鉱物でぶつぶつ

テーマ:
タイトルの通り
愛媛県、関川上流
五良津山(いらずやま)


緑閃石と滑石


緑閃石はまるで
エメラルドのような輝き


緑閃石は洋名を
アクチノライト(アクチノ閃石)
といい
語源はギリシャ語で
【aktis】といい
「光線」という意味だとか


確かに強烈な光を放つ


白い部分が滑石


水酸化マグネシウムの
珪酸塩鉱物


何となく
アルミ入ってるような感じもあるが
まったく入っていない

滑石は
モース硬度1の指標鉱物


柔らかさと眩さのコラボ

好きな標本の一つである


よろしくですよー
m(_ _)m