナンスのためのトップコート(シルバー)塗替えをさせて頂きました

シート防水の塗替えも重要で、雨や紫外線等の影響で防水層も日々劣化していきます
※最近では、防水工事の10年保証も当たり前のようになっていますが、5年後にトップコート
の塗替えが条件の場合がありますのでご注意ください!


↑完了
※シルバーのトップコートを塗ることで太陽光を反射し防水層を保護します


↑全体完了

1か月程度の工事になりましたが、綺麗になりました


↑こちらの現場の職長を務めたのは工事部塚本です
ご苦労様でした

M様この度は数ある会社の中から弊社をお選びくださいまして有難うございました
アフタケア・メンテナンスはきっちりと対応させて頂きます


塗装・防水・外壁リフォームの専門店 有限会社アービル