これはインカローズ? | 鉱物でぶつぶつ
ペルー産の菱マンガン鉱
犬牙状結晶の群生


ほのかな紅色がたまらない

洋名はロードクロサイト

ギリシャ語で「薔薇色」を意味する

別名インカローズも「薔薇」に由来

インカ帝国の頃
その支配下にあったアルゼンチンの
どこかで採掘していたことから
この名がついたらしい

そりゃ
この色を見せられたら誰でも
「薔薇」と名付けるさ

和名だけ
「菱マンガン鉱」なんて
何だか垢抜けないなぁ

国内のものはあまり
鮮やかなものが出ないからだろうか


「菱」というと
方解石を思い浮かべるが
菱マンガン鉱は
方解石のカルシウムを
マンガンが置き換えているだけで
鉱物種としては同じ炭酸塩鉱物である


方解石同様
菱面体やら犬牙やら
様々な形で現れる


ところでインカ帝国は
15~16世紀に栄えた
現在のペルーに首都があった王朝である

であるが
先にも書いたように
本家本元のインカローズは
現在のアルゼンチン産
ということになる

アルゼンチン産のものは
縞模様が特徴的で
犬牙状のものを
見たことがない

となると犬牙状のペルー産は
厳密には「インカローズ」とは
言えないんじゃないか

そんなモヤモヤが消えない



よろしくですよー
m(_ _)m