やる気がさっぱり出ない

訪問していただきまして、ありがとうございます。

よろしければ、応援のポチッと♪をお願いします!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ


  

 

さすがの私も、全くやる気が起きない日があります。

アスリートと同じで、好調のときもあれば、不調のときもある。
「やる気が起きない日」というのは、まぁ後者(不調のとき)に該当するときなわけですな。
 
試験勉強もそうですが、長期間に及ぶプロジェクトに取り組む場合、こういう「不調のとき」をどういう風に乗り切るかが大事になる。
まして、社会人受験生の場合、勉強の時間(プロジェクトに取り組む時間)は貴重ですから、この「不調のとき」はなるべく少なくしたいものです。
 
原因が明らかなであれば、対処の仕方もあるでしょう。
例えば、風邪をひいてしまって頭が働かないという場合、風邪をひかないことや、ひいてしまえば早めに治すよう無理はしない等が考えられます。
 
問題は、原因がよくわからないときや、わかっているのだけど対処のしようがないときです。
こういうときは、打てる手がない(又は限られている)のだから、難易度がググッと上がります。
 
 
個人的な見解として、以下のようなものがあります。
 

1.やることを変える

「飽きちゃっている」としたら、同じことを繰り返してもダルいだけです。
なので、やることを変える(目先を変える)。
 
テキストを見ていたのなら、問題集へ切り替える。
又はその逆です。
テキストも、科目を変えたり難易度を上げたり下げたりする。
 

2.小休みを入れる

「疲れ」かな?というときですね。
昼寝などして、疲れをとるというわけ。
疲れはやる気を奪いますから。
ここから進んで体調を崩したりしますしね。
 

3.やらない

思い切った策ですが、これはどちらかというと、「他のことをやる」ですかね。
勉強ではなく、他のこと、今の季節なら「衣替え」を前倒しでやってしまう。
どのみちやることになるものを、今やってしまう。
上記の「目線を変える」と似てますが、こっちはプロジェクトそのものを前に進めることにはなりませんから、別カテゴリー扱い。
 
 
こんなところかな。
何か他にアイディアがあれば、絶賛募集中です。
 
おーっ、書いてみたら意外といい記事になったぞ。(`・ω・´)キリッ