6月22日、ブログを書く。昨日は朝から忙しかった。朝、10:00~12:00まで拉致被害者を救う会の街頭署名活動に参加。マイクで支援と署名、北朝鮮の今現実にある脅威と特定野党の無為無策を訴えさせていただいた。他党批判はしないが、事実として昨年の衆院選の公約集に「拉致」の文言がほとんど無かった事実を指摘した。
 昼は大学で勉強と所用を済ませた後、17:30に自民党愛知県連の常任委員会にオブザーバーとして参加した。今回の勉強会も大変に身になった!

 で、今日の本題(いつも前置きが長すぎるんだよ、な)
教育現場での「拉致問題」啓発進まず アニメ「めぐみ」視聴平均8%満たず 授業時間の確保に悩む(産経新聞) - Yahoo!ニュース 

 理由としては、幾つか考えられる。①授業日数つめつめでやれっこない②アホバカ差別ガー主義者の保護者③アホバカ差別ガー主義者の日教組の締め付け④アホバカ差別ガー主義者の教委⑤アホバカ差別ガー主義者の文部科学省⑥アホバカ差別ガー主義者の……って、ほとんどアホバカ差別ガー主義者の所為やねヽ(´o`;
 実際、やる方法なんか幾らでもあって、総合の時間を活用するとか、社会科で時間を作るとかやれるハズなんだ。特に、総合の時間なんか多くの学校が受験や試験に向けた自習・補習なんて本来の趣旨から逸脱した設置をしているのが殆ど。時間だけなら、余裕で確保できるハズなんだよね。なら、なぜやらないか。アホバカ差別ガー主義者の論では「拉致を取り扱ったら差別主義」「拉致を学校でやるのは政治的中立性違反」なんだよね。だから、やりたい教師がいてもやれないのだろう。あるいは、教師がこの映像を知らない可能性も高い。いずれにしても、拉致啓発の妨げになっていることは事実だ。

少しだけ関連で、遅ればせながらこちらも
RADの「HINOMARU」騒動、抗議集会に発展か 告知の主催側「2度と歌わないこと求める」(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース 
で、これを受けてこんなアホバカ差別ガー主義者が……↓
 この方、教師だそうで。こういうのを、検閲や言論弾圧というのではないか?大体、「愛国を歌ったらアカン」というなら、「反日も活動したらアカン」やろ!!まったく……論が成り立たない……( •̆ ·̭ •̆ )
 確認したい!
「学校で愛国心を教えることはアウトですか?セーフですか?」

 愛国心を醸成することは大切だ。コレを否定する人はいないだろう。否定するなら、なぜ日本に留まるのか聴かなくてはならない。ならば、その過程で「愛国とはこうだ」と示すことはイケナイ事だろうか。国旗についてもそうだ。この際、公表しようか。
 先日、とある機会があって高校に行った。数年前、その高校の朝礼は、舞台に日本国国旗(日章旗)が張られていた。先日行った際、その国旗は張られていなかった。何があったかは分からない。しかし、この日本国に、まして教育現場に、我が国の国旗を愛せない人がいるのはどうやら事実のようだ。目の前に突き付けられて再認識した。

 学校現場で、愛国教育をどのレベルでやれるのかはこれから議論が必要なのだろう。しかし少なくとも、歪んだ歴史教育、国旗拒否・国歌拒否、拉致問題軽視、これくらいは改善されるべきハズ、だ。
日の丸を守り抜け!

さぁいざゆかん
日出づる国の 御名の下に

どれだけ強き風吹けど
遥か高き波がくれど
僕らの燃ゆる御霊は
挫けなどしない
(RADWIMPS 『HINOMARU』より)

愛国教育を!ひいては、教育勅語復活の検討を!