39ちゅあり@さゆり 医療者向け!心理コーチング♡実現メソッゾ
  • 07Aug
    • 脳科学リアル実験~恋愛・結婚編③~

      こんにちは訪問看護師&メンタルコーチの東(ヒガシ) さゆりですブログを通して「脳科学×心理学」の実践を記録に残していこうと奮闘しています笑前回の記事はこちらです♡①https://ameblo.jp/h-sayuri0122/entry-12395098076.html②https://ameblo.jp/h-sayuri0122/entry-12396232553.html前回までの記事では、どうやって結婚に興味のなかった私が望む理想の家族を手に入れたのか?について、再現できるように細かく書いていってるのですが。今回は「新婚1年目で2回の離婚届」を書いてきたわが夫婦。が!!どうやって、仲良し夫婦に変化していったか?についてですそもそも、私たち夫婦は付き合った段階で「訪問看護ステーション」をしたーーい♬と夫が言っており、一緒に設立に向けて前進してたんですね当時は、私は夜勤専門看護師をしており日中は、スーパー尊敬するメンタルコーチの方の元で「秘書」的活動をしていたんだ。(秘書ってかっこよく書きたかった笑)そして、起業⇒出産を乗り越えてーーー。私たちは産後からスコブル仲が悪くなったの(もちろんだけど、それまでは結構仲良かったよ?こんな日が訪れるなんて夢にも思わなかったよ?笑)これ!!絶対!!\\産後鬱//だったんだと思う。んで、産後9か月を過ぎた辺りから「私は社会との繋がりを完全に失った」って思いが強くなり仕事復帰する前にしたいことをしよう!!って思って妊娠前に通ってたNLPを再開することにしたんだんで、この当時の私の目標が「月に2回は喧嘩しても良い」っていうマジで謎な目標だったんだよね。当時のNLP仲間の目標は●仕事でこんな成果をだしたい!とか●今の会社を更に成長させるために!とか●自己成長したい!とかもーーーー。私の目標聞いた時の仲間の顔と言ったら「この人、〇十万円もする講座だよ?」「大丈夫?」って顔してた笑んで、このNLPで私はとにかく夫婦関係に焦点を絞って講義を聴きまくり笑ワーク内容も全て夫婦関係で実施して笑もーね。4回目の講座の時には、「あれっ?私。そんな目標たててたっけ?」てな心理状態になっていて笑自分の人生を通しての目標を改めて見出していったんだけど笑この時に実施したワークで一番私が効果的だったなって思ったのが。①お母さんとの関係を改善するポジションチェンジワーク②未来の自分と会話してアドバイスや勇気をもらうワークなんです!!!あとはここ一番大切なんだけど前提として「相手を変えることはできない!変えられるのは自分だけ」ってことをしっかりと認識できたことが大きかったと思うんだよね。やっぱりね。喧嘩するとさー。●旦那さんがもっとこうだったら良かったのに。とか●旦那さんがそんな態度するからダメなんだよ。とか●旦那さんのその行動を変えてもらわなきゃ嫌だ。とかってね。自分自身を振り返るよりも、相手を責める気持ちの方が強くなっちゃうんだよね。これって、夫婦関係だけでなくってどんな人間関係にも当てはまるんだとね(関係性が身近になればなるほど、その感情は強くなる)そこで、私は覚悟を決めたの!!!「旦那さんに変わってもらおうと仕掛けるのは辞めよう!」「私自身が変わる必要があるんだ!そうすると、全ては上手くいく!」ってね。これが前途したように「相手を変えることはできない!変えられるのは自分だけ」ってことなんだよね。んで、ワークをしたり自分の意識を変えていくことで変化していったんだ。その当時、もう一度「マリアスイッチ」のワークをしてから勿論イメトレも同時並行で笑特に!!私は、お母さんとのワークにはめちゃくちゃ感謝していて。母親の呪縛が解けたおかげで、自分が今まで我慢していたことから解放してあげれたことの恩恵は絶大な効果を得たんだこれも、一年前に記事に書いてるので是非読んでみてねhttps://ameblo.jp/h-sayuri0122/entry-12273679656.htmlってことで、夫婦関係も改善され仲良くなった私は自分のやりたいことを実践していく日々になるのです私自身が意識して変化していくだけでリアルに旦那さんの反応が変わっていくのを実感していって。そして、反応が変わると行動も変わってくるんだよねー。本当にビックリだYO--あれっ???私ったらこんな素晴らしい人が旦那さんだったんだ!って、今なら思える笑自分が変わることで、周りも変わっていったってこと。それは、相手に変化を強要するのではなく、私自身の受け取り方や思考に変化が少しずつ生じることで生まれるものだったんだー。

      9
      テーマ:
    • 脳科学リアル実験~恋愛・結婚編②~

      こんにちは訪問看護師&メンタルコーチの東(ヒガシ) さゆりですブログを通して「脳科学×心理学」の実践を記録に残していこうと奮闘しています笑前回の記事はこちら♡https://ameblo.jp/h-sayuri0122/entry-12395098076.html今日はどうやって「ダイエット×マリアスイッチ」を脳科学的に実践していったか?について書いていきますね。参考になれば嬉しいでーすまず!!!その当時彼氏のいなかった私に対して「さゆり!!やっぱり女性は色気が大事だよ!」って大親友がドヤ顔( ・´ー・`)して言ってきたんです。(はい。。色気とやらが遠い存在で過ごしてました)んで、その親友はかなり色気があってさらに色気作るために努力を惜しまない。そこで、私は「色気」について調べたんですね。笑(めちゃくちゃ素直やん)そしたら、ホルモンが大きく関係していることが発覚!!さらには、恋をしているか?してないか?S●Xしてるか?してないか?でも違ってくるって書いてあるやないですかーもう衝撃!!!!すぎた私は何を隠そう、ダイエットを開始することにしたんです。笑(相変わらず単細胞な行動で面白い←自分で言うー)細い⇒綺麗⇒魅力⇒色気ってな流れに脳内はなっていたんです。そして、さっそく本屋に行ってダイエット本を探すそんな時に!「聴くだけで痩せる♡美人になる」みたいなタイトルの本があって笑(タイトル忘れた)ズボラな私は即買いしたよね。そして、その日から毎晩私は聞きまくった笑聴くだけダイエットでは、潜在意識から変容していくってことなんだけど。自分の自己認識をすり替えて、新しい自己認識を潜在意識にインプットすることでダイエットに成功する。「綺麗になりたい」「スタイル良くなりたい」これって、結局は「今」の自分は「綺麗じゃない」「スタイル悪い」って認識で。そうなりたいって願望になるんだよね聴くだけダイエットをしていると「私は可愛い」「私はスタイル抜群」みたいに「今」がどうであれーー笑そうなっている自分の自己認識に変容していけるってことなんだよねー。そうするとね、「綺麗な人」「スタイル抜群な人」みたいな振る舞いや行動に変化していってる自分がいて笑(ホント単純でよかったーーーー!!)これはイケる!って思って当時、同時進行でしていいた「マリアスイッチ」のワークを聴くだけダイエットの時に一緒にイメージするようにしたのーーー。そんな生活を3か月間ぐらいしていた頃に私は飽きたんだよね。えっ????秋田の?あ?北の?AKITANO?そう!!!!!飽きちゃったんですイメトレをするために!!私がとった行動がそもそも飽きる要因だったんだけど。(それはおいといてーー)ってことで、イメトレ生活を辞めてからもまーーー心理学の勉強に精をだしながら看護師としての働き方を変えていくために奮闘しながら生活してたんだーー。そんな時に、まさか?まさか?まーーさーーかーー?の今の旦那さんと付き合うことになったんだよね確か、夜のイメトレ辞めて2か月もたたなかったと思う!そこからは、トントン拍子な流れになったんだけど。結果!!!結婚して1年半頃に気付いたんだけど…「私、イメトレしていた状況になってるーー」ってことなの笑もーね。これには驚愕3か月間しかしてなかったからか?完全にイメトレしながら過ごしていた時期を忘れてたんだよねそして、ある友人に言われた一言で思い出したの!「どうやって、旦那さんと結婚できるまでに至ったの?」って聞かれたのがキッカケ。そもそも、私と夫は5年間ぐらい、同じ職場の同僚として過ごしてきてたんだよね。(同僚というよりは飲み友のほうがシックリくるけど笑)だから、自分の結婚相手がこんなに身近に居たとは思ってなくて笑ましてや、飲み友達だった人と恋愛!さらに結婚なんて想像もしてなかった確かに!!!そんな状況だった2人が、急に恋愛関係になってさらには結婚するって???それって「イメトレ」をしていたからこそ、無意識で自分が「どんな未来を望んでいるのか?」をしっかりと自覚していけたってことなんだよね。その事を認識するようになってから、私は「イメトレ」を積極的に実践するようになったんだ。あっ???ダイエット??それは2~3kg痩せたよ♡あっ??色気???うん!!!今の旦那さんには伝わったと?思うよ?笑次は、新婚1年目で離婚届を2回も書いたマジ危機夫婦がどうやって仲良し夫婦に変化していったのか?についてだよーーこれも、脳科学をフル活用したぜよ。

