快適LCCで釜山からひとっ飛び! エアプサンBX122便 釜山→大阪(関西) | 世界バス轉運站

世界バス轉運站

アジア10ヶ国、数百路線のバスを乗り歩いた男が各国の路線バス情報をお届け!
人混みが苦手なので観光地の情報はあまりありませんが、アクセスする交通手段の情報などはお届けしたいと思っています。

金海空港へのアクセスに使える路線! 釜山市内バス138-1番 NC西面店→西部市外BT(沙上駅)の続きです。

 

 

市内バスと金海軽電鉄を乗り継いで釜山金海国際空港へやってきました。

ここからは往路でも利用したエアプサンで大阪関西国際空港へ向かいます。

この日は台風5号(ダナス)が韓国へ接近しており、釜山金海国際空港を発着している便にも多くの欠航が出ていました。私の搭乗するBX122便についても所定のチェックイン開始時間にはチェックインが開始されず、1時間後の天候判断で運航の可否を決める形になっていました。

最終的に遅れながらも運航されることが決定し、所定のチェックイン開始時刻の約1時間後にチェックインが始まりました。

 

 

釜山金海国際空港でのエアプサンのチェックインはセルフチェックイン機で行うこともできます。

私は預け荷物があったため、チェックインから荷物預けまでカウンターにて行いました。エアプサンは一部の割引航空券を除いて15kgまで無料で手荷物を預けることが可能です。最近は旅行会社で発売している航空券にも受託手荷物容量がないものがありますので、よく確認した上で購入するようにしてください。

 

 

出国審査前のフロア(チェックインカウンターの階のひとつ上)にはフードコートやファーストフード店のロッテリア、コーヒーショップなどがあります。但し、値段はキムチチゲなどが8000W程度~、とんかつなどの定食が10000W程度~と安くはありません。ロッテリアも空港価格となっているようで、市街の店舗より値段が高いように感じられました。

コンビニはチェックインカウンターの階のひとつ下の階(到着ロビー)の端にセブンイレブンがあります。

 

 

出国審査とセキュリティチェックを終えて出国エリアに入ります。

まずはゲートの方を確認します。当初は3番ゲートからの出発予定でしたが、後に9番ゲートへと変更されました。

釜山の場合はバス搭乗のこともあるようですが、今回はボーディングブリッジから搭乗できるようです。

 

 

出国エリアの店舗についてですが、出国審査やセキュリティチェックを終えてすぐの所にはまずロッテ免税店があります。

ゲート方向へ進むと食堂やコーヒーショップ、ダンキンドーナツなどがあります。

また、出国エリアにはセブンイレブンもあります。弁当やパン、飲み物や韓国のちょっとしたお土産などもこのセブンイレブンで比較的安い値段で購入することができます。韓国での最後の買い物にはこちらがおすすめです。

 

17時30分を回った頃に搭乗が始まりました。BX122便の機材はエアバスA321型機で、釜山行きで登場したA320型機とは一回り大きな機材です。

釜山金海国際空港は軍民共用の空港であるため滑走路等が写る形での撮影は禁止となっていますので、機外の撮影はしばらくできません(この写真は関西国際空港にて撮影)。

 

 

機内は3列+3列の座席配置です。座席はエアバスA320型機ほど豪華ではありませんが、日本のLCCよりもシートピッチは広く、レガシー並にゆったりとしています。

エアバスA321型機は機体が長いため、この機材には中程にもトイレが設置されていました。

 

 

機内サービスについてですが、座席にはモニター等の設備はありませんが、天井からぶら下がる形のモニターが設置されており、飛行機の現在地などの表示します。

また、エアプサンはLCCのため、飲み物や食事などは有料となります。カップ麺は400円程度、お菓子は200~300円程度、ソフトドリンクは200~300円程度で、韓国ウォンのほかに日本円や米ドルでの支払いも可能です。 

但し、ミネラルウォーターについては無料で提供されています。申告した乗客にのみ提供されますので客室乗務員に申し出る必要があります。

 

 

飛行機は定刻より1時間20分ほど遅れてドアクローズ。飛行機の出発が集中したため少し待たされましたが、18時過ぎには離陸しました。

台風の雲の中を飛ぶため少し揺れ、ベルト着用サインはしばらく点灯を続けました。

雲の上まで出ると安定飛行になり、揺れも少なくなったためベルト着用サインが消灯しました。

 

 

釜山から大阪へは1時間少々の短いフライトです。飛行機はあっという間に日本列島に到達し、島根県から本州の上空へ入り、JR伯備線に似たようなルートで岡山付近へと向かいます。

 

 

その後は瀬戸内海へと向けて四国上空へ。高松付近から徳島方面へと抜けて再び海上へ出た後、関西国際空港へ向けて降下を開始します。このあたりでベルト着用サインが点灯して着陸に向けた最終体制に入りました。

 

 

そして飛行機は関西国際空港に到着。こちらはお天気も悪くなく、雨が降った様子は感じられませんでした。

飛行機を降り立ったのは定刻より1時間30分ほど遅れた19時30分頃になりました。入国審査、手荷物の受け取り、税関検査はスムーズに進み、20時過ぎの列車には乗ることができました。

 

韓国旅行に役立つ商品のご案内