会社の登記懈怠による過料 | 鹿児島でがんばる司法書士・土地家屋調査士・行政書士日記

鹿児島でがんばる司法書士・土地家屋調査士・行政書士日記

高校教師を目指すも一転、人生の天職として、鹿児島で司法書士・行政書士事務所を開業しました。

平成28年から、土地家屋調査士の業務を開始致しました。


テーマ:

鹿児島の司法書士・行政書士の竹之下です。



会社は、登記事項に変更を生じた場合に

その旨の登記をすることになっております。


登記の種類によって異なりますが、役員が変わった・

商号が変わった場合など、その変更を生じてから二週間以内

に登記をしないといけないと定められています。



この登記をせずに放っておくとどうなるかと言いますと、

過料に処せられることになります。


会社法976条1号に

「この法律の規定による登記をすることを怠ったとき」

に該当するからです。



会社法の改正で、非公開会社に限ってですが、役員任期を

10年まで延長することが可能になりました。


会社法が施行されたのが平成18年ですから、役員任期を

10年に伸長している会社は一斉に任期満了をむかえることでしょう。

竹之下さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス