5月11日20:10、母の日の贈り物を買って帰宅する。5月13日は母の日。明日に限って休講で名古屋を訪れないから、今日買うことにした。

 さて、野党の国会出席は評価した私だが、何度も言うように“正常化”したとは思ってないんだね。昨日の参考人招致も野党は見るに堪えなかったが、これも酷いね。
枝野代表「まさに加計隠しだ」 愛媛県知事招致に反対の与党を批判(産経新聞)

 国会は、言うまでもなく立法府。疑惑追求だなんだってのは本来の仕事ではない。こんな事をやるためダケに国会に来るのは「正常化」でもなんでもないだろう。だって、出勤するのって当たり前の義務だもの!いいか?野党議員。仮に登校していても、授業に出ていても、宿題を出したり発問に答えないと、成績は出せないんです!小学生でも分かる話を、なんで良い歳したオッサンやババアに教えなくちゃならないんだ。
 まず、昨日の質疑。1年前と同じ質問を何度繰り返すのか。新たな事実はなにも出てこなかった。なにも進展しないのに「疑惑は深まった」そうだが、解決するべき参考人招致で疑惑を深めてどうする。野党がマトモに進められない、そんな私の疑問をここに書こう。コレが国民の声だ。

何も出てこないのなら、普通は「疑いは晴れた」となるのではありませんか?首相案件はどうなりましたか?元役人の議員も多くいますが、仕事をする上で「首相」という言葉は使いましたか?総理秘書官を務められていた江田議員、総理秘書官は、1日に何人の人と会いますか?日本獣医師会と玉木雄一郎議員との繋がりは無視できますか?石破四条件の解明は進みましたか?コレも官邸の意向ですか?そして何より、加計学園の愛媛県誘致で泣いた人はいるんですか?京産大は準備不足であったと、自身が認めているんです。

 今回の件で総理に手落ちがあったとするならば、橋下さん流に言う「公正さに疑いを持たれる行為があった」点だけ。この点さえも、愛媛県の獣医学部の必要性を考えたら理解できる話だ。そもそも、友人であったり知り合いであったり、繋がりがあればアウトなんていうのは変な話で、何か公的な事業を起こそうと思えば、一定繋がりのある政治家に相談を持ち込むのは当然ではないか。(加計がそうかは別にしてね。)なんなら、岡本充功議員にちょっと話を持っていきましょうか?後から「便宜を図ってもらった」って言ってあげますよ。野党の理論では、コレだけでアウトだから(笑)

 野党(6……あれ?元の木阿弥党ができたから6党じゃない!?とりあえず維新以外!)は、今度は中村愛媛県知事の招致を求めているようだが、その場にいなかった知事に聞くことなんか何もないハズ。ただ、柳瀬氏の発言はおかしいという言葉をとりたいダケなんだね。
 昨日、加戸前知事に話を聞かなかった時点で本件の本質を理解する気がないのだろう。審議の進展もないし、事実上の空転だよショボーン

野党の仕事はマネキンでもできる!