      テーマ:
  • 02Aug
    • 脳科学リアル実験~恋愛・結婚編①~

      こんにちは訪問看護師&メンタルコーチの東(ヒガシ) さゆりですブログを通して「脳科学×心理学」の実践を記録に残していこうと奮闘しています笑今日からは、今までの研究⇒実践を読んで頂いてる方にも役に立つ役立ち記事として書いていきまーすまず、思い起こせば「脳科学×心理学」を駆使したのは29歳の頃だったんです!それまでも、心理学に興味があり講座を受けて認定カウンセラーもどき(←ホントもどき)をしていたのですが笑30歳を目前にして「結婚」「出産」という女性にとって一大イベントの壁が立ちはだかってきたんですね。そして、私は焦っておりましたそれは何故か?実家に帰省して大好きなお祖母ちゃんに会いに行くとずーーーーーーーーっと「さゆりさん。早く結婚したほうがいい」って100回ぐらい言われるんですよ。もうね。もうね。「早く結婚しなさい」「女の幸せは家庭を作ること」「子供は早く産まにゃいかん」って、どんなに会話を切り替えても3秒たてば「結婚したほうがいい」「はよ子供産まにゃいかん」に切り返されるそれは、それは、、、東京で最高に楽しい生活をしていた私にとって笑(厳密には川崎!東京じゃなーーい)かなり現実に戻る瞬間だったんですよ。そして、心の中で「わかってるーーーー( ;∀;)」「でも、今いーーーまーーー私。すごく楽しいの」って思ってて。そして、その反面「祖母ちゃんの言ってることもわーかーーるーー( ;∀;)」ってな気持ちとで葛藤してたんだただ!!!結婚願望がかなり低かったんです。そして!!!やりたい事だけはたくさんあった笑けど、けど、、、この頃から、私のやりたい事への行動力と熱意が低下していってるのも自覚していってたんです。それは、何故か?って周りが!!第三次結婚ブームに突入開始したからなんですーー(ちなみに!第一次結婚ブームは19歳頃。第二次結婚ブームは25歳頃。だったなー笑)もーねーー。周りが幸せオーラで眩しくって心の中で「今、めちゃ楽しくて充実した生活してるもーーーん♬」って思いながらも、自分の適齢期を意識し始めたんですよね。そんな時に、私の人生を大きく変えた二冊の本に出逢ったんです一冊目は、大好きな友人から借りた「3つの真実」っていう本なんだけど。野口先生の書かれている本に感銘を受けて。また、心理学熱が再燃したのもこの頃笑気になる方は読んでみてね♪https://www.amazon.co.jp/3%E3%81%A4%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E2%80%9C%E6%84%9B%E3%81%A8%E5%B9%B8%E3%81%9B%E3%81%A8%E8%B1%8A%E3%81%8B%E3%81%95%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86%E2%80%9D-%E9%87%8E%E5%8F%A3%E5%98%89%E5%89%87/dp/4828414312そして、二冊目は「マインドの法則」って本で久瑠 あさ美先生が書かれている本。久瑠先生には、同じ女性ということからも憧れが強くなり、どうにかして会えないか?と思い直ぐに講座に申し込んだ!!!そして、そのまま熱意を伝え笑看護師の常勤を辞めて夜勤専門ナースに切り替えて生活全般に変化が生じた時期こちらも、気になった方は読んでみてね♪https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%8C%E5%8A%87%E7%9A%84%E3%81%AB%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8B%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87-%E4%B9%85%E7%91%A0-%E3%81%82%E3%81%95%E7%BE%8E/dp/4537259191その頃は、「自分と向き合う期間!!」と題して1年間を過ごしている最中。ここから、心理学の世界をもう一度勉強しながら久瑠先生の「マリアスイッチ」って本を実践し始めたんだ。これは、理想の結婚を現実にする内容なんだけど。当時、私には彼氏がいなかった笑ましてや、好きな人もいなかった笑仕事以外の時間は、友達と遊ぶか勉強(心理学)するか寝てたけどさ???「マリアスイッチ」読んで実践するってことはやっぱり「理想の家族」は欲しいって潜在的に思ってたんだよねそして、私は徹底的に「ダイエット×マリアスイッチ」を実践開始したんだー笑後に、これが脳科学に基づくものだと知ったんだけどね。長くなったので、次に続きまーす。

      テーマ:
    • ブログ再開のキッカケ③~脳科学による目標達成~

      こんにちは。訪問看護師&メンタルコーチの東(ヒガシ) さゆりです。1年間ブログを放置しておりどうして再開したのか?キッカケについてシリーズで書いてますまだ読んでいない方は是非読んでから、本日の記事を読み進めてみると分かりやすいかと思います♡キッカケシリーズ⓪https://ameblo.jp/h-sayuri0122/entry-12393472374.htmlキッカケシリーズ①https://ameblo.jp/h-sayuri0122/entry-12394591956.htmlキッカケシリーズ②https://ameblo.jp/h-sayuri0122/entry-12394600583.htmlそれでは、今日がシリーズ最終でーす前回お話ししたように私は、結構オタク気質な部分があって。興味のある分野については、ひたすら研究⇒実践を繰り返すってな行動をとる習慣があるんです。そして、私の興味の分野「脳科学」「心理学」「生物学」これらの視点を基に、看護師として働きながらも研究と実践の繰り返しをしながら過ごしてます。そこで、この1年間で特に確信したことがあって!!!クライアントさんに「さゆりさんのそのデータ(知識)半端ないですよー。」「そのデータもっと多くの人に伝えていってほしいです」「もっとクライアントさんは増やしていかないんですか?」って超絶嬉しい有難い言葉を繰り返し頂いたんですね(ホント、言われるたびに調子にのる自分がいて笑)そこで、私って研究者タイプなんだって笑自分にとって「きっと皆知ってるんだろうな~」レベルが深すぎるってこと!!(オッ!!自慢か???そうです!これ自慢笑)今まで、上には上がいるって事を様々な本を通して知っていたからこそ、まだまだ自分は勉強が足りないーーーとかって思ってたんだけど。えっ??私??学者になりたいの?研究者になりたいの?論文発表したいの?いやいや!!!誰でも実践できるように日常レベルにかみ砕いて先ずは自分が実践してみる!!!そして、クライアントさんにもシェアしていく。ってことがしたいんだよね???笑はい!!!ちょっと、研究熱心すぎて、道を外そうとしてましたー●日常でのモヤモヤとか●もっとこんな生活が送りたいとか●もっとこんな自分になりたいとか●こんな目標を達成したいとかとかそうゆうのって、自分の脳内を変えていけばオールオッケーなんだってこと。それを、私はずーーーーーーっと研究と実践を繰り返して体感してきているからこそ記録にもタイムリーに残したいなって思ったんです。そもそも、人の脳って忘れる仕組みになっているからどんなに嬉しかったことも悲しかったこともその時の熱量で思い出すことって難しかったりするんですよね。しかも、内容とかチョー―――適当だったりします笑身近な話で言うと、私の娘はあと3日で4歳になるのですが0歳の成長段階とかモハヤ・・・思い出せない笑。友達の子供(0歳児)の成長をみながら「ハイハイってどれぐらいでしたかな?」「夜泣きってどれぐらいでしなくなったっけ?」てな風に、ホント思い出せない。そんな事って皆さんありません?笑まーーー!!笑というわけで、人の脳は忘れるように作られているため、リアルな変化をブログで残していこーーってことで再開キッカケのシリーズは終了したいと思います♬題して「脳科学リアル実験」ってことですメルマガでは、ブログに書けないような赤裸々な内容もさらに詳しくリアルに書いていこうと思うので、登録よろしくねー。ってまだ、登録できるメルマガがなーーーーい(今週中には復活させまーす)

