協議離婚の場合


市区町村役場の窓口に離婚届を提出し


形式的要件さえ整っていれば受理されます。




そのため、夫(妻)が妻(夫)の同意を得ることなく


無断で離婚届を提出することがあります。




市区町村役場の窓口は


離婚の届出をしに来た夫(妻)に対し本人確認を行い


確認することができない者があるときは


届出を受理した後遅滞なく


確認することができない者に対し


届出を受理したことを通知しなければならない


とされていますが、届出はすでに受理されていますので


これを無効とするには


離婚無効確認の訴えを起こさなければなりません。




そこで、このような事態を予防するた


離婚届不受理申出制度があります。



離婚届不受理申出制度は


不受理申出書を


本籍地または所在地の市区町村役場の窓口に提出すると


他人が市区町村役場の窓口に離婚届を提出したとき


市区町村役場は本人確認を行い


確認することができなかったときは届出を受理せず


さらに、不受理申出書を提出した者に対し


離婚の届出があったことを通知するというものです。 


離婚届不受理申出の有効期間はありませんので


不受理申出の取下書を提出するか


人自らが離婚の届出をするまで有効です。




自分は離婚したくないのに


夫(妻)が一方的に離婚したいと言ってきた場合は


念のため離婚届不受理申出書を提出すると良いでしょう。