4月21日、ブログを書く。そういえば、先ほど、立憲民主党の意見フォームに以下の通り意見を送付してきた。全ての内容は、書かない。一部はこんな感じ。
 あとは、セクハラ疑惑について、初鹿議員とか青山議員を踏まえての見解とそれに伴った党代表の責任を尋ねた。他人に言うなら自分もやれっちゅうことですわな爆笑

 さて、今朝は驚きのニュースが飛び込んできた。ケド……まぁ怪しいねえー
北朝鮮 核実験とICBM発射実験中止 核実験場も廃棄と発表 | NHKニュース 

 そもそもね、これで解決するなら1945年や2005年の時点で終わっている。その経緯を無視して、さも北朝鮮情勢が落ち着いたように語るのはあまりにも平和ボケだと言わざるを得ない。今回の件は、過去最大規模の経済制裁に耐えかねた北朝鮮が騙しにきたか、「核実験をしないだけ」に過ぎない。あるいは、「実験は不要になった」とも解せるね。すなわち、「運用可能なレベルの核兵器が完成した」可能性だってあるわけだ。それに、ICBM発射実験中止だって?なら、短距離・中距離のミサイルは射つわけだ。日本はまだまだ危険と見る方が正しいと思うね。本当に安全だと言うのなら、放棄した上で第3者機関の査察を受けてもらわなくては。信頼なんてできっこないね。完成したのでなければ間違いなく、小康の後、また平気な顔をして核実験を再開すると思われる。圧力はかけつづけるべきだ。

 大体、仮に北朝鮮がミサイル他核兵器などを廃棄したとしても、日本と北朝鮮の外交関係がよくなるなんてあり得ないじゃないか!拉致被害者は、まだ帰ってきていないんだ。


 日本と北朝鮮の戦いは、拉致被害者が全員帰還するまで、終わることは決してない。安倍総理、自衛隊の皆様、よろしくお願いします。

対話より圧力で国難を乗り越える!