行政書士になった理由① | 北摂の行政書士 大澤俊明事務所
新型コロナウイルスに関する情報について

北摂の行政書士 大澤俊明事務所

北摂の行政書士。建設業に強い街の経営サポーターです。
建設業許可、経営事項審査、入札参加資格審査申請、会社設立、会計記帳などはお任せ下さい。

池田市、箕面市、兵庫県宝塚市、伊丹市などで建設業許可で頑張っている行政書士の大澤です。

これから何回かに分けて私が行政書士を目指した理由を書いていきたいと思います。

「行政書士」と聞いて皆さんはどう思いますか?

行政書士になってよく間違えられるのが司法書士です。(大体間違えられます)

そんな時、余り訂正はしません。

なぜなら、司法書士さんの業務である登記はできませんが登記までにいたる過程の仕事は行政書士でもできること多くあります。

相談に来られた方に親身になって接すれば、資格の違いなんか大した問題ではないと思います。

また、行政書士は代書屋という言葉も私は嫌いではありません。逆に大好きな言葉です。

行政の書類て中々一般の人には大変なことも多くあると思います。

私たち行政書士は正に国民と行政の橋渡しを担っているのです。

そんな仕事をしていることに誇りをもっています。

私が行政書士になった理由は次回以降にお話しします。

今日は、ありがとうございました。