テーマ:
横浜の行政書士 藤田麻衣子です。

いつもありがとうございます。






久々コンスタレポートです。

建設業経営研修コンスタは、建設業の経営を学ぶための体験型ゲーム研修。BCCの名で生まれたこの研修も、誕生から早3年!自主開催、お招き頂いての講演と会を重ねて参りました。

「もっとこの研修を広げていきたい!」と、昨年インストラクター制度を設けました。

この度、大手建設会社様よりインストラクターのオファーを頂き、先日行われた社員研修で活用して頂きました。



オファーを下さった会社様は


神奈川県茅ヶ崎市に本社を構える、第一カッター興業株式会社様

ダイヤモンド工法、ウォータージェット工法などの工法を用いて、道路や構造物の切断・削孔を行う、JASDAQ上場の専門工事業者様です。

従来の工法ではどうしても避けられなかった騒音、振動、粉塵などの公害を、これらの工法によって安全に、環境に優しく、そして効率的に施工することが出来ます。

技術研究、そして革新を絶えず行い、成長を続ける会社様です。


ホームページだけでは分からない成長の理由


初めてお打ち合わせさせて頂いたのは昨年10月のこと。取締役の足立様、人事課長の安齋様とのコンスタ活用に関するご提案とお打ち合わせでした。

お話して驚いたのは社内研修にとても力を入れられていたこと。入社後の年数にあわせて定期的な研修を行っています。もちろんその裏側には、いかに研修が重要であるかを会社全体で認識しているということがあり、そのための予算も取られています。

形式的なものではなく、テーマやコンテンツを変え、何が最善かを考える中でコンスタを見つけてくださいました。

コンスタを定期的な研修の中に盛り込んで頂ける可能性を見据えて、3月にテストプレイを行わせて頂きました。終わって直後の会議は非常に活発で、問題意識の高い幹部の皆様が社内研修の高い重要性をご認識された上で、コンスタ活用をご検討頂けていることがひしひし伝わってきました。

一度の研修で終わらず継続していく中での一つのコンテンツとして、コンスタをご推薦頂き、今回、6年目研修で活用するタイミングにあわせ、インストラクターのご契約を頂きました。


6年目研修のテーマ【原価管理】


現場に出られる工事部の方々にも原価を意識した仕事をして欲しい、そのためには原価管理を学ぶことが必須であるということから、今回は1日目がコンスタ、2日目が原価管理の講義、という流れで研修が進められました。

私たちは1日目のコンスタのヘルプとして入らせて頂きました。

インストラクターになって頂いたのは人事課長の安齋様。コンスタの説明は、ややこしくて複雑で、よく理解していないとやり辛い、というところがネックの一つでもありました。もちろん基本のルール説明はお渡ししていますが、様々でてくる質問や不明点への応対含め、その場で臨機応変に進めてくださり、完璧な進行をしてくださいました。



電球社員の皆様の会社紹介も動画の後半に入っています。
電球今回の動画よりすべてに字幕が入っているので、消音でもご覧頂けます。でも音があった方がきっともっと面白いです。



今回のコンスタでも様々な出来事がありました。

協力会社を確保出来ずに施工遅延、時間が無い中の交渉・計算、自社施工キャパシティの認識ミス…

一方、初年度から公共案件が立ち始め、最終的にはマリンタワー、赤レンガ、ベイブリッジ、クイーンズスクエア、ランドマークタワーが完成。全体的な施工量も多く、横浜の街には様々な種類の建物が立ち並びました。

いつもコンスタが終わってから動画を見るのをとっても楽しみにしている藤田ですが(笑)今回もたくさんのイイ場面に遭遇出来ました。


「落札出来た!」の後に待っている、いつも時間との闘いとなる施工。



そして大型案件前、ほぼ全員が1卓に集まって話し合う姿。これは毎回必ずありますが、どなたがリーダーシップを発揮するのか?どこの卓に集まって話し合うのか?そのことがその会ごとの街の様子を表していることが多く、興味深い光景です。



最終残金+他社からの投票によって決定した、優勝発表はこちら。専門工事会社として下請の道を貫き、地道に成長を伸ばした「EY社」でした。おめでとうございます!





振り返り/今回のテーマはなんだったっけ?



まずは動画をご覧ください。




そう!原価!(笑) 原価管理がテーマでした。


社員の皆様からの感想にもありました。
【突き詰めるとめんどくさい】

それってとても正直なご意見だと思います。自社の営業キャパと施工キャパを考えて、手持ち資金の中で材料を買って、協力会社を確保して支払う金額も取り決めて、実際に施工する中で起きる様々な問題にも対処して、人件費とか会社が運営するための費用を支払って、利益が出るか考える。

それも、やりながら考えるのではなくて、あらかじめ計画し、その通りに進めていく。更に追い打ちをかける限られた時間。

ざっくり計算出来れば楽なのだけど、それでは利益が残りません。どんぶり勘定は絶対に利益を残しません。 

100ずつ配っちゃダメなのです(笑)

何のために原価管理のことを考えなければならないかというと、利益を生み出すためです。利益は会社が回り、続いていくための原資になります。そのために、原価管理はとっても面倒だけど、やらなければいけないことなのです。

私が今まで見てきた中でも、原価管理がしっかりしている、予算を組み実行していくことを重要だと考えている会社は必ず伸びています。社長か責任者が緻密なことが多いのも特徴なのかなと思っています。

そのあたりのことを私も少しお話させて頂きました。





御礼



入社6年目の皆様の積極的な取り組み方、志の高さ、学ぶ意識の高さはとても素晴らしく、個々の皆様に備わっている力が、こうして充実した社内研修によって更に磨かれ、会社の中枢を担っていくことになります。

その過程の一つにコンスタをご活用頂けたことは大変光栄なことです。足立様、安齋様、そして第一カッター興業の皆様、本当にありがとうございます。

今回6年目研修としてご活用頂きましたが、難易度やルールの変更も出来ますので、新人研修、その他年度の研修としても取り入れて頂く予定とのこと。今後も情報交換、意見交換をさせて頂き、また様々なシーンでコンスタをご活用頂ければ幸いです。今後とも何卒宜しくお願い致します。



電球コンスタ制作を行って頂き、講師も行って頂いているホライズンワークス林さんの【はやしごと】のレポートはこちらです。




横浜の行政書士 藤田麻衣子横浜の建設業許可、ビザ手続きの専門家
初回相談無料
各士業をはじめ、専門家紹介も完全無料


<建設業許可申請サポートセンター横浜>
http://www.of-kensetsu.com/

横浜の行政書士 藤田麻衣子「横浜の街づくり、人づくり」| 建設業の手続きならお任せください!

<藤田麻衣子オフィシャルサイト>
http://www.office-fujita.jp/


<ご相談・お問合せ窓口>
http://www.of-kensetsu.com/contact/

メールpink24時間受付中


<取扱業務一覧>
http://ameblo.jp/gyousei-mm0123/entry-10748590838.html

トンカチ建設業許可・経営事項審査
記事(白地)各種許認可の申請(宅建業免許、産廃など)
ビル会社設立手続き
など


<行政書士 藤田事務所連絡先>
TEL:045-232-4025
FAX:045-232-4026
〒231-0023 横浜市中区山下町1番地
シルクセンター国際貿易観光会館319

※クリックするとGoogleMapが開きます。


アクセス抜群です!
地下鉄マークみなとみらい線『日本大通り駅』3番出口から徒歩3分
地下鉄マークJR京浜東北線『関内駅』or『桜木町駅』徒歩15分


<藤田麻衣子information>
Twitter
http://twitter.com/mamashoshi


Facebook
http://www.facebook.com/yokohama.fujita


ペン行政書士って何をする人?
http://ameblo.jp/gyousei-mm0123/entry-10840726009.html


横浜Profile
http://ameblo.jp/gyousei-mm0123/entry-10643710231.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

横浜の行政書士 藤田麻衣子 建設業連専門さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。