      2
      テーマ:
  • 31Jul
    • ブログ再開のキッカケ②~嫌われる勇気~

      こんにちは。訪問看護師&メンタルコーチ東(ひがし) さゆりです。アドラー心理学を一躍有名にした「嫌われる勇気」読みました???私は、本がボロボロになるまで読みました笑共感しすぎてアドラー心理学の資格取得講座まで行っちゃったそして本を読んで理解不足の点を質問しまくった笑一番前の席に座って、180℃挙手!笑必死だったな。1年ブログを放置していた私がブログを再開したキッカケをシリーズにして書いてますまだ読んでない方は①からどうぞーーー。https://ameblo.jp/h-sayuri0122/entry-12394591956.htmlブログを1年放置していた私なのですが。書けなくなった。そう、書くのに尋常じゃない時間がかかっていた原因についてです。ブログ再開のキッカケ①でも書いたように私は「口から産まれたんじゃ?」説があるぐらい話すのも人の話を聞くのも好きなんですね。なのに!!ブログってなると話せなく(書けなく)なる。これって何でだと思います?そう!!!そーーーーー(ノ・ω・)ノオオオォォォ-「嫌われるのが怖かったから」これって結局は「自分を批判・否定されるのが怖い」ってことだと思うんです。会話って顔が見えるじゃないですか?だから、話しながら相手の反応を確認できる。そうすると、あっこの話しは興味ないんだな。とかって非言語的コミュニケーションを読み取り内容をシフトすることが出来る。また、私自身のことを知ってる人との会話なので「安心」して自由に発言できるわけです。けど、ブログって誰が読んでるかもわかんないし。(当たり前すぎてウケる)私の考えを否定されたらどないしよーーーーマジ立ち直れない。ビール飲みすぎちゃう。泣けるーーーー。ってな気持ちもあったんだと気付いたんですこれって、職場で発言した人に否定的なコメントする人がいると自分の考えを言えなくなっちゃう。ってパターンと根本は同じなんですよねーただ、ただ!!!批判・否定する人を変える事ってできないんですよね。そもそもベースに「相手を変えようとすることは無理」変えることができるのは「自分」しかいないのだーー。ってことなんです。ちょっと話元にもどすと。「批判・否定されないように」伝え方や記事の内容にもかーーなーーーりーーーーー気を使って書いてました。うん。疲れる。楽しくない。そりゃ楽しくない。わかる。こう書いたらこう思われるかな?ちゃんと伝わるかな?私の意図してること。とか。とか、とか。とか、とか、とか。そりゃ記事進まないよ。そりゃ楽しくなくなるよ。そりゃ放置に進むよ。んで、嫌われる勇気に話は戻りますが全員に伝わるように書くのはやめよう!!他者評価を気にするのはやめよう!(これ医療者では結構難しいってカラクリも今度書きますねー)わかって!わかってーーー!私の考えわかってーー!って思う事はやめようって思ったんです。そして、嫌われる自分を許容しようと覚悟も決めたんです。私って相当嫌われることが怖かったみたい。笑今まで出来る限り争いを避けて生きてきたからね。でも、「嫌われること」「批判・否定」されることと「争い」って違うんだよね。嫌われても!否定されても!許容する心を持っていれば大丈夫。「あーーーそんな考え方もあるんだーーー」って思えば大丈夫。それでも無理な時は・・・・・・・・・笑(ご想像にお任せします)ってことを、本を読んで講座受けて、勇気振り絞って日常で生活していったら慣れてきた笑だから、ブログでも自分の素直な考えとか書いていっちゃおーって思えた。当たり障りないことだけでなくって。失敗も改善したいと思ってることも。私のお花畑と言われるぶっ飛んでるっても言われる頭の中も書いていきたいと思ったのグレイテスト・ショーマンをみて「This is ME」私はわたしーーーー!!って生きていこう!!!皆違っていい。皆違うから面白い。何度も観ては泣きながら強く決意した。急にハードル上げるのは挫けやすいから。身近な人たちからでも実践していくと少しずつなんだけどどこにいても誰に対しても「This is ME」で生きていけるなって先ずは「安心」出来る環境で実践してみることがホントにオススメでーす

      テーマ:
    • ブログ再開のキッカケ①

      こんにちは。訪問看護師&メンタルコーチの東(ヒガシ) さゆりです。1年もブログを放置していた私。笑突如?書きたくてたまらなくなったってわけじゃないんですそもそも、ブログを開始したキッカケが「ブログでコーチングの集客をしよう!」といった考えで笑でも、良く考えたら身近な人や知り合いに先ずは提供したいって考えていた自分に気付いてそして、ブログ記事を書くのに6時間以上かかっていたり。(口から産まれた可能性が高いぐらい、話すの好きなのにパソコンに向かうと誰と話してるのかわかんなくなっちゃって。手が止まっちゃう)もーーー!!!ホントどんだけってな感じなんだけど。義務的に感じるようになったんだよね。「~しなければならない」に方程式がなると、私は極端にやる気が下がる。なりません???笑「~しなさい」「~しなきゃダメよ」って声が自分の中から聞こえると楽しくなーーいって気持ちになる。そして、今は気持ちが大きく変化したの「ブログを書く」って事に対する捉え方が変化したってことなんだけど。何故か?看護師・PT・OTさん達、医療者のオンラインサロンを作ろう!!って思ったから。この一年、コーチングセッションをさせて頂いてほとんどの方が悩みの根本が一緒だって思って。だから、皆で一緒に根本を改善していってベースの土台を作ってから自己実現をしていけるサロンにしたいと思ったんだ(☆。☆)楽しそうやと思いません???笑例えば、緩和ケアの勉強会に参加したい!って思っても遠方だったり休日を活用したり仕事の後にってなるじゃないですか。あと、病院内での研修が必ず自分の興味の内容があるって限らなかったり。そーなると外部の研修に参加することになる。そーなると自分の仕事以外の時間が削られる。そーなると遊ぶ時間が削られる。そーなるとリフレッシュできなくなり疲れる。そーなると少しずつ心の余裕がなくなる。そーなるとグダグダ動く人みてイラつく。そーなると空気悪くなって話しかけられにくくなる。そーなるとインシデント起こりやすくなる。そーなると頑張ってるのに報われない。そーなると色々どーでもよくなる。笑それだったら、自分の興味のある内容を隙間時間にオンラインでみれたら知識も深まるし休日も自分時間に使えるしって思って♬だってだって!!!興味のある内容ってタイムリーで変化しません?笑(これは私だけか?笑)あと!ここ一番大切なのがゆるーーーく!聞いてて楽しい内容!にするのがゴール!(動画みながら飲み会とか笑)あっ!!ちなみに「子育て」「恋愛」「夫婦関係」「婚活」とかもサロンでグループ作って活動していこうとあとは、美容系やダイエット法、健康のためのヨガとかの情報交換や動画で皆でやっちゃうのもいいなってかなり、内容がズレていったけど笑とにかく、そんな全国の医療者仲間がフラットな関係で繋がれる場所を作りたいと思ったからブログを再開しよう♬って思ったんですーーーー。そのためには、東(ヒガシ) さゆりがどんな人間でどんな事を考えててどんな事を実践しているのか?要するに、私を知ってもらう必要があるなって思って。そりゃそーだ。そんなどこの誰か知らないよーな人がしてるサロンに入りたいって人はいないよな。うん。うん。うん。私は入らない笑ってことで、看護師として妻として母として1人の女性としての視点からブログを書いちゃいまーす。メルマガでは、セミナー情報やオンラインサロン先行募集も優先でしていくので登録してねーーーって言いたいけど、有効期限が切れてたみたいでまた、登録しなおしたら発表しまーす。

      3
      1
      テーマ:
  • 26Jul
    • 更新が1年も経ってたーーー!!

      お久しぶりです(^O^)/訪問看護師&メンタルコーチ東(ヒガシ) さゆりです。果たして誰かこの記事を読んでいるのだろか?誰に向けてこの記事を書いているのか?いや…もはや誰も覚えていないのではないだろうか?そうです!!もはや誰も覚えていないレベルまでブログをほったらかしにしていた東 さゆりですでーーーーーー!!ここにきて、またブログが無性ーーーーっに書きたくなったので笑再開することにしました。(どうして書きたくなったかは後日書いていきます)ゆるーーーく、お付き合いください(*つ▽`)っ)))アハハハ☆むしろ、この記事を読んでいる貴方はめちゃくちゃラッキーな存在で←自分で言ったーーー1年も書いてなかったブログを「今ーーーこのタイミング!!」といった私の直感とあなたのタイミングがマッチしたんです。これって…!!!これって…これってさーーー!!凄いことだと思うんですってことで♡このタイミングでこのブログに出会ったことも必ず意味があるかと思いますので、一緒に目標達成に向けての土台作りと行動化を楽しんで実践していけたら最高ですこのブログでは、私のタイムリーな変化もリアルタイムに書いていきますそして、どんな事を実践してきたのか?実践しているのか?読者の方が再現できて!!幸せと豊かさをゲットできるブログになってます要するに!!!私の頭の中と現実に起こっていることを書いていくブログです私、かなりオタク気質なので、この記事を読んでいる貴方にも必ずお役にたてる内容かと思いますので末永くお付き合い頂けたら嬉しいです(o_ _)ノ彡☆ポムポム

      1
      テーマ:
  • 06Jun
    • 自分にとってベストな状態を保つためには?

