初心者でも作れる手縫い下着 ~ふんどしパンツ編~ | SONOCOSMO CREATION
2016年09月03日

初心者でも作れる手縫い下着 ~ふんどしパンツ編~

テーマ:手縫いランジェリー作り方

こんにちは。SONOKOです。

 

すっかり秋めいてきましたね。

 

相変わらず、ゆるゆると

手作り下着をちくちく楽しんでいる日々ですが

今日は、女性用の「ふんどしパンツ」の作り方を。

 

 

 

 

 

「ふんどしパンツ」は

布がわっかみたいになって

パンツのようにはける形をしているので

女性からすると、一般的なふんどしタイプより

着脱がしやすくてラクではないかなーと思います。

 

 

 

ちなみに、長方形の布で作るタイプは

一番簡単で、市販の手ぬぐいからも

作れるんじゃないかと思います。

(↓こういうの)

 

が、今日は

お股の部分を曲線的に型取った、

ショーツタイプのふんどしパンツの作り方を

アップしてみます。

 

基本、作り方は長方形タイプも

ほとんど変わらないので。

 

ではでは、以下、作り方です☆

 

 

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。

 

 

ヒマワリ「ふんどしパンツ(ショーツタイプ)」の作り方

 

宝石赤用意するもの

 

・本体の布

・紐用の布

・ミシン糸

・しつけ糸

・チャコペン

・まち針(数本)

・裁ちハサミ

・糸切りハサミ

・縫い針(2~3本)

・メジャー

・アイロン&アイロン台

・ミニヘアクリップ(なくてもよいけどあると便利)

 

 

*  *  *  *

 

 

1.型紙を作る

 

多分、ここが一番キモではないかと。

 

おひとりおひとり体型が違うでしょうから

一応、採寸の参考として

私の採寸の仕方をアップします。

 

私も今回初体験で、

まったくの独自の方法なので

逆に、正式な採寸方法を知りたいくらいですが(笑)

 

 

まず、長方形タイプの寸法を基準に

考えてみました。

 

長方形の寸法は、

 

縦・・・60cm(前と後ろそれぞれ30cmずつ)

横・・・30cm(最長幅の部分で)

 

なのですが

ショーツタイプの場合は

お股のところがカーブしてますよね。

 

このカーブ部分の採寸をいたします。

採寸ポイントは3つ。

 

 

①まずは、女性器が当たる、

一番底辺の幅が狭い部分の横幅を

メジャーで図ります。

 

私の場合は、約 8cm

 

 

②次に、おなかからお股にかけて

幅が狭くなり始めるあたり。

そけい部のあたりですかね。

ここをメジャーで図ります。

 

私の場合は 約 13cm

 

 

③最後に、お股の中心から②までの長さを

図ります。

 

私の場合は 約 10cm

 

 

 

で、これをもとに型紙におこします。

 

 

最終イメージはこんなカンジ。

( )の中の数字は縫い代分。

 

 

 

まず、どんな紙でもかまいませんが

縦60cm、横30cmの紙とペンを用意。

 

左右対称になるようにしたいので

縦半分に折ります。

 

 

 

で、先ほど採寸した

①と②のポイントを下図のように取りまして

ペンでしるしをつけ、

(注;採寸寸法の半分の長さにすること)

 

 

それぞれを曲線で結びます。

(ピンクの線)

 

 

曲線は、ほぼテキトー(汗)

 

あとはその線に沿って切り抜きます。

 

紙を開いたら、型紙の出来あがり。

 

 

* * * *

 

 

2.布を切る

 

パーツは以下の3つです。

 

①本体

②紐

③紐を通す部分の飾り布

 

 

 

①本体を切る

 

さきほど作った型紙を縦半分に折り、

同じく縦半分に折った布に当て、

型紙に沿ってチャコペンでしるしをつけたら

しるしに沿って裁断します。

 

 

②紐を切る

 

寸法:4.5~5cm × 140cm

(縫い代含む)

 

少々長めに採寸していますが

↓こんなカンジ。

 

 

③紐通しの部分を切る

 

寸法:6cm × 34cm(縫い代含む)を2枚

 

 

 

* * * *

 

 

3.本体を縫う

 

①両サイドの縫い代を

アイロンで折り目をつける

 

5mmくらいずつ2回折り込み、

アイロンでしっかりと折り目をつけます。

 

 

②しつけ糸で仮縫い

 

しつけ糸でざっくりと波縫い

 

 

③本縫い

 

「まつり縫い」で両サイドを縫っていく。

 

 

ヒマワリ縫い方について

 

自分の縫い方の名前が分からなかったので

調べてみたところ、

基本は「まつり縫い」で、

少しずつアレンジしてたことが

分かりました。

 

参考サイトはこちらを。

https://iemo.jp/75619

 

 

* * * *

 

 

4.紐を縫う

 

①縫い代をアイロンで折り目をつける

 

上下ともに、端から5mmくらいずつ折り、

しっかりアイロンで折り目をつける。

 

 

②さらに半分に折る

 

紐が長いので、ヘアクリップで

仮止めすると便利。

 

 

 

③紐の端を縫う

 

一番端を下図のように5mmほど内側に折り込み・・・

 

 

 

上下半分に折ります。

 

玉止めが内側に入るように針を通し・・・

 

折り込んだ縫い代部分の端を、かがり縫い。

 

 

 

あとはひたすら、「渡しまつり縫い」で塗っていく。

 

 

* * * *

 

 

5.本体と紐を合わせる

 

①紐を通す部分の飾り布と本体を縫う

 

後から紐を通すのはめんどうなので、

この段階から紐を挟み込んで縫ってしまいます。

 

飾り布の半分の位置に

本体のトップがくるように置き、

飾り布の両サイドで本体の端をくるみ、

更にその上に紐を置く。

 

 

もう半分の飾り布で本体を紐ごとはさみこみ、

飾り布と本体の境目を

「奥まつり縫い」で縫っていく。

 

 

おなか側の裏と表、

お尻側の裏と表をそれぞれ縫いつけたら

完成です☆

 

 

 

 

かなり大きめのゆったりサイズで作ってます。

 

私は結構、デカパンをゆったりはきたいので(笑)

ゆとりを持って採寸してみましたが、

実際はいてみると、もう少し小さめでも

よかったかな~・・・という印象でした。

 

その辺は、各自のお好みで・・♪

 

 

 

なかなか文章での説明は

分かりにくいかもしれませんが・・・

 

 

何かの参考になれば

嬉しいです♪

 

 

花 花 花​​​​​​​ 花​​​​​​​

 

 

ひまーり手縫いブラ&ふんどしパンツのワークショップも

随時開催中ですサン

 

詳細はこちら↓ハート

http://ameblo.jp/h-s-sparkle/entry-12259134245.html

 

 

 

 

ご興味ある方は、ぜひぜひ、お問い合わせくださいねハート​​​​​​​

 

 

 

 

 

 

SONOKOさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス