こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみですおねがい

 

週末もセミナーを開催したり、個別相談を受けたりと慌ただしくしておりましたが、

(民泊を新しく始めるために、どのような不動産を探したらよいのか・・・・・と、福島からお見えになった個人のお客様)

元気いっぱいで、新しい週がスタートしましたイルカ

 

先週は浅草のある台東区、本日は六本木のある港区にて、住宅宿泊事業の届出手続きが、完了しました!!

港区では、受理2番目です、と言われました口笛

 

簡便な「届出」手続き、実際は想像以上に大変でした・・・・

どちらも家主不在型の届出でしたので、ご相談を受けて準備を開始したのは2月頃から。

3月15日に住宅宿泊管理業の登録を申請し、登録完了と同時に住宅宿泊事業の届出を行いました。

 

届出を行っている自治体は、申請中の案件も含め他にもありますが、

行政側(区)も初めての制度で手探り状態なのでしょうか。

手続きの流れや、指摘事項、ポイントが自治体により大きく異なりますアセアセ

 

星管轄の消防署へ足を運び事前相談から右矢印工事

星防火対象物使用開始届(東京都)

星消防法令適合通知書の交付申請(東京都以外)

丸ブルー建築基準法適合チェックシートの作成

丸ブルー非常用照明装置の設置工事

丸レッド近隣住民周知の実施・記録の作成

丸レッド住宅宿泊事業の届出書作成・申請

 

事業者としての責務であるハウスマニュアル、避難経路図、交通等の情報提供、宿泊者名簿の作成もお手伝いしています。

 

 

保健所の窓口に出向いた際は、改正旅館業法についてもヒアリングします。

 

お客様の中では、まずは住宅宿泊事業の届出で様子を見つつ、

将来的には旅館業の申請を希望されるケースも多いので(むしろ旅館業が本命!?)、

6月以降に変わる条例の動向もチェックしたいところですウインク

 

何はともあれ、新法施行前に届出が完了してほっとしました。

依頼者も喜んでくださり、とても嬉しいですラブラブ

届出住宅の標識は、まだ発行できないそうなので、受け取ることを心待ちにしています。

 

港区では、まだ届出10件もないそうです・・・・・

(話によると、消防がたいへん込み合っている段階のようですタラー

 

激戦区の港区でこれほどまでに申請が進んでいないということは、東京の民泊は6/15に急減する可能性が高いでしょう。

別の見かたをすると、6月以降は、適法民泊にとってはブルー・オーシャンといえるのではないでしょうか!?

新法施行をきっかけに、法に則した民泊が広がるといいなと思いますウインクキラキラ

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ

 

新旅館業法完全対応「新・旅館業法のすべて」  ゲスト講師に、星野リゾート出身のホテル・旅館コンサルタントが登壇!

2018年5月19日(土)13:30-17:00@NATULUCK日本橋(東京メトロ三越駅前徒歩5分) 大好評終了!!

 

DVD・インターネット版「民泊と旅館業の合法化実務」 

旅館・ホテル営業の最新ノウハウを網羅した、民泊合法化の解説セミナー。石井くるみ著『民泊のすべて』をプレゼントビックリマーク

 

DVD・インターネット版「民泊管理業参入セミナー」 

住宅宿泊管理業参入のノウハウが凝縮されたセミナーが、インターネットで受講できます!!

 

当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』

民泊管理業への参入サポートは『民泊管理業サポートセンター』 をご覧ください。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o