      こんにちはメンタルコーチ&訪問看護師の【東(ひがし) さゆり】です。数あるブログの中からご縁にて繋がり訪問頂きました事を心より感謝します少しでも拾える箇所がありましたら、幸いです。=======【心身ともにベストな状態を保つための方法】私の場合、「自分の好きを追求し、好きなものに囲まれて過ごす」事を1番♡大切にしています。*好きな物=環境・人も含みます♡例えば自分がワクワク♡ドキドキする人・物・時間・場所・音・香り・行動等を一つずつ挙げていきます。・どんな音楽や音色を聴くと、自分は心躍るのだろう?・どんな洋服や髪型の自分を見ると、自分はウキウキするのだろう?・どんな人と一緒に過ごすと、自分は安心して素直な気持ちで話せるのだろう?・どんな香りを匂うと、自分は安らげるのだろう?・どんなインテリアが?色が?形が?、自分は居心地いいのだろう?・どんな場所が、自分は居心地よく安らげるのだろう?などといった質問を、自分に問いかけてみるのですそして、1個ずつ環境を整えるようにします。そこで、どうしても整えられない場合があるかもしれません。その時は、他に代替できるものはないだろうか?といった風に考えてみます。例えば、《お洒落な雰囲気のカフェで、ソファーにゆったり座って香り漂うCoffeeを読書しながら飲む♡》週に1回はしたいと好きを追求した結果、でてきたとします。しかし、まだ幼い子供がいて手が離せないといった現実がある。どうにか旦那さんやベビーシッターサービスなどを活用して行くのも1つだとは思います。ここで、同じ様に気持ちが満たされる代替案を考えてみるのです♡まず、ソファーが家にある場合は、子供が昼寝している時間に、自分のお気に入りのカップで、Coffeeを淹れるそして読みたかった本を準備しておき、好きな音楽を流しながら過ごしてみる♡ソファーがもしなくても、クッションなど用いて座り心地の良い環境を整えることも出来ます。また、どうして○○が好きなのにしないのか?出来ないのか?「何が自分を止めているのだろう?」といった風に考えてみると、答えが見えてくることもあります自分の中で、好きを追求して過ごすようにしてみると、自然と自分が何を大切にしているのか?といった事がみえてきます。そして、また反対にドキドキ♡ワクワクしない事に関しては、潔く断捨離していきます。例えば、20代の頃に「可愛いー♡自分の好みー」と思っていた洋服を、現在の感覚では好まなくなったとします。*よくあるかと思いますその場合、ずっと着なくなった洋服を捨てず(リサイクル等)に、ずっと手元に置いていると増えていく洋服タンスをみて、テンションが下がり・・片付かない状態をみることで疲れてしまい・・せっかく愛着もって購入した洋服も、自分の環境やテンションを下げる要因の1つになってしまうのです。思い切って!断捨離することで心身ともに、スッキリしてきます。そして、今の自分が大切にしたい洋服も更に大切に扱えるようになります♡また、学生時代は凄く仲良かった友人♡お互い環境の変化があったり、考え方や大切にしている部分が異なってきたとします。私の経験からすると独身時代に子育て中の友人達と会っても、会話の内容が全く違い・・人間と宇宙人ぐらいに違うーーーと感じました。あっこれ!私が産後に宇宙人化してたなと実感したので、この表現で書きますね人間関係も、清く断捨離します。嘘です笑断捨離というよりも、一旦自分の世界から横に置いて考え、捉えるといった事をします。そして、自分も環境の変化があり(子育て)その時の友人ともまた更に楽しく充実した付き合いが出来たりします♡子育てといった環境が同じ状況になり、大切にしたいものや好きな時間の過ごし方が似てきたってことです。ですのでその状況になってみないと分からない気持ちもあるかと思います。自分が心身ともに満たされている事は、とても大切なことです♡そうすることで、自分の大切な人達にもプラスの効果が生じるからです□自分の好きがよくわからない・・□自分が一体どうしたいのかがわからない□もっと楽しみながら過ごしたい□自分に必要な事が明確に知りたいといった方は、【7月25日(火) 自分と向き合い♡自分軸をもつ】体感型セミナーにご参加して頂くと、答えがみつかるかと思いますこちらのセミナーは7月8月で終了となります。気になる方は、この機会に是非参加してみて下さい♡↓お申し込み↓http://ameblo.jp/h-sayuri0122/page-13.html最後まで読んで頂き、有り難うございます

      20
      テーマ:
    • イライラしている人との付き合い方

      こんにちはメンタルコーチ&訪問看護師の【東(ひがし) さゆり】です。数あるブログの中からご縁にて繋がり訪問頂きました事を心より感謝します少しでも拾える箇所がありましたら、幸いです。=======【イライラしている人との付き合い方】私はNLPで学んだ「ニューロ・ロジカル・レベル」の考え方に基づいて考え行動するようにしています階段で例えますと下から1段目が「環境」いつ?どこで?2段目が「行動」振る舞い、活動、反応、リソース3段目が「能力」才能、計画4段目が「信念・価値観」信じていること、思い込み5段目が「自己認識」アイデンティティ、使命そして「自分の存在レベル」に繋がっていきます。もし、私の身近な存在に、いつもイライラする人がいたとしたら、私は「環境」レベルでの変容をまず行います。相手から出来るだけ離れようと行動することです(物理的距離)簡単に言うと、近づかない/猛ダッシュで逃げてーーーってことです「イライラは人のエネルギーも奪ってしまいます。」想像してみて下さい例えば、スタッフと協力しながら仕事をしようとしていた時にいつもイライラした人がいたら?すぐに批判や不満ばかり言ってくる人がいたら?毎回、○○するべきでしょう!と自分の価値観を押し付けてくる人がいたら?どうでしょうか?せっかく仲間と一緒に頑張ろうと、一致団結していた気持ちが一気にテンション下がってしまう人もいるかもしれませんし、知らず知らずに、モチベーションが下がってしまう人もいるかもしれません確かに、イライラする事もあるかもしれません?ですので、大切な人や身近な存在だとしたら先ずは、話を聞くようにします。←「行動」レベルそして、そのイライラしている原因を発見します。私が改善できることでしたら、自分の大切にしている価値観に反しない限りは変えていきます。(これも、自分の成長に繋がると思っているので)←「価値観」レベルまた、必要に応じて相手にも伝えることがあります。「○○するほうが私は好きだな〜」「○○したほうが私は楽しいな〜」といった風に✨しかし、自分が全て正しい!自分に非はない!と考え、相手にだけ改善を求めてくる場合は違います。私は、「人は変えれない」という事を20代の人間関係で痛感しました。現在の問題や課題は自分自身にあるのかもしれない?自分が変わろう!といった考え方が無い方との付き合いは、とても疲弊しエネルギーを吸い取られるような感覚になります。ですので、自然と心理的距離と物理的距離が生じます。「あなたの存在は認めています。しかし、価値観レベルや行動レベルでの違いがある」といった考え方です。←「存在」レベルこのような視点で物事を捉え考えるようになりますと、とても気が楽になりましたどうして、物理的距離や心理的距離を図るのか?私は「自分を必要としている相手に全力を注ぎたい」という事を大切にしています。*必要としていない方へのアプローチはお節介(迷惑行為)になってしまいますそれは、家族や患者さん、クライアントさん、友人や仲間、そしてこのブログを読んで下さっている皆様です。自分1人が1日に関われる時間には限りがあります。その中で、自分の持つエネルギーをどこに向けたいのか?・いつもイライラしながら過ごしている人に・批判ばかりしてくる人に・○○するべき論を押してけてくる人にエネルギーを吸収されていますと、大切にしたい相手にエネルギーを注げないと考えているからです。患者さんは、時に不安でイライラしたり自己嫌悪になったりするかもしれません。そんな時に、自分にとって最高の状態で対応したいといった気持ちの現れでもあるのかもしれません。また、主人や娘、大切な仲間が落ち込んでいる時に、最高の状態で話を聴き、一緒に乗り越えるために今自分にあるエネルギーを全力で注ぎたいのかもしれません。このブログから何かしらヒントを得ることで、自分自身に活かそうとして下さっている読者さんへ向けて、伝えることが苦手だと思っていた自分が試行錯誤しながらでも書き続けてみることへのPower保持のためかもしれません。私も完璧ではないのでイライラしちゃう時はあります。どんな時か?自分に余裕が無い時に、無条件で自分の大切な人に対して、批判・中傷している姿をみた時です。余裕がない=身体も心も疲れている状態ですので、常日頃から、自分にとってのベストな状態を知り、その状態を保つことを大切にしています。そうすることで、イライラする時間は激減します♡心機一転、自分の環境を整えてみるのもいいかもしれません次回は、自分にとっての最高でベストな状態をどの様に保っているのか?看護師経験、NLPの視点を混ぜ書いていこうと思います♡最後まで読んで頂き有り難うございます

