行政書士は食えないか!? | 特定行政書士 寺島朋弥のブログ

特定行政書士 寺島朋弥のブログ

行政書士法人ふたば代表の寺島朋弥が日々思っていることを自由に書き綴ります。

ずっと昔からネット上では「行政書士は食えない資格」と有名?で、資格予備校の講座宣伝以外ではあまりいい記事はありません。

 

5年前に私が開業するとき…いや結婚前(受験勉強中)から妻もそういったことは当然知っていたわけで、よく承知してくれたなと思っています。

 

中には開業してからの酷い有り様をブログで延々と語って、「行政書士で開業なんてやめるべき」なんて謳ってる人もいるほどです。(苦笑)

 

結論を申し上げますと、その人にビジネスセンスが有るか無いかで天と地ほどの差が出てしまうのが行政書士業だと思います。今の時代、弁護士を始めとする他士業だって同じでしょう。

 

ただ、他士業の場合は、企業に勤務することが認められていたり、先輩の事務所で勤務できる可能性が高い(求人がそれなりにある)ため、本当に「食えない」なんてことにはなりづらいのかなとも思います。

 

行政書士の場合、よほど学閥等のコネがあったり、運が強くないと、行政書士の身分で所得が保証されること(つまり使用人行政書士=勤務行政書士)はありません。つまり、ほとんどの場合、独立開業するしか道がなく、そこから安定収入を得るのは本当に大変なことなのです。

 

特に私のように最初から専業(行政書士業以外は一切副業がない状態)でいく場合、直感と計算を駆使して、軌道に乗るまでとにかく必死に稼ぐしかありません。営業活動だって、詳しくは書きませんが、本当に色々なことを試しました…。

 

ただ、開業前から私が強く思っていたことは、「行政書士ほどビジネスチャンスに恵まれている士業資格はないだろうな」ということ。開業準備中の皆さんが、もしこれと同じことを思っていて、明確なビジョンをお持ちでしたら、きっと大丈夫だと思います。すぐにでも登録・開業しましょう!

 

逆に、法律知識に自信はあっても、経営・ビジネスに少しでも不安があるようでしたら、一歩立ち止まる勇気も必要かと思います。

 

一番の理想は、使用人行政書士や補助者として経験を積むことかと思いますが、それが難しい場合は、安定収入のある仕事(できれば法務に関する仕事)を続けながらやっていかないと、本当に大変なことになってしまうと思います。

 

私も、早く「経営じゃなくても行政書士として仕事をしたい」という人をもっと雇えるくらいの規模の法人にできるよう、頑張っていきたいと思います…。

 

行政書士法人ふたば

特定行政書士 寺島朋弥