おはようございます、岩間です!

 

営業さん推しのキングダムも読み続けていますが、

最近読んでいるのはこちらルンルン

 

 

ミステリという勿れ(なかれ)です上差し

 

主人公は、久能 整(くのう ととのう)と言う、もじゃもじゃ頭で一見覇気のない感じの大学生。


彼が、ひょんな事から殺人事件の容疑者になり、警察署に勾留されてしまうところから物語は始まります!
この手のシチュエーションって、よくある感じですよね、、、

 


そこから、容疑者となってしまった主人公が、警察や真犯人相手に、どう無実を証明するか、アリバイを提示したり崩されたり、そして真犯人は意外なあの人だった……!
というストーリー展開を想像されるかもしれませんが、この整くん、「友達も彼女もいない」という少し変わった人物で、物語は予想外の展開を迎えるのです!

 

洞察力と推理力、記憶力が並外れた整は、聴取されている側のはずなのに、なんと、だんだん警察官の人生相談を受けるようになってしまいますガーン

 

その整の返答は、ひとつひとつにものすごく説得力があってキラキラ

全部書き出したいぐらい好きなのですが、、、

 

 

 

奥さんが妊娠5ヶ月という池本巡査にやり
靴の汚れやシャツのヨレヨレ感から、整は「奥さんとケンカ中」と一目で見抜くのですが、
「警察官は忙しいし、ゴミ捨てはしてるんだから感謝してほしい
という池本に、整は
「ゴミ捨て、どこからしてるのか」
と尋ねます。
「分別して、ゴミ箱に新しいゴミ袋をかける、これを家中のゴミ箱の数だけして、さらに生ごみの水切り、ついでに排水溝の掃除もして、ゴミを全部まとめ、集積所に捨てる」
までがゴミ捨てだと言い、妊娠中で体がしんどい奥さんが、集積所に持っていくことしかしてない池本へ感謝するのは難しいのでは、と言いますぶー

 

そう、これです!

こういうの理解してもらえると嬉しいですよねキラキラ

 

漫画らしい躍動感や疾走感はあまりなく、整がひたすら話すだけに近い、不思議な漫画なのですがイヒ
整の頭の良さと、その独特の語り口調に、読み始めるとあっという間にはまってしまいましたアセアセ

無料部分のあっという間に終わり、課金してしまいましたしょんぼりガーン

 

ほかにもこんなシーンも、、、

 

 

 

 

ちなみにいちばんわたしにどーーーーんと来たのはこちらです右矢印右矢印右矢印

 

 

こういうことを言ってくれる人ってなかなかいないのでうーん

 

漫画ですがいろいろ考えながら読み進めていきたいと思いますにやり