特集「激安特急術」オシャレな観光列車で由布院温泉へ!長年愛される観光列車! 特急ゆふいんの森 | 世界バス轉運站

世界バス轉運站

アジア10ヶ国、数百路線のバスを乗り歩いた男が各国の路線バス情報をお届け!
人混みが苦手なので観光地の情報はあまりありませんが、アクセスする交通手段の情報などはお届けしたいと思っています。

今回も特集「激安特急術」をお送りします。

 

このコーナーは日本政府が実施する「GoToトラベルキャンペーン」がスタートするにあたって、旅行の幅をより安く、そしてより快適に広げてもらいたいという気持ちをこめて新設した新コーナーです。

GoToトラベルキャンペーンの適用エリア内となる地域を中心に、主に特急列車、フェリーなどを安く利用する方法や車両、船舶の内装紹介などをしていきます。

このコーナーではGoToトラベルキャンペーンの割引対象とはならないJRの割引きっぷなども多く紹介しますが「近くまで新幹線や飛行機と宿泊がセットとなったパッケージで行き、さらに少し足を伸ばしたい」という方や「宿泊のみをGoToトラベルキャンペーン適用で予約し、現地までの往復に安いきっぷを探したい」という方におすすめできる内容になると思いますので、予算を安く抑えながら旅行の幅を広げていく参考にしていただければ幸いです。

 

今回もJR九州の特急列車から、長年愛され続ける観光列車をひとつ紹介します。

 

今回紹介するのはJR九州の特急「ゆふいんの森」です。

1989年に運行をスタートして以来、JR九州の人気観光列車として長年観光客に親しまれ、訪日外国人にも人気の列車となっています。

現在は運行開始当初から活躍するゆふいんの森Ⅰ世と、1999年に完全な新型車両としてデビューしたゆふいんの森Ⅲ世の2編成が活躍していますが、2020年7月に発生した豪雨災害の影響で久大本線が一部不通となっているため、現在はゆふいんの森Ⅲ世のみが一部区間にて運行を行っている状況です(詳しくは後述します)。

ゆふいんの森は九州では有名な温泉地である由布院へのアクセス向けに運行されているD&S列車(観光列車)ということで、通常の特急型車両とは異なる設備や車内サービスを行っており、乗客にも好評です。リピーターも多いようで、末永く愛される観光列車であることを実感させられます。

 

 

まずは特急ゆふいんの森の運行区間と時刻について紹介します。

先にも述べたように、特急ゆふいんの森は2020年7月に発生した豪雨災害の影響により、2020年9月現在では一部列車、一部区間のみの運行となっています。

2020年9月現在は博多駅と豊後森駅の間を毎日2往復運行しており、博多駅からは9時24分発、14時35分発の2本が、豊後森駅からは12時38分、17時34分発が2本がそれぞれ運行されています。

全ての特急ゆふいんの森号は豊後森駅~由布院駅間を運行する直行の代行バスに接続していますので、現在のダイヤでもゆふいんの森号を利用して博多から由布院まで日帰り旅行をすることができます。代行バスはJRの乗車券やみんなの九州きっぷでも利用可能です。

このほか、特急ゆふ3号、4号も博多~豊後森間を運行しており、豊後森駅~由布院駅間を運行する各駅停車の代行バスに接続しています。特急ゆふ号は一般の特急列車であるため、観光列車レベルのサービスは行われていません。

また、特急ゆふ3号、4号以外の特急ゆふ号は博多~日田間の運行となっており、豊後森へは行きませんのでご注意ください(日田で各駅停車へ乗り継いで豊後森へ行き、そこから代行バスで由布院まで行くことが可能な便もあります)。

 

特急ゆふいんの森では2つの編成を使用して運行していますが、今回は2020年9月現在の臨時ダイヤで全ての便にて使用されているゆふいんの森Ⅲ世の車内を紹介します。なお、ゆふいんの森Ⅰ世は久大本線の不通により、由布院駅に留置されたままとなっているようです。

 

 

特急ゆふいんの森の車両は客室が高い位置にあるため、乗車すると数段の階段があります。

車内通路もドア付近は渡り廊下のようになっていて独特の構造です。

車椅子で乗車する際は指定席購入時に連絡をしておくことで、駅係員や乗務員が乗降のお手伝いをしてくれます。一部の車両には車椅子専用の座席も設けられています。

なお構造上、走行中は列車が大きく揺れることがありますので、走行中に車内を移動する際には手すりに掴まるなどするようにしてください。

 

 

座席は全て普通車指定席となっており、自由席、グリーン車はありません。3号車、4号車以外の車内の様子はこのような感じになっています。

通路を挟んで2列+2列のリクライニングシートが並び、由布院までのひとときを快適に過ごすことができます。

 

 

座席背面にもテーブルがありますが、座席を向かい合わせにした時にもテーブルが使えるよう、真ん中の肘掛下にもテーブルが収納されており、引き出して使用する事ができます。

 

 

3号車には普通席のほか、グループ利用の際に便利なコンパートメント席もあります。こちらの座席は少人数利用での発売は行っていないようです。

 

 

4号車は2015年に増備された車両で、この車両のみ内装が大きく異なります。

従来車両よりも木目の内装を増やし、座席モケットも自然を感じさせられるようなものになっています。

なお、2020年9月現在の臨時ダイヤではこの車両の指定席の販売が行われていない便もありますのでご注意ください(常時連結されているため、全ての便で車内を見学することは可能です)。