      14
      テーマ:
  • 01Jun
    • 自分に許可を与えていない事は、相手にも許可を与えられない。

      こんにちはメンタルコーチ&訪問看護師の【東(ひがし) さゆり】です。数あるブログの中からご縁にて繋がり訪問頂きました事を心より感謝します少しでも拾える箇所がありましたら、幸いです。=======「自分に許可を与えていない事は、相手にも許可を与えられない。」日常生活の中で、例えば・「頑張っていない人」を好きになれない・「仕事でミスをする人」にイライラする・「技術(スキル)は低いのに、好かれている人」をみると不愉快になる・「自分の思った通り好き放題に生きている人」にイライラするなんだか、こんな人を見た時/一緒にいる時/聞いた時心がざわつくって経験したことありませんか?私は娘を妊娠出産した時に凄くありましたそして、今はそれを楽しみながら、自分の成長に繋げていけるようになりました。「ママなのに、自由に仕事もプライベートも過ごしている人」に!!もーーーーーーー心は、かき乱されていましたなんで?なんで?ママだよね?なんで?そんなに楽しそうなの?なんで?そんなに自分のやりたい事を優先しているの?その時、気付いたんです!ママ(お母さん)は、自分のやりたい事は我慢して、子育てや家事を優先すべき!といった、私の価値基準が、重たくズッシリと乗り掛かっていた事に!!!が、本当はそうしたくない(出来ない)との思いもあり、、、葛藤しながらも、その重たくズッシリと乗り掛かってくる価値基準の通り世間一般で言われる良妻良母?を演じようと頑張っていました(短期間ですが)そうすると、「自由に仕事もプライベートも過ごしている人」を見ると/聞くと/一緒に居るともーーーーー!違和感の塊!そうです!自分の中に「ママになっても、自由に仕事もプライベートも過ごして良い」といった、許可(赦し)を与えていないために自由に仕事もプライベートも過ごしている人をみると、受け入れられなかったのです。私はこんなに我慢してるのに、何でそんなに楽しそうなの?独身時代に、自由に仕事もプライベートも過ごしていたのに、ママになった途端!なんだか全てを手放さないといけなくなったかのような感覚。といったように。そして、私は自分に「ママになっても、自由に仕事やプライベートを楽しむ」事を、許可したのです。すると、ママでも自由に仕事やプライベートを楽しむ人に対して、心がザワつくというよりも、心から応援できるようになったし、一緒にもっと過ごしたい♡とも思えるようになったのです。自分に許可を与えてからは、自分の好きな心理学やNLPの勉強をママになっても再開でき、仕事も楽しくプライベートも満足して過ごせるようになりました。先ずは、自分の素直な気持ちを受け入れる事で、相手を受け入れ、認める事が出来るって事です♡これは、患者(利用者)さんやスタッフ間など、全ての人間関係に共通しているとも感じます。「頑張っていない人」→「自分に頑張らない時もあって良いと許可していないため、相手が手を抜いているように見えて受け入れられない」「仕事でミスをする人」→「自分に完璧を求めているため、相手のミスを発見すると許せない」「技術(スキル)は低いのに、好かれている人」→「コミュニケーションよりも技術の向上を大切にしているため、技術(スキル)の低さを感じると受け入れられない」「自分の思い通り好き放題に生きている人」→「我慢しないといけないと思っているため、自分の思い通りに生きている人を見ると許せない」などなど。。。*内容には個人差があるかと思います相手に違和感を感じた時、なんだか心がザワつくな〜と思ったときは、チャンスです♡「どうして、心がザワつくのだろう?」「自分は、本当はどうしたいのか?」「○○する自分に許可を与えよう」といったように、自分が今まで大切にしてきた考え方や価値観が「本当にそうなのだろうか?」と今一度、考えるキッカケにもなります。そして、このままでいいのか?自分にも許可を与えて変わりたいのか?大切にしたい価値観は大事にしながら、捨てて楽になる価値観はドンドン!バシバシ!断捨離していくと様々な事が受け入れられるようになるかと思います。私は、心のザワつきは大きければ大きいほど、自分が成長するチャンスだと思って過ごしております本当はこんな自分じゃ嫌だーーー!もっと○○な自分になりたいーーー!って方は、ただいま100名♡無料コーチング行っていますので、是非活用してみて下さい♡【お申し込み】↓http://ameblo.jp/h-sayuri0122/page-11.htmlお逢い出来る事を楽しみにしておりますそれでは、最後まで読んで頂き有り難うございます

      12
      テーマ:
  • 30May
    • セミナーお客様の声

      承諾を得た方のみ記載させて頂いております。セミナー中の写真は、個人情報厳守のため載せておりません。ご了承下さい。【50代 女性 医療福祉従事者】 日頃の生活や仕事をする上で、「他者が見た自分」を常に意識して日々を送っていた事に気付きました。また、自分を中心(軸)として物事を考えたり意識するという事を、殆どしていなかった事にも気付かされるセミナーでした。周りの動きに捉われて、視点を自分自身に向ける事を、仕事や生活習慣の上でほとんどできていなかったと、、、自分を振り返り、向き合う事で、「私ってこんなこと考えていたんだーーー!」と素直にビックリできる自分に、またビックリしました。自分(1人)ではなかなか出来ない、今回のワークに触れる機会を与えてくれたさゆりさんに感謝。そして、時間を持てた自分に感謝。これからも、自分を日々知る為の具体的なワークをもっと学びたいです。【30代 女性 会社員】 今まで自分を否定する事しか出来ず、自分にも周りにも完璧を求めている自分がいました。周囲に完璧を求める分、自分が手本にならないといけない。だからちゃんとしなくては!と、自分を追い込む習慣が自然とついていたような気がします。でも、結局出来なかった時、自分を責め、また、出来ない相手を責めと、、自分も周囲の人間も苦しめていたのは私なんだと、改めて気付かされました。生きにくくしているのは自分。更に、そんな自分が周囲の人間や家族をも生きにくくしている。そこに気付き、原因や本音って何なのか?頭ではぼんやり考えるような事が、今回のワークで学べました。もっと自分が楽になる生き方をしたいと、生活に支障を与えない分には、手を抜いたり楽していいんだ!と沢山、励みとなる言葉をワークを通して浴びる事ができ、もっと自分を大切にしようと改めて思いました。自分が大切にしていると思っていた部分が、無意識を扱ってもらうことで、大切にしていた物が違った事に気付けたことも大きかったです。自分軸をしっかりともって、これから生きていきます。

      4
      テーマ:
  • 28May
    • お客様の声

      *実際のお客様の声を載せております。【LIBERTY】では、個人情報を厳守するため、コーチング/セミナーの写真は載せておりません。ご了承下さい。【30代 女性(専業主婦)】 さゆりさんと話すことで、自分を今までみてた角度じゃない角度から見つめることが出来て、くすぐったい恥ずかしい気持ちと共に、凄い清々しい気持ちになりました。不思議な感じです。自分が今まで、もがき苦しんできた事が実は大した問題では無かった事に気付いた時の衝撃ときたら!!(笑)本当に沢山発見して、笑って、とても素敵な経験になりました。自分にしてしまった、固く閉じた蓋が少し緩んできてて、今日をキッカケにまた少し緩んで、、、完全に開けるために、3ヶ月コーチングを受けもっと自分を好きになりたい!認めてあげたい!と心から思いました。【30代 女性 (会社経営)】 さゆりさんのコーチングを受けた翌日より、営業時間を短くしました。もう疲れて、、そう!!頑張るのをやめました。そしたら、まだ2日しか経ってないのに、営業時間短くしたことで、ジム行ったり時間が作れて、今まで考えられなかったお店のこととか考えられるようになって体も心も元気になりました。そして、今はお店7ヶ月目ですが、1日の売り上げが過去最高になりましたーー!きっと心にも余裕ができて、いつもだったら安い商品を勧めてたけど、その人にあった、価値のある商品を勧められるようになりお客さんにも満足してもらえたのだと思います。私は、「頑張る」っていうのを、「無理する」というのと勘違いしていました。多くの気付きを頂き有り難うございます。次回が楽しみです。【20代 女性 看護師】 このまま結婚して、子育てしながら仕事を続けることに迷いと不安を感じていました。さゆりさんと話をすることで、自分は看護師としてどんな看護を提供したいのか!自分は何を大切にして生きているのかなど、仕事のことだけでなく人生についても考えることが出来てとても楽しく美のりある時間を過ごすことが出来ました。さゆりさんのコーチングに出会わなかったら、このまま看護師の仕事を辞めていたと思います。本当に有り難うございます。

      1
      テーマ:
  • 18May
    • 自己肯定感の捉え方を間違うと、○○な方向に進んでしまう。

      こんにちはメンタルコーチ&訪問看護師の【東(ひがし) さゆり】です。数あるブログの中からご縁にて繋がり訪問頂きました事を心より感謝します少しでも拾える箇所がありましたら、幸いです。(写真は記事とは関係ありません6年前?に妹とお父さんの3人でプーケット旅行に行った時のものです♡)========最近は私の過去の恥ずかしいエピソード、特集になっています笑。①人や物事に対して批判的な一面もあった頃(自己受容出来ていなかった時)http://ameblo.jp/h-sayuri0122/page-2.html②自分の感情を受け入れる事が自己受容につながるhttp://ameblo.jp/h-sayuri0122/page-1.html③自分を認め、自分を好きになっていく方法http://ameblo.jp/h-sayuri0122では、今回も赤裸裸に書いていきますね20代の頃、私は完全に「自己肯定感」は「ありのままの自分を肯定すること」だと認識してきました。そうすると、「自分の嫌だと思う部分」も肯定することになりますので、ますます自分の嫌な部分は強化され笑改善もされない。。。といった状況が続きました。自己肯定感の捉え方を間違って(勘違いしており)、自意識過剰になっていたのです例えば、スタッフ同士で一緒になって、AさんBさんの文句や批判をしていたとします。そこで、私にも同意を求めてくるんですね。「Aさんって、ほんとあーーだから、ダメだと思わない?」「Aさんは、○○を直さないと、ダメよね?」って、、、私は「この人達に嫌われたら、マジで怖い」「自分も同じように文句言われているのかな」「どうして、こんなに人の悪口ばっかり言うのだろう」「暇なのかな?」と疑問に思いながら、恐怖と不安を感じていました。そして、その時の私は、、「そーですねーー。そうなんですねーー。」と答える事が多かった。そして、出来るだけ関わりたくないと思っていた。この行動は、もう「共感」「同意」と同じレベルなんですよねそして、曖昧に共感や同意するので、また私にも話してくる悪循環なのです。そして、ここからは更に極まりなく、嫌な私が発揮されていってたのですが・・・自分もBさんに対して、不満があった時には、何度も頷きながら、「そーーーーー!そーーーー!そーーーなのーー!」分かってくれる人がいたーーーー!嬉しいーーー!ってな調子で、便乗していましたこれ、完全に自分が嫌だと思っていた事を、また自分自身でしちゃってるんですよね。結論から言いますと、自分が嫌だと思う部分が全く改善できていない状態。そして、その自分を肯定的に認めているので改善するというよりは、その部分に自信がないため自分の事や人の事を批判するといった行動や思考になる。今思うと、非常に危険な思考や行動に陥っていたと思います。ですので、先ずは自分の気持ち(感情)を認めることが大事♡その中で、自己肯定していくそして、嫌だと思う部分を批判したりするよりは、必要に応じて改善していく事が大切な時もあるのだと思います最後まで読んで頂き有り難うございます

      7
      テーマ:
  • 16May
    • 自分を認められると、自己肯定感は上がっていく。

      こんにちはメンタルコーチ&訪問看護師の【東(ひがし) さゆり】です。数あるブログの中からご縁にて繋がり訪問頂きました事を心より感謝します少しでも拾える箇所がありましたら、幸いです。=======①自己受容がほとんど出来ていなかった頃の私について、赤裸々に書きました↓http://ameblo.jp/h-sayuri0122/page-2.html②自分の気持ち/感情をありのままに受け止める↓http://ameblo.jp/h-sayuri0122①、②続けて読んで頂けますと、更に理解が深まるかと思います=======自己受容を日々の生活で習慣化してきたのですが、自分の感情をそのまま/ありのままに、自分自身で受け止めていくとどんどん・ある特定の人や物事を、どうして苦手だと感じていたのか?・ある特定の出来事に対して、どうしてイライラや腹がたっていたのか?・指摘されたり問題が生じると、どうして(心の中で)人のせいにしていたのか?そして、自分の中で【◯◯な部分の自分は好きだな〜】【◯◯な部分の自分は嫌だな〜】と冷静かつ客観的に、自分自身を捉える事が出来るようになったのです。【私自身が1番、自分を否定していた事に気付けたのも大きかったです。】そこで❗自分の好きだと思う部分は、どんどん(自他共からの)プラスの言葉を受け取め、強めていく=自己肯定自分の嫌だと思う部分は、諦めるというより、、、投げやりになるというより、、、すでに、自己受容出来ているので、現在の自分は確かにこうだ!必要に応じて変えていこう!と思えるようになったのです。ここで、必要に応じてというのは、私の場合は、日常生活(親子・夫婦・娘・友人関係などの人間関係も含みます)や、仕事に支障が生じた時です。ですので、現在も100%自分を好きか?と聞かれたら、答えは「NO」改善の余地は沢山あります笑5〜7割は自分の事が好きだな〜♡と思って過ごすと、非常に生きやすくなるのだと思いましたそんな中で、91歳のご利用者様(私の中では、もはや師匠となってる存在)から、教えて頂いた言葉があります。「年齢は関係ないよ。人はいつまでも、楽しみながら学び成長するのだよ。」その方は、90歳からスマホデビューしました最近またNEWバージョンのパソコンを購入していました肉が大好き笑私に英会話を教えてくれる笑そんな師匠の言葉や思いを通して、私も一生、成長し続ける人生を歩みたいと思い現在に至ります😆次回は、自己受容と自己肯定を同時にした場合!私自身の体験を元に、どの様に変化したかについて書こうと思います。*この頃は、今振り返っても、自意識過剰過ぎて恥ずかしくなるエピソードですそれでは、最後まで読んで頂き有難うございます。

      6
      テーマ:
  • 11May
    • 親の呪縛から自分を開放できた理由。

      初めましてメンタルコーチ&訪問看護師の【東(ひがし) さゆり】です。数あるブログの中からご縁にて繋がり訪問頂きました事を心より感謝します少しでも拾える箇所がありましたら幸いです。========前回、、、すごーーっく赤裸々に「自己受容」において「親の呪縛から自分が開放されていなかった」時の、めちゃくちゃ恥ずかしい私の記事を書きましたまだ読んでいない方は是非一読し、本日の記事を読み進めて頂くと流れがわかりやすいかと思います♡http://ameblo.jp/h-sayuri0122/entry-12273431162.html私が、「親の呪縛から自分を開放できたのは」どうしてか?その前に、ここで少し補足として「親の呪縛から自分を開放する」ってことは、自分の存在を自分自身で受け入れる=自己受容ってことです幼少期の私にとって大きな存在をしめたのが、お母さんでした。そして、お母さんからたくさんの愛情をもらって成長してきました。しかし、どうしていつまでたっても「心の中にポッカリ空いた穴が埋まらないのだろう?」と感じた時に、「お母さんに認めてもらえない自分はダメな人間なんだ」って思っている事に気付いたんですね。私と母は、昔から本当ーーーーーによく喧嘩をしてきましたそして、いっつも「こうしなさい、ああしなさい」「こうするべきよね」って会う度に言われるんですもーーーーーーーー!ほんと!うーーるーーさーーーーーいって心底、思っていました笑そうです。私は、お母さんが何か言う度に「私は認められてないんだ。。。」チーンと、勝手に傷つきながら、、、ほぼほぼ、お母さんに反発するの繰り返しをしていたのです。ここで、「自己受容」とは自分の存在そのものを受け入れる=自分が感じている事(感情)を受け入れるって事なのだと、ある方との出逢いで学ぶことが出来、実践したのです。「ああしなさい、こうしなさい」って言われた時に、私はどう感じるのか?そーーーーー!「悲しくて、寂しくて、くやしくて」「自分の事を否定されている」ように感じていたのです。そして、「もーーーうるさーい」って強がるのをやめて「悲しくて、寂しくて、くやしくて」といった自分のありのままの感情を受け入れるようにしたのです。そんな事をしながら日々生活していると、「お母さんは、とっくに!私の命が宿った時から存在を認めていたんだ」と、理解でき体感しました。そして、「お母さんとお父さんの良い部分は真似なさい。そして嫌だなーーって思う部分はさゆりの思う様に改善しなさい」ってお母さんが言ったのですこの一言は、かなりの衝撃でした。お母さんから、こんな発言が聞けるとは思ってもみなかったからです。まーーー、お母さんはずっと言い続けてきてたのだと思いますが笑聞こえてなかったんですねーーお母さんが言ってること。伝えたいこと。そして、お母さんが言いたいのは、「私の存在を認めたうえで、行動レベルや価値観レベルの事を言ってたのだ!」って腑に落ちたんですね。腑に落ちると、お母さんも1人の人間であり女性でもあるのだと思えたのです。この時に、ようやく精神的な自立が出来ました!自分軸で生きていくってことです。長年、私の中での「自立」は行動レベルでの事だと捉えていました。それは、1人暮らしが出来て、就職して自分でお金を稼ぐようになって、自分の好きな人と結婚して、自分の家族をもつこと。これが、「精神的な自立」だとも勘違いしていました。ですので、仕事もプライベートも充実しているはずなのに、何か足りない、、、といった漠然とした不安や焦りを感じていたのだと思いますそして客観的にみる自分が、そんな贅沢な事言って、なんてやつだーーって自分の素直な感情を責めて、蓋をしてきたのです。自分を認め、自分軸で生きていくようになりますと「人との比較」よりも「自分自身との関係」が重視されるようになります。すると、ますます自分の好きなことを自分の感じるがままに自由に行動出来る様になり、お母さんに対する愛情表現も、「反発する」よりも「感謝を伝える」事が、素直に出来る様になりましたそして、自己受容がだんだん高まることで、自然と向上心が湧いてくるのです。もっと、自分の嫌な部分は直して、自分の好きな部分を伸ばしていきたいって笑ここからが、「自己受容」と「自己肯定」の違いになってきます違いについては、次回書きますね〜この記事を読んでみて、私もそうかも?同じかも?なんか満たされないんだよな?って感じた方は、是非♡「自分の感情をありのまま受け入れる」=「自己受容」を実践してみて下さいまた、6月27日(火)10時半〜14時半上記内容を掘り下げた体感型セミナーを開催しますので、こちらにも参加して頂けると更に体感できると思います♡最後まで読んで頂き、有り難うございます

