とある驚異的表面光沢に関する一考察(アニメ風に) | 鉱物でぶつぶつ

テーマ:
とは言っても
アニメはまったく関係ないです


愛知県新城市
吉川ニッケル鉱山近辺

変成岩帯の蛇紋岩片

薄い緑色が美しいが
この色はニッケルの影響


表面がツルツルなのは
耐水ペーパーで磨いたからではない

蛇紋岩は水を含む

含むと言っても
濡れているとかではなく
分子レベルの話


でも分子レベルでは
ある意味
ビッショビショに濡れていると
言えなくもない

だからかどうか
素人なので知らないが
表面は風化しやすく
粘土質に溶ける


結果として
表面は陶器のように
ツルツルに固まる

一部クリソプレーズ化している
ような気もする


正直、上手に説明できないが
ツルツルなのは
そういう事情

それにしても
こんな岩盤が剥き出しになっていると
登山は大変だろうと思う

実際、蛇紋岩質の岩山では
滑落が多いらしい

山道に分け入ると
蛇紋岩の足場がたまにあるが
確かにあれは危険だ

クワバラクワバラ!



よろしくですよー
m(_ _)m

玉扇太郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