訪問していただきまして、ありがとうございます。

よろしければ、応援のポチッと♪をお願いします!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ


  

 

先週金曜日,国都交通省が「令和2年地価公示結果」を公表しました。

 

国土交通省

 

ポイントは以下のとおりです。

 

全国平均:

全用途平均は5年連続で上昇し、上昇基調を強めている。用途別では、住宅地は3年連続、商業地は5年連続で上昇

三大都市圏:

全用途平均・住宅地・商業地のいずれも各圏域で上昇が継続している。

地方圏:

地方四市(札幌・仙台・広島・福岡)では上昇基調をさらに強めている。

地方四市を除いた地域でも、全用途平均・商業地は平成4年以来28年ぶりに上昇に転じ、住宅地は平成8年から続いた下落から横ばいとなった。

 

背景:

景気回復、雇用・所得環境の改善、低金利環境の下で、

  1. 交通利便性等に優れた地域を中心に住宅需要が堅調であること
  2. オフィス市場の活況、観光客増加による店舗・ホテル需要の高まりや再開発等の進展を背景に需要が堅調であること

が挙げられる。

 

 

なお「令和2年 地価公示」の結果は、「令和2年1月1日時点の地価動向(平成31年1月以降の1年間の地価について」のものです。

現在は、COVID-19(いわゆる新型コロナウィルス)の世界的広がりにより、年明け以降景気が一気に冷え込んでいます。

 

そのため、この統計データに対しては“違和感ありまくり”だと思います。

したがって、今年は、例年以上にこのデータの方向性を、しっかりと頭に叩き込んでおく必要があります。

 

覚えるコツは「全国、アゲアゲ~♪」(EXIT風に)でしょうか(やっぱり違和感ありまくり)。