株式ランキング

 

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村


ファイナンシャルプランニングランキング

 

「長期・積立・分散」

 

 

貯蓄から投資へ・・これは政府が推進してること

こんなことを言うから銀行が苦しむ 更に日銀のマイナス金利政策も・・

ある意味、銀行の投信販売は国の推進なんだから悪い事ではないのかも

それでも銀行の投信は・・と言われる。

なんか矛盾してる。

金融の・・お金の・・投資のプロとか言ったって・・・・

中央のトップである日銀黒田総裁だって自分の掲げた政策が達成できずにいるのに・・・

あまり投資は信用しない・・やらない方が良いと思う

日本人は投資の文化があまりなく貯蓄重視と言うが・・私はそれでいいと思う 日本の文化なんだから。

 

 

 

「長期」

これは時間を味方にすることと言う意味なのかな??長期で運用して得た利益で更に運用しましょう・・とか

あちらこちらに投資信託を宣伝してるサイトは皆そう言う書き方になってる。

長期ならば途中で損失があったとしても必ず元は取れる 利が出ると・・・。

それって・・・・時間を味方にして言い訳をしてるに過ぎないと思うのだが。

事実途中で損をしてもと言うところが逃げ口実のような・・。

損をする(含み損)しかし、コツコツ一定額の積み立て形式だから支出は同じ(なので下がれば量を沢山買える・・ドルコスト平均)

なんでもそうだけど、長期でやれば複利運用が力を発揮して良くなるのは当たり前田のクラッカーだ。

 

 

「積立」

生活に困らない程度の金額を給与天引きなどで貯めましょうと言うもの??

サラリーマンの方なら、給与天引きで財形貯蓄や社内預金、持ち株制度を生かした方法が良いかと思います。

高い金利ももらえるので得策。

それらの制度がない場合は、銀行普通預金に給与が振り込まれた際に、その日を自動振替日に指定して定期積金或いは積立定期にされるのも良いかと思います。

 

けど・・・・投資の話だから、iDeCoや積立NISAを有効活用しようというもの。

銀行にない長期での積立が可能ですし、非課税でもあるし確かに良い商品ですね。

けど、手数料が掛かるし元金が保証されてるわけでもないですし・・・あまり言いたくはないけれど、東日本大震災や、リーマンショックのようなことがあったら???

ネガティブなこと書いても仕方ないけれど、投資のプロ?お金のプロ?そう言うところに運用を任せてもダメな時はダメ 値下がりして更に手数料も取られ・・・長期で持ってれば必ず回復しますって言ったって・・それが何時なのか??

 

 

「分散」

これは貯蓄でなく投資を前提にした言葉。 

要するに低金利時代だから銀行に預金するよりも投資をしましょうと言うもの(政府も貯蓄から投資へと・・)

投資となれば高配当 高利回り 高リターンを夢見てしまう(なので詐欺にあう) 一攫千金ではないけれど・・・冷静に考えて高配当 高利回り 高リターンには必ず高い高い高いリスクがあります。

大きく儲かる可能性もあるが、大きく損をする可能性もある。

あまり前のめりになると、老後の資金を蓄えるどころか無くしてしまう可能性もある。

そうならないように「分散」で投資をしましょうと言うもの。

それを例えた格言がタマゴは一つのカゴに盛るな

「リスクの高いものと低いもの」「高リターンが期待できるものと、堅実なもの」

その辺のバランスをしっかりしましょうと言うもの。

株式であったり、債券REIT(不動産投資信託) それも海外のもの その海外の中でも先進国のものや新興国 そして国内のもの225なのかTOPIXなのか新興市場なのか・・・・・あらゆるジャンルがあって自分で判断して良い具合にバランスを取らなくては・・自由自在に商品を選ぶことはできるけれど・・・・何が正解なのかってのはない。

すべては結果なのだからね。まぁ分散ってのはリスクを低減する効果があるという事。

 

 

 

 

長期・分散・積立 何処でも同じことが書いてあるけれど ほぼ共通してるのがグラフ

実に都合の良いグラフになっている。

何故、バブル崩壊前のがないのか リーマンショック後のグラフが最も多い。

良いところだけ書けばなんだって良く見える。

 

今騒がれてる投資信託だって半世紀以上の歴史があるのだから・・正直に書かないと。

 

まぁ意見はそれぞれですが、多くのファイナンシャルプランナーが同じ方向ばかり見ていてはいけないと思う今日この頃。