      5
      テーマ:
  • 10May
    • ありのままの自分を受け入れ認める①

      初めましてメンタルコーチ&訪問看護師の【東(ひがし) さゆり】です。数あるブログの中からご縁にて繋がり訪問頂きました事を心より感謝します。少しでも拾える箇所がありましたら幸いです=======前回、コミュニケーションについて記事を書いたのですが、次の記事を書きながらずっと私の中で、大きな大きな違和感を抱いていました私は今、コミュニケーション技術を伝えたいのか?順を追って書こうと思う・・・しかし、なにか違う。。。今、1番伝えたいのは先ずは「自己受容」の大切さなんじゃないかーーーーーと1人ツッコミを繰り返しながら過ごしていました・・・すると、前の病院で教育担当をしていた頃、新人で入職してきたY君が久しぶりに我が家に飲みに来たのですしかも4年ぶりに笑自分にとって必要な人が必要な時に現れるとはよく言いますが、、、本当にそうだなと実感しまして。。Y君と話している中で、私は「自分の事を大事にすることを大切」にしてきたんだなーーーって事に改めて気づいたんです♡【自分の事を大切に出来る人は、人の事も大切に出来る】ってずっと思っているから・・・私自身、自己受容の大切さに気付いた頃から「自分を大事にしながら生きる」ことを、とーーーーっても大切にしてきました。しかし、ある1番大切な事に気付くまでは・・・どんなに頑張っても、どんなに楽しい時間を過ごしても自己受容感は完全に満たされず「心の中にポッカリ空いた穴は埋まらなかったんです」それまでの私は、、、表向きは、明るくて元気なポジティブさゆりに見えていたと思います(恐らく)その一方で、不安でネガティブで更には自信がないから強がっていて・・嫌われたくないから、みんなに良い顔して・・変わりたい!って思っていても、最後の一歩が踏み出せない・・カメレオンか!ってなぐらい、八方美人だったんですそして、自分の好きなことに熱中してみたり楽しい場所に行ってみたりもーーーー試行錯誤してましたそして、1番何が大切なのか!ってことが、この1年間で分かって、その事にチャレンジしたんですね。それは!つまーーーーり!【親の呪縛から自分を開放すること!】これは、娘を妊娠した時にNLPを学ぼうと行動したキッカケにも深く繋がっていると気づきました!!だったんです親の呪縛から開放され自分を認めることが出来たら、心の中のポッカリ空いた穴が埋まったんです。この事に関しては、次回書いていきます♡そうすると、7割程度は自分自身を受け入れることが出来ていた私が、更に10割の自分を受け入れることが出来て凄く楽になったんですね。楽になると、どんどんプラスに変化していったんです。ですので、今の私が1番伝えたいのは「ありのままの自分を受け入れ認める」事が先ずは大切なんだ♡ってこと。その土台を築いた上で、次のステップに進む事がもーーーーーーーーもの凄ーーーーーーーく!大切なんだって実感します。5月30日に行う【自分と向き合い、自分軸をしっかり持つ】体感型セミナーで詳しく伝えていきます♡そんなこんなで、自分にとって最高ーーーーに居心地の良い環境を追求していますそして、これからも行動とチャレンジ!冒険を実践していこうと思います今まで、私と話すことで・自分自身と向き合うことの大切さを知った・モヤモヤする気持ちが整理でき、自分に何が必要なのかが分かった・自分の事が嫌になっていたけど、自分の事を認めることで好きになれた・「これで大丈夫だ!」と自信が持てるようになった・人を(心の中で)裁く事(文句言う)よりも、相手の良い部分が沢山見えるように なった・自分の嫌な部分を認めることで、どんどん自分がプラスに変化していった・1人では解決出来なかった事が、統一することができ解決した・やりたい事が明確になって行動が加速するようになった・自分を受け入れる事で、人にも更に優しく出来るようになった・子供と旦那に優しくなれたなどと、有り難いフィードバックを頂いています♡6月開始の無料コーチングセッションも近々募集開始しますので、是非活用してみて下さい*100名様までは医療従事者だけでなく、気になった方は気軽にお申し込み下さい最後まで読んで頂き有り難うございます

      6
      テーマ:
  • 05Apr
    • 信頼関係をどのように築いてるの?①

      初めましてNLPコーチ&訪問看護師の【東(ひがし)さゆり】です。数あるブログの中からご縁にて繋がり訪問頂きました事を心より感謝します♡少しでも拾える箇所がありましたら幸いです=======看護や介護において、信頼関係が成り立った上でケアは出来るな〜信頼関係が築けていないと、ほとんどのケースで患者さんからの不満やクレームに繋がるな〜と実感しております信頼関係を作るためにはどうしたら良いんだろう?どうしたら、相手に安心感を抱いてもらえるのだろう?といった内容について実体験を踏まえ非言語的コミュニケーションでの活用方法を書きたいと思います♡こんな経験した事はないですか?同じ様に患者さんに接しているのに、「受け入れてもらえる患者さんと」「受け入れてもらえない患者さん」私は新人時代にとても痛感しました。その中で、最初から自分のペース(状態)で、どの患者さんにも関わる事が原因なのだと分かったのです。自分と違うタイプ(傾向)の患者さんからは違和感や嫌悪感を感じられやすいそこで身近に、この様な方いませんか?「どんな患者さんにも信頼されて頼りにされている。」「あの人と一緒にいると、患者さんは安心して楽しそうに話している。」私も新人看護師時代に、そんな憧れるような先輩看護師がいました♡正直、私はO先輩と出会って「こんな理想的(ナイチンゲール風)な人っていたんだ」と衝撃を受けたのを今でも鮮明に覚えています。当日入院したばかりの患者さんとも、直ぐに信頼関係を作っている。他の看護師が説明しても受け入れてもらえなかった内容を、O先輩が説明するとスムーズに受け入れてもらえる一体どうやったら、こんな風になれるのだろう!新人ながらに模索していました。では、一体その先輩は他の人と何が違っていたのだろう1人ずつ患者さんのペース(状態)に合わせて、自分自身の①声のボリューム(大小)②声のトーン(高低)③話すテンポ・スピード④頷くタイミング⑤表情⑥話しかける目線の位置⑦間の取り方(呼吸の調子を合わせる)を合わせていたのです。その時の私は、とにかくO先輩を観察しては真似る!を何度も繰り返し実践してみました。繰り返す中で、上手くいく方法と上手くいかない方法がみえてきたのです。更に自分にとって上手くいく方法を実践していくことで、自分にあった信頼関係の作り方が分かるようになりましたそうすることで、看護師一年目の時にも、自分なりに患者さんと信頼関係を作る事が出来たのです*技術・知識面ではヒヨコです🐤現在も日々実践中ですここからは、患者さんの立場に自分を置き換えて読み進めますと更にイメージできます。例えば、①普段からゆっくり話す患者さんが、ベッドに横になって過ごしている時早口で立ったまま、「検査の必要性」を話し始める看護師。②声が高く、話すスピードが速い患者さんにゆっくりしたスピードで声も小さく、「入浴の必要性」を話し始める看護師。患者さんは、どのように感じるでしょうか?「看護師さん、なんか偉そうだな〜」「看護師さん、落ち着きないな〜」「看護師さん、なんとなく自信なさそうで頼りないな〜」伝えたい内容よりも、先ず看護師のペース(状態)に対して違和感を抱きます。そして、患者さんは会話の内容よりも、看護師のペース(状態)に意識が向いてしまうのです。これは、患者−看護師の関係だけでなく、全ての人間関係に共通します。会話の中で、自分がハッピーな状態の時に、相手は表情が険しく声のトーンも低い場合。話の内容よりも「怒ってるのかな?」「疲れてるのかな?」「どうしたんだろう?」と、相手の状態に意識が向くことと同じです。どのような患者(相手)さんに対しても、相手のペースに合わせて同調していく事で信頼関係を構築する第一歩になるのだな♡繰り返し関わる中で信頼を得ていくと、普段の自分のペースも患者(相手)さんに受け入れてもらいやすくなるなと実感しております是非、この記事を読み終わりましたら身近にいる好感が持てる方の真似を、⑦つのポイントを意識しながら実践して頂けると、患者(相手)さんとの関係に変化を感じられると思います上手くいった事は、更に繰り返す♡上手くいかなかった事は、「どうして上手くいかなかったのか?」を自分自身で振り返る♡トライ&トライしていくうちに必ず上手くいきます私も、現在進行形で様々な事にトライ&トライ中です♡一緒に理想の自分の姿になれるよう成長できたら嬉しいです。この記事を読んでみて、どの様な感想をお持ちになられましたか?ぜひ感想をコメントやメッセージで聞かせて頂けると嬉しく思いますでは、次回は言語的コミュニケーションでの信頼関係の作り方について書きたいと思います*全て私の実体験を元に記事を書いてます最後まで読んで頂き有り難う御座います

