今月決算を迎える、経審点をアップさせたい建設会社様へ | 横浜の行政書士 藤田麻衣子| 建設業許可申請・経審ならお任せください!

テーマ:
横浜の行政書士 藤田麻衣子です。

いつもありがとうございます。



まもなく決算を迎えられる関与先から、経審シミュレーションのご依頼をいただいています。

例えば3月決算の会社。このまま決算が終わると大体こんな感じになる、という予測を元に、次に受ける経審が何点になるかを予測します。

その予測に基づいて、今から決算日までにできることがあれば取り組んでいただきます。

取り組みは決算日までに終わらせる


意外に抜けていることが多いことですが、経審は決算日その日時点について審査されます。

3月決算の会社なら、4月1日に生じたことはその経審には加点項目としては入れられません。

ですので、3月31日までに終わらせておかなければならないことが色々あります。
・建退共の証紙を買う
・上乗せ労災を見直す
・監理技術者資格者証の更新などしておく
・建設機械の特定自主検査を受けておく
などなど。

弊所では点数を意識した取り組みをしている会社様にリマインドを行っています。

経審点だけではなく主観点もシミュレーションする


横浜市の入札参加資格をお持ちの会社様の場合には、主観点もシミュレーションします。

主観点シミュレーションもしなければ、正しい結果を導くことができないからです。

主観点には横浜市発注工事実績や工事成績、建災防加点などが入りますが、結構上下します。

主観点も入れて考えたうえで、もし希望格付にあとちょっと届かない!のであれば経審の方で、仮にコストがかかったとしてもあと少し何か出来ないか考えますし、余裕で届くだろう!のであれば余分にコストをかける必要はありません。

それに何より、申請してみて蓋あけてビックリ!ということを防ぐためにも、可能な限り詳細なシミュレーションが大切です。


格付を決める点数が変わることについて


何度かブログでも書いた気がしますが、平成29、30年度の横浜市の格付を決める点数が発表になったときには度肝を抜かれました。

基準となるボーダーが最大35点上がっていたためでした。

例えば、前は800点あればBだったけど、今回は835点ないとBになれない、というような感じ。

820点あるから大丈夫だな!と思っていた会社さんが、Cに落ちてしまう、ということが起きてしまったのです。

幸い弊所の関与先には想定の格付になれなかったところはなかったのですが、見た瞬間心臓がキュッと縮まった出来事でした。

なんでこんなことが起こるのかというと、10月に定期申請がある時点では格付点数が分からないからなんですね。翌年1月までの実績とか点数が入って、全体のバランス考えて格付点数を決める、とのことなので、どうしたって分かりようが無いことです。

「こういうこともあるのか!」ということを教訓に、更に!今年は経審改正もありますので、それがどう影響するかを気にしつつ、余裕を持った点数で準備していく必要があります。


藤田事務所では経審点をアップさせたい、格付をアップさせたいというお客様のお手伝いをしています。
<ご相談はこちらから>
http://of-kensetsu.com/contact/


ホームページにも経審アップ策をちょっとずつアップしていますので、ご覧くださいませ。
>>藤田事務所ホームページ

---------

2月があっという間に過ぎ去り、3月も早くも半ばです。早い。さすがに早い!

来月頭には引っ越しがニコニコ 

2年暮らした今のお部屋から、4つ上の階に移動です。同じマンション内の引っ越しだから何となく楽な気がしてましたが、冷静に考えるとやること一緒ですよね!むしろ、階を移動するだけなのに全部荷造りして荷解きするところになにかのジレンマを感じ得ない… でも、やるっきゃないよね笑 

ということでダンボールハウスになりつつある我が家。子ども部屋は「思い出の品」という名のトラップがいっぱいですが、出来るだけ目もくれずに頑張りたいと思いますヨッシャー

ではまた!

横浜の行政書士 藤田麻衣子横浜の建設業許可、経審、入札参加資格申請の専門家
各士業をはじめ、専門家紹介も完全無料


<建設業許可ウェブサイト>
http://of-kensetsu.com/



<ご相談・お問合せ窓口>
http://of-kensetsu.com/contact/

メールpink24時間受付中


<取扱業務一覧>
http://ameblo.jp/gyousei-mm0123/entry-10748590838.html

トンカチ建設業許可・経審・入札参加資格申請
記事(白地)各種許認可の申請(宅建業免許、産廃など)
ビル会社設立手続き
など


<行政書士 藤田事務所連絡先>
TEL:045-232-4025
FAX:045-232-4026
〒231-0023 横浜市中区山下町1番地
シルクセンター国際貿易観光会館319

※クリックするとGoogleMapが開きます。


アクセス抜群です!
地下鉄マークみなとみらい線『日本大通り駅』3番出口から徒歩3分
地下鉄マークJR京浜東北線『関内駅』or『桜木町駅』徒歩15分


<藤田麻衣子information>
インスタグラムInstagram
https://www.instagram.com/officefujita/


Facebook
http://www.facebook.com/yokohama.fujita


ペン行政書士って何をする人?
http://ameblo.jp/gyousei-mm0123/entry-10840726009.html


横浜Profile
http://ameblo.jp/gyousei-mm0123/entry-10643710231.html

横浜の行政書士 藤田麻衣子 建設業専門さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス