慶山市 慶山市外バスターミナル | 世界バス轉運站
新型コロナウイルスに関する情報について

世界バス轉運站

アジア10ヶ国、数百路線のバスを乗り歩いた男が各国の路線バス情報をお届け!
人混みが苦手なので観光地の情報はあまりありませんが、アクセスする交通手段の情報などはお届けしたいと思っています。

河陽・大邱大学・慶山・大邱市街をつなぐ! 慶山市内バス840番 大邱カトリック大学前→慶山市場前の続きです。

 

慶山市の中心部、慶山駅や慶山市庁、嶺南大学からも程近い場所にある「慶山市外バスターミナル」です。

こちらからはあまり多くはありませんが、いくつかの行き先の市外バス路線を利用することができます。東大邱駅からもあまり遠くない場所にあるため、やや地味な存在のバスターミナルと言えますが、慶山市の拠点ターミナルのひとつとして機能しています。

 

 

ターミナルの建物内に入ってみます。建物内はバスを待つためのベンチ、乗車券発売窓口のほかに小さな売店が設けられています。

 

 

乗車券発売窓口は昔ながらの雰囲気のカウンターとなっています。窓口上に各路線の時刻表などが掲示されています。

 

 

乗車券は窓口のほかに自動券売機でも購入できます。自動券売機はクレジットカードやデビットカード等の専用機ですが、国際カードに対応しているほか、英語、日本語、中国語などの多言語表示も可能なものとなっています。

 

 

ホームへと出てみます。かつて東大邱へ運行していたものが待機場所の関係で慶山まで短縮されたという路線もある関係か、慶山市外バスターミナルのホームには常に多くの車両が待機しています。

ホームにもベンチが設けられていますので、こちらでバスの発車を待つことも可能です。

 

それでは慶山市外バスターミナルから運行されている主な路線を紹介していきます。

 

 

こちらは慶州経由浦項行きです。一部便は慶州を経由しない直行便となっているほか、慶州までの区間便も一部設定されています。

朝6時20分~21時30分まで、40~60分おきに運行されています。

車両は4列シートの一般バスで運行しています。

 

こちらは蔚山行きです。朝6時20分~20時30分まで、60~70分おきに運行されています。

車両は4列シートの一般バスで運行しています。

 

こちらは清道経由豊角行きです。朝7時~18時40分まで、2時間30分~5時間おき(毎日4本)運行されています。

車両はマイクロバスで運行されています。

また、清道方面は清道経由密陽行きのバスも運行されていますが、密陽行きは本数が少なくなっています。

 

こちらは雲門寺経由彦陽行きです。朝7時~13時30分まで、3時間~3時間30分おき(毎日3本)運行されています。

車両はマイクロバスで運行されています。

 

こちらは仁川国際空港行きです。先に第1ターミナルを経由して、終点が第2ターミナルとなっています。

この路線は途中、亀尾経由にて運行するため、所要時間が少し長くかかります。

朝6時40分~深夜3時40分まで、毎日6本運行されています。なお、2020年6月現在、COVID-19(新型コロナウイルス)流行による需要減少のため、運行を一時休止しています。

 

このほか、慶山からは東ソウル行きの市外バスも運行されていますが、11時発、15時発、17時30分発の3本のみの運行と非常に少なくなっていますので、この時間以外にソウル方面へ移動したい場合は、そばの慶山市外バス停留場バス停から909番市内バスを利用して東大邱駅へ行き、高速バス路線や鉄道を利用する形になります。

 

韓国を自宅で楽しめる商品のご案内