片面研磨の縞状鉄鉱層片 | 鉱物でぶつぶつ

テーマ:
西オーストラリアの有名な縞状鉄鉱層


世界の鉄鉱石の大部分は
縞状鉄鉱だそうだが
西オーストラリアの鉄鉱石鉱山群を
総称して
ハマスレーという


酸化鉄の層と
シリカ(珪酸塩)の層と
タイガーアイ(虎目石)の層が
幾重にも重なる
神秘的な自然造形物である

この見目麗しいカケラの
縞縞の謎を知ろうとすれば
そこには地球ン十億年規模の
壮大なドラマが
刻まれていることを知るであろう


地球誕生後まもなく
(と言ってもン百万年単位だが)
出現した海には当初
酸素がなかった

それが27億年前に
シアノバクテリアという
原生植物が現れて
光合成をし始めた

すると酸素が
海中にブクブク出てくることになる


海中にブクブク出てきた酸素は
どうなったか

当時の海中には
マグマから溶け出た鉄イオンが充満していた

酸素はその鉄イオンと結びつき
酸化鉄となって海底に沈殿し始めたのだ


それから3億年かけて
海中の鉄をサビさせ尽くした酸素は
どうしたか・・・
(擬人法)

約24億年前



酸素は地上に向かったのである


そういったドラマを刻んだ
このカケラ

見方が少し変わらないだろうか



HP「鉱物でぶつぶつ.com」も
よろしくですよー
m(_ _)m

玉扇太郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス