ぺんぎんクラブ(預かり保育)担当の平山です。

 今年は、ホールの入り口壁に天井まで届く大きな木を作りました。

 

 

4月には、桜の花が満開に咲いていましたが、桜の時期も終わってなんだか寂しい状態に・・・。

 

 

 そこで・・・!

”葉っぱを付けよう!”ということで、

ぺんぎんクラブの時間を使って葉っぱ作りを行うことになりました!!

 

 まずは、タンポを使って葉っぱの色付けをします。普段遊びの中では絵の具をあまり使っていないので、”絵の具”という言葉を聞いて子ども達は大喜び!

 

 

すずめさん~はとさんまでみんなでポンポンしながら楽しむことができました。(中には、楽しくなりすぎて画用紙ではなく、自分の手や腕にポンポンと色を付けている子もいました!笑)

 

 

次は、いよいよ葉っぱの形に切ります。ハサミを使うことに慣れているはとさんやあひるさんは、「たのしい!」「これならかんたん!」と言いながら葉っぱの形にスイスイと切ってくれました。

 

 

その姿を見ていたひよこさん!自分達もやってみたくなって、いざ挑戦・・・!!

 

 

予想以上に葉っぱの形に合わせて切るのが上手でとても驚きました。

 

 

最後は、葉脈を作るために葉っぱを折ります。折るのは少し難しかったようで、保育者に何度も折り方を確認しながら進める子や夢中になってたくさん折ってくれた子がいました。

 

 

そして、みんなの力を合わせてできた葉っぱがこちらです!!

 

 

葉っぱの色が綺麗ですね!まだ葉っぱの数が足りていないので、今もぺんぎんクラブの時間に子ども達と一緒に作っています!!これからどんどん増やしていって、みんなの作った葉っぱでいっぱいになることでしょう!!