      12
      テーマ:
  • 28Mar
    • NLPコーチングとは? 5月募集開始

      初めまして管理人の東(ひがし)さゆりです。数あるブログの中からご縁にて繋がり訪問頂きました事を心より感謝します。=======【NLPコーチングとは?】コーチングとは、会話を通してコーチが質問をしていくことで相手に自発的な行動を促し「自己実現」や「目標達成」を図ることです答えはすべてあなたの中にあるという仮定の上に私達のコーチング関係は成り立ちますその中で、NLP(神経言語プログラミング)を活用し心理面の構造や脳と心の機能、カウンセリングで扱う手法を必要に応じて用いることで「何で上手くいかないんだーーーー」と言った心の叫びを解消出来ます♡表面的な変化だけでなく、無意識レベルでの変化も手に入れることが出来るのがNLPコーチングです。どんなにポジティブそうに見える人でも誰しも自分の行動を止めるもの・トラウマ・コンプレックスが大小は別として、たいてい抱えています。そして、本人がこのことに気づいていないことも多くあります充実している自分を振る舞うこと、キラキラしている自分であることでそのネガティブな部分にフタをしているケースもあります。私はプライベートや仕事(看護師)の中で、一般的なコーチングのスキルだけで対応しようとしても行き詰まってしまうことがありました「NLP-JAPANラーニング・センターを一部参照しています」そこで、NLPの手法を同時に活用し「そーなのーー♡こんな人生歩みたかったんだよーー!」といった心の内が実現出来たのです私自身、変化する環境の中で、数えきれないほど、今の自分自身に不必要なものを変化させ実生活にプラスの効果を発揮する事が出来ましたそしてこれからも、必要に応じてどんどん変化させていこうと思っています大切にしたいものは、大事にしながら♡現在は一歩ずつ、自分の思い描くライフスタイルに近づいてます。どこかで完璧を求めるのはもう終わりにして、今ある自分を認めよう1人で全て抱え込むのはもう止めて、もっと周りに頼ってみようと思えたのも大きな一歩でした。最近では亡くなる間際に「私の人生♡笑いあり・愛あり・成長あり♡で楽しかったな」と感じながら亡くなりたいと考えています。もっと自由で豊かな心を手に入れてみませんか♡この様な方におすすめです・自分の仕事に自信を持ちたい・目標を確実に達成したい・影響力のあるリーダーになりたい・人間関係について悩む事をやめたい・理想のライフスタイルを手に入れたい・自分の子育てに自信を持ちたい・理想のパートナーと結ばれたい=======5月開始の【NLPコーチング100名限定 無料セッション募集】本日(3/30)より受付を開始します時間は90分です♡募集は修了しました。先着順とさせて頂きますので、ご了承下さい。メール確認後、順次ご連絡させて頂きます(4月までは、訪問看護師の仕事も今まで通り続けているため、返信が遅くなる場合があります。ご了承ください。)【対象者】楽しみながら自分自身と向き合ってみようと考えている方自分を成長させたいと思っている方     【セッション方法】Skype/Line電話/電話/対面(片倉町駅から徒歩5分の事務所または横浜、みなとみらい、武蔵小杉)対面は午前のみとなります。午後の対面希望の方はご相談下さい。       5月10日(水)10時〜 13時〜 15時〜 5月11日(木) 10時〜 13時〜 15時〜5月17日(水) 10時〜 13時〜 15時〜5月18日(木) 10時〜 13時〜 15時〜 お申し込みは下記よりお願いします。 https://ssl.form-mailer.jp/fms/88739732494592 最後まで読んで頂き有り難うございます NLPコーチングでお逢い出来るの楽しみにしております

      7
      テーマ:
  • 28Feb
    • 大好きな看護師の時間を減らしてでもなぜ?NLPコーチをしたいのか②

      初めまして管理人の東(ひがし) さゆりです。数あるブログの中からご縁にて繋がり訪問頂きました事を心より感謝します。======大好きな訪問看護の時間を減らし。2歳半の娘の子育てと家事それだけでも、多忙な生活の中でどうして?患者(利用者)さんに携わる全ての人にメンタル面でのセミナー・セッションをしたいのかについて、理由は2つ!今回は2つ目です。======3年前の夏、私は始めて長期入院をしました。出産前2ヶ月と、出産後1ヶ月。看護師になって初めての患者体験。出産直後に緊急手術と大量輸血。産後1か月後に再手術。産まれたばかりの娘を抱きながら、我慢出来ない程の痛みが生じ。血圧がだんだんと低くなり脈が速くなる意識が何度も遠のく状況に、まさか救急の現場で助ける側だったのに生死を行き来する状況になるとは想像もしていませんでした。出産後、初めて車いすで検査に行った時、鏡に映る自分の姿に驚き落胆しました。自分では予想していない時、思いがけず人は「患者」になるんだ。「患者」になりたくてなってるわけではないと改めて痛感。3ヶ月間の入院中、私は「絶対復活したら、この患者体験を看護に活かそう!」と考え患者さんの立場で感じた事をメモに書き出しました。そこで1番、私にとっての苦痛がナースコールを押すことでした。私は排泄の度に、傷の部分を洗い消毒してもらってたのです。しかも1日15回以上。よく看護師の頃は患者さんに「何かあったらナースコール押して下さいね♬」と言ってた私ですが、、、実際自分がナースコールを押すという行動をするまでに、かなりの葛藤を要したのです。*今バタバタしているな*機嫌悪いから頼みにくいな*こんな事も頼まないと自分で出来ないって情けないなこの様な想いが重なり、ナースコールを押す事への躊躇。①いつも笑顔で丁寧に対応してくれる方の勤務時間帯は凄く頼みやすかった。そして、「少し待ってて下さいね」「○○が終わったら行きますね」と言われても、全く嫌ではなかった。②来た瞬間、顔(表情)が不機嫌・怒ってる。処置が雑な方の時には、ナースコールを押してから待つまでの時間も凄く長く感じ。「あーーーまた頼むの嫌だな」「でもまた頼むしかない」この様な葛藤や出来事の積み重ねから、患者さんは自分でどうにかしよう!と考え行動することで、看護師の仕事も増えるのだと思いました。例えば、私がナースコール押す事を排泄の度にしなかったら。2回に1度の消毒しかせず、傷の治りは遅くなります。また、傷から感染することで治療期間も長引きます。すると、看護師の1日に消毒をする回数や期間がますます増えていく。患者も看護師も悪循環なのです。では、どうしたら本来必要ない仕事を発生させずにすむのか?と考えた時にケアする側のメンタル面や体調管理を行うことで防げると考えたのです。これらの事から、私は患者さんに関わる全ての人(看護師・医師・介護士など)に、NLPコーチとしてセミナーや個人セッションを行っていきたいと考えるキッカケになりました。======5月から本格的にセミナー・セッション開始します。少しでも「楽しく」「楽に」過ごせる方が多くなる事を願い、活動していきます♡またの訪問お待ちしております

      14
      テーマ:
  • 27Feb
    • 共依存の関係を断つ実践的な方法

      初めまして管理人の東(ひがし) さゆりです。数あるブログの中から、ご縁にて繋がりご訪問頂きました事を心より感謝致します。ブログの中にあるのはヒントやキッカケです。「答えは既に貴方の中にあります」【ドーハに短時間滞在時、現地の人と交流している瞬間。全てはフィーリングでのコミュニケーション】============今回は、なぜ共依存関係が生じるのか?について書きます。人間関係(患者・親子・夫婦・恋人・友人など)において、共依存どうしてそのような関係が生じるのか。患者・看護師間での共依存体験を私の実例を挙げて説明します。看護学校の時にかなり指導されたのが「患者さんへの共感・傾聴」が1番!大切な事だと思って、傾聴→共感→傾聴→共感をひたすら繰り返していました。信頼関係構築されてからも、更にずっと繰り返す日々。結果患者➡「さゆりさんじゃないと駄目。さゆりさんから○○をしてほしい」私➡「自分を認められた、看護師としての存在を認められた事への安心感や喜びを感じる」完全に独りよがりな看護をしていましたチームで働き看護を提供しているはずなのに、自分のコミュニケーション能力を褒められる事への喜び。優しいね、親切だね。と言われる事への満足感。しかし、その様な関係は自分自身を追い込み*「ずっと重たい話(その当時は重たいと感じていた)ばかりを聞き続ける事への精神的負担」*「私が頑張らなきゃ!」*「患者さんの現状変化に対し何も出来ていない事への無力感」とプライベートの時まで考えたり、必要以上に患者さんへ介入したりしていました。「患者さんへの共感・傾聴」が1番!の意味・内容を完全にはきちがえていたのです勿論、共感や傾聴は信頼関係を構築するのに、とても効果的で大切なことです。しかし、過度の共感や傾聴からは患者さんの問題解決や自立は生まれないのです。そこで、どうしたら依存関係が出来ないのか?例えばこの様な事がありました【患者さんが癌になり手術をする事への恐怖を感じていました】➡「私が○○さんだったら同じ様に恐怖を感じます」と、感情を受け入れ認めるここでは励ましたりアドバイスはしません。とにかく、今の恐怖や悲しみといった感情や想いを傾聴し充分に感じてもらうことを重視します。次のステップで「今は医療従事者(看護師・医師など)がいないと、治らないと思います。しかし、○○さん自身の中に必要な治癒力が既に備わっています。」と言ったメッセージを送ります。その事で、自分自身で自ら治療に積極的に参加しその後の生活をイメージしながら行動へと繋げていけたのです。*治癒力:その患者さんが1番イメージや理解しやすい表現を用いて下さい♡依存関係を作らず、お互いが自立した関係(患者対看護師)を構築する事で、今まで以上の相乗効果が生じてきます。この事は、親子関係や夫婦関係でも全く同じことです。何か少しでも貴方にとって拾えるものがありましたら幸いですまたの訪問お待ちしております

      7
      テーマ:

プロフィール

ひがし☆さゆり

性別:
女性
血液型:
O型
お住まいの地域:
神奈川県
自己紹介:
2歳半の娘とナースマン夫との3人暮らし。 10歳の頃から心理学に興味を持ち、将来は「何か困っている...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス