リアルとスピの
ファイナンシャルアドバイザー
柿添あいです



文部科学省からこんな発表がありました。
リンク→pk http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/siryo/attach/1364310.htm


2030年には、少子高齢化が更に進行して、
65歳以上の割合は総人口の3割に達する



子供たちの65%は将来、
今は存在していない職業に就く



今後10年~20年程度で、
半数近くの仕事が自動化される



ココから引用↓↓
----------------

2030年には、少子高齢化が更に進行し、65歳以上の割合は総人口の3割に達する一方、生産年齢人口は総人口の約58%にまで減少すると見込まれている(補足資料7・8ページ参照)。

同年には、世界のGDPに占める日本の割合は、現在の5.8%から3.4%にまで低下するとの予測もあり、日本の国際的な存在感の低下も懸念されている(補足資料9ページ参照)。

 また、グローバル化や情報化が進展する社会の中では、多様な主体が速いスピードで相互に影響し合い、一つの出来事が広範囲かつ複雑に伝播し、先を見通すことがますます難しくなってきている。

子供たちが将来就くことになる職業の在り方についても、技術革新等の影響により大きく変化することになると予測されている。

子供たちの65%は将来、今は存在していない職業に就く(キャシー・デビッドソン氏(ニューヨーク市立大学大学院センター教授))との予測や、今後10年~20年程度で、半数近くの仕事が自動化される可能性が高い(マイケル・オズボーン氏(オックスフォード大学准教授))などの予測がある。

また、2045年には人工知能が人類を越える「シンギュラリティ」に到達するという指摘もある。

このような中で、グローバル化、情報化、技術革新等といった変化は、どのようなキャリアを選択するかにかかわらず、全ての子供たちの生き方に影響するものであるという認識に立った検討が必要である。
----------------
ココまで引用↑↑




これを受けて、学校教育も変わって行く
必要があると続いています。



ココから引用↓↓
----------------
予測できない未来に対応するためには、社会の変化に受け身で対処するのではなく、主体的に向き合って関わり合い、その過程を通して、一人一人が自らの可能性を最大限に発揮し、よりよい社会と幸福な人生を自ら創り出していくことが重要である(※3)。

そのためには、教育を通じて、解き方があらかじめ定まった問題を効率的に解ける力を育むだけでは不十分である。

これからの子供たちには、社会の加速度的な変化の中でも、社会的・職業的に自立した人間として、伝統や文化に立脚し、高い志と意欲を持って、蓄積された知識を礎としながら、膨大な情報から何が重要かを主体的に判断し、自ら問いを立ててその解決を目指し、他者と協働(※4)しながら新たな価値を生み出していくことが求められる。

学校の場においては、子供たち一人一人の可能性を伸ばし、新しい時代に求められる資質・能力を確実に育成していくことや、そのために求められる学校の在り方を不断に探究する文化を形成していくことが、より一層重要になる。
----------------
ココまで引用↑↑


もう、今ある仕事に就くことに
なる可能性の方が少ないのです。

公務員になって欲しい
医者になって欲しい
弁護士になって欲しい

と、思っていても、
その仕事自体がなくなるかも
しれないのです。


変化が激しく、予測できない未来において
これからの子どもたちに必要な力は…


主体的に考え、他人と協力し、
新たな価値を生み出していくこと。

自分で仕事を作り出し、
どんどん変化していくこと。




ここにきて、大きな時代の変化を感じますね。






自分の子供をこんな風に育てるには
どうしたら良いと思いますか?


一番子どもに伝わりやすいのは


親が実践すること


だと思います。


「主体的に考え、他人と協力し、
 新たな価値を生み出していく」

「自分で仕事を作り出し、
 どんどん変化していく」



を、親自身が体現する。

その姿を子どもに見せる。


学校教育の方針が変わったからと言って、
教えているのは公務員である教師です。

今、教職についている誰も、

「主体的に考え、他人と協力し、
 新たな価値を生み出していく」

「自分で仕事を作り出し、
 どんどん変化していく」


これらの方法について、
学校で教わってきた人はいません。


今までの学校教育において、
成績優秀とされてきた基準が、
ことごとく通用しなくなってしまうのです。

・漢字がたくさん書ける
・計算が速い
・年号をたくさん記憶している
・地理を把握している
・英語が読み書きできる

こういったものは、スマホひとつで
解決してしまう時代なのですから。




「自分で仕事を作り出す」なんて言うと、
とても大きなことのように
聞こえるかもしれませんが、

・家事代行でお掃除をする
・家事代行でお料理を作り置きする
・ベビーシッターをする

といった、家事育児の延長にある
お仕事だってありますし、


私も依頼していますが、

・事務代行をする
・ブログ管理をする
・スケジュール管理をする
・お茶会やイベントの出入金管理をする

といった、事務系のお仕事を
していた人ならば、
抵抗なくできるような仕事もあります。


・メルカリで出品する
・出品の代行をする
・梱包、出荷する

などだって仕事になります。


専業主婦だって、会社員だって、
やろうと思えば隙間時間や、
週末起業ができます。

副業が禁止されている会社であっても、
顔出しなし、名前をビジネスネームで
活動すればわかりません。

年末調整の時だって、
不動産収入や投資収入があるといえば、
誤魔化せます(笑



始めるのが一番パワーがいります。

でも、えいっと小さいところからでも
やってみたら、

あとは、なんとかなります。

小さなつまづきがあっても、
継続・蓄積こそが財産になります。


まず、

隗(かい)より始めよ


引用ココから↓↓
-----------------
《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」燕策の故事から》大事業をするには、まず身近なことから始めよ。 また、物事は言い出した者から始めよということ。
-----------------
引用ココまで↑↑



子どもたちに

「主体的に考え、他人と協力し、
 新たな価値を生み出していく」

「自分で仕事を作り出し、
 どんどん変化していく」


人物になって欲しければ、
まずはあなたから、
できることからはじめてみませんか♡



このブログを読んでくださっている方は、
そもそも起業されている方も
多いと思います。

どこかのビジネス塾の門下生だったり、
協会のインストラクターだったり
するかもしれません。

どこに身を置いていたとしても、

「言われたことをやる」

「決められたことをやる」

というままでは、
雇用されている時と同じです。

ぜひ、

「主体的に考え、他人と協力し、
 新たな価値を生み出していく」

「自分で仕事を作り出し、
 どんどん変化していく」


ということを、意識して、
お仕事してみてくださいね♡


私は、人が生みだした素敵なものを
体験するのがとても大好きですハート

 

イベント先行案内やブログダイジェストを、
だいたい週1で配信中です

mail* 豊かで幸せな現実にぐるりと変わるメルマガ


突発的にLINEセッション募集します!
LINE 柿添あいのLINE@



リアルタイム投稿はFBです。フォロー歓迎 ハート
facebook 柿添あいのFacebook


プライベートはこちら
instagram 柿添あいのInstagram

記事へのご感想お待ちしています 手紙
レターポット 柿添あいのレターポット