 

 

車内にはトイレ洗面所のほか、大型荷物置き場、大きな窓を配置した多目的スペースなどがあり、移動中に座席を離れて、大きな窓から久大本線沿線の大自然を感じることができます。

 

一番前と一番後ろの座席からは前面、後面の展望が可能で、鉄道ファンの方々などには人気の座席となっています。

 

3号車にはビュッフェの設備があり、軽食の販売や記念スタンプの設置などがあります。

また、ゆふいんの森ではワゴンによる車内販売も行われており、座席で商品を購入することもできます。

 

 

車内販売ではコーヒーのお茶などのほか、ゆずみつスカッシュ、地ビールといった沿線にちなんだ飲み物、ドーナツやアイスクリームなどの軽食類、ゆふいんの森オリジナルグッズなどを販売しています。お弁当などは2020年9月現在、事前予約による販売となっています。

車内販売の詳細はJR九州公式ホームページのゆふいんの森の紹介ページに掲載されています。

 

 

ゆふいんの森の車内では客室乗務員による様々なサービスが行われています。走行中、久大本線を始めとした沿線車窓の案内放送が行われるほか、由布院(豊後森)行きの列車では博多駅発車後に客室乗務員が各車両を回って由布院の観光案内を行います。

天ヶ瀬駅を発車してすぐの所にある滝のそばでは由布院方面の列車に限って減速するサービスもあり、ゆっくりと車窓から滝を楽しむことができるようになっています。

また、特急ゆふいんの森では客室乗務員が専用のボードを持って車内を巡回しており、お手持ちのカメラやスマートフォンなどで記念写真を撮ってくれる無料サービスもあります。このほか、記念乗車証も乗客全員に渡されます。

博多行きの列車では博多駅到着前にキャンディーの無料サービスも行われます。このキャンディーはお土産用パッケージも車内販売されていますので、お子さんやご近所へのお土産などにもおすすめです。

 

 

ゆふいんの森で行く目的地は由布院温泉という方が多いと思いますが、現在、暫定的な終点になっている豊後森駅にも近くに「旧豊後森機関庫転車台」という観光施設があります。こちらは豊後森機関区に存在した扇形機関庫を保存し展示しているもので、2009年に近代化産業遺産に、2012年には登録有形文化財に登録されています。2019年12月には台湾鐵路管理局(臺鐵)の彰化扇形機関庫とも姉妹提携を結んでいます。

豊後森駅からは徒歩10分弱で行くことができます。ゆふいんの森の豊後森駅での折り返し時間で見学するには丁度よい場所です。

 

 

敷地内には「豊後森機関庫ミュージアム」という展示施設があり、豊後森機関庫にちなんだ様々な展示が行われているほか、豊後森機関庫ミュージアムやJR九州の車両デザインを手掛けた水戸岡鋭治氏の書籍などを閲覧することができます。機関庫は無料で見学できますが、ミュージアムへの入館には入館料100円が必要です。

また、旧豊後森機関庫転車台は人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場するスクールアイドル「Aqours」の楽曲「HAPPY PARTY TRAIN」のプロモーションビデオのモデルとも言われているため、ミュージアム内にもラブライブ!サンシャイン!!関連の品々が展示されています。アニメファンの方にもおすすめの観光名所です。

 

最後になりますが、特急ゆふいんの森をお得に利用する方法を紹介します。

まず特急ゆふいんの森は全車指定席です。自由席はありません。乗車券のほかにゆふいんの森の指定席特急券が必要です。

博多~豊後森間の乗車券と指定席特急券の総額は3950円、博多~由布院間の2020年9月現在の総額(豊後森~由布院間はバス代行利用時は特急券は不要)は4640円です。

博多~由布院間では九州ネットきっぷが片道4080円で設定されていますが、豊後森~由布院間が不通となっているため、最新の設定状況についてはJR九州のホームページにてご確認ください。駅で直接購入できる2枚きっぷも博多~由布院間が8160円で設定されていますが、2020年9月現在は発売を見合わせているようです。

ゆふいんの森号を少しでも楽しんでみたいという方は博多~日田間の利用がおすすめです。博多~日田間は九州ネットきっぷが1680円という割安な価格で設定されており、この金額でゆふいんの森の指定席を利用することができます。

また、みんなの九州きっぷでもゆふいんの森号を利用することができます(北部九州版、全九州版どちらも利用可能)。

但し、ゆふいんの森号は全車指定席であるため、指定席が利用できる6回の回数内での利用となりますのでご注意ください。利用の際は事前に駅の指定席券売機などで座席の指定を受けてから乗車してください。

北部九州版を利用されますと、博多~由布院間の往復が5000円で済みますので大変お得です。

 

2020年7月の豪雨では久大本線沿線は大きな被害を受け、未だ一部の区間では不通も続いていますが少しずつ復興に向けて歩みを進めており、2020年8月8日からはこの特急ゆふいんの森も一部区間ではありますが運行を再開しました。

豊後森~由布院間はもうしばらくバス代行という不便な状況は続きますが、沿線では観光客の訪問を歓迎している様子を見ることができました。みんなの九州きっぷなどのお得なきっぷが設定されているこの機会に、由布院や豊後森といった地域へ観光に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

九州旅行に役立つ商品、九州を自宅で楽しめる商品のご紹介