建設業関係の提出書類につき押印の緩和 | 鹿児島でがんばる司法書士・土地家屋調査士・行政書士日記

鹿児島でがんばる司法書士・土地家屋調査士・行政書士日記

高校教師を目指すも一転、人生の天職として、鹿児島で司法書士・行政書士事務所を開業しました。

平成28年から、土地家屋調査士の業務を開始致しました。


テーマ:

鹿児島の司法書士・行政書士の竹之下です。



鹿児島県では、新規許可申請等の建設業関係の書類について、

正本一部と副本二部の計三部をこれまで提出してきました。


そして、それら三部とも全てに押印をする必要がありました。


それが、平成25年5月27日以降に提出する分からは、

正本のみの押印で足りるようになり、副本は押印後の正本の

写しを提出すると変更になりました。



建設業に関する書類は部数が多く、全てに押印をするのは

非常に手間でしたから、今回の変更は助かります。

竹之下さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス