リアルとスピの
ファイナンシャルアドバイザー
柿添あいです。

投資はよくわからないし、怖いから
銀行に預けているだけです。


なんておっしゃる方によくお会いします。

銀行なら堅実?銀行なら減らない?
銀行なら目に見えるから安心?

それ本当ですか?

実は銀行ってとってもスピリチュアルな
存在なんです。



HSBC香港本店前のライオン。阿吽になってます。


銀行は預かったお金を、全部銀行の
金庫にしまっておくと思いますか?


そんなことはありません。


銀行は預かったお金を、
また他の人に貸して、
金利差で利益を得ています。

銀行が持っておかなくては
いけない現金は、実際の預金の
10%程度です。



例えば…

①Aさんが100万円を銀行に預けます

②銀行は預かった100万円のうち、
 10%(10万円)を残して、
 90万円をBさんに貸します。

③Bさんは銀行から借りた90万円を
 とりあえず、銀行に預けておきます。

④銀行はBさんの口座の90万円のうち、
 10%(9万円)を残して、
 81万円をCさんに貸します。
 
図解するとこうです↓



さらに表にします↓


おわかりでしょうか?

実際にある現金はAさんの100万円だけです。

しかし、Aさん、Bさん、Cさんの
預金残高を足し算すると、
171万円になっています。

100万円が171万円になる。

これが、銀行の信用によって創造された
スピリチュアルな(=目に見えない)
お金なわけです。


これを、銀行の信用創造と言います。

image

わかりやすくするために、
100万円という額面で説明しましたが、

これが何百億、何兆という単位で
行われているわけです。

実際、銀行にはすべての預金者の
現金があるわけではないので、

引き出したい人が殺到すれば、
銀行はお金が足りなくなり、
取り付け騒ぎになります。

そうならないのは、銀行や日本円に
信用があるからです。


ではもし、銀行や日本円の信用が、
ものすごく下がるようなことが
おきたとしたら…。

何が起こるでしょうか?

次回の記事でお伝えしますね♡


image

 

 

イベント先行案内やブログダイジェストを、
だいたい週1で配信中です

mail* 豊かで幸せな現実にぐるりと変わるメルマガ


突発的にLINEセッション募集します!
LINE 柿添あいのLINE@



リアルタイム投稿はFBです。フォロー歓迎 ハート
facebook 柿添あいのFacebook


プライベートはこちら
instagram 柿添あいのInstagram