GYSD2008 Pre-Workshopのお知らせ


 「どうしたら、持続可能なプロジェクト運営ができるのか?」

 

 若者や学生の社会への活動は、瞬発力はあっても、持続力がないと言われています。
 社会問題の解決というのは一朝一夕にできることではなく、継続した活動が必要とされています。せっかく作りあげた団体やプロジェクトを継続させていきたいと思っても、様々な事情で挫折してしまうケースも多いのが現状です。

 そこで、IIHOE〔人と組織と地球のための国際研究所〕代表の川北 秀人さんを講師にお迎えし、持続可能なプロジェクト運営をテーマにワークショップを開催します。今回は、「資金調達」と「引継ぎ」をポイントに自分たちの団体やプロジェクトを見直し、今後に向けたアクションを考えていく場を提供します。


日時:2008年3月30日(日)午後1時30分~4時30分


場所:国士舘大学(世田谷キャンパス) 柴田会館
   小田急線「梅ヶ丘」駅下車、徒歩15分
   東急世田谷線「松陰神社前」駅下車、徒歩6分
   渋谷駅南口バス乗場18番「世田谷区民会館行」バスで終点下車、徒歩1分


参加費:1,000円


主催:GYSD実行委員会、
    IAVE日本(ボランティア活動推進国際協議会)


協力:特定非営利活動法人 国際ボランティア学生協会(IVUSA)
    財団法人 青少年交流振興協会


※お問い合わせ・お申し込み
   メールで、gysd@yahoo.co.jp までお送りください。(担当 伊藤)



<IAVEとは>
 あらゆるコミュニティにおいて、生命の尊厳と共生の社会を実現するために、個人や団体のボランティア組織が相互理解と協調の絆を結ぶことを目的として、1970年に設立されました。

 現在世界100以上の国や地域の主要なボランティア活動推進機関が参加し、非営利、非政治的なグローバル・ボランティア・ネットワークとして価値ある社会的役割を果たしています。1987年5月国連経済社会理事会の諮問機関に承認されました。http://www8.plala.or.jp/iavej/

AD