2019年11月05日(火)秋のツーリング | その名も、あきらくん~思いもよらない毎日~

その名も、あきらくん~思いもよらない毎日~

本ブログは行円寺住職小谷明による『個人的ブログ』です。行円寺公式ブログはhttp://ameblo.jp/gyoenji-mainです。こちらもご登録願います。

2019年11月05日(火)、行円寺報恩講も終わり、7日頃には初雪が降るだろうという予報もなったので今年最後のツーリングだなと思いつつ小安~木地山~三途の川とプチツーリングをしてきました。

 

俺、白髪増えたなあ。かといって白髪染めするのもめんどくさいしなあ。

 

 

あちこち見てきましたけど、沢山の店や家が倒壊していました。雪国では人が住んでいない家は一年でダメになっちゃいますね。

 

右折左折の目印になっていた家が解体されていたりして、通り過ぎちゃったりしました。

 

雪国の方なら理解いただけると思うのですが、晩秋から冬に至る時はほんと嫌な季節なんです。雪ならば掃えばいいけれども、冷たい雨がコートや手袋の浸みこんでくる冷たさ、あれが苦手なんです。

 

夏に戻れとまでは言わないけれども、もう少し秋が続いてくれないかなとか思ったりします。

 

ところが、一回雪が降ってしまうと、「いつまでもグダグダしていてもしょうがない。俺はこの寒さ、雪と生活の不便さに正面から立ち向かい、乗り越えてやる!」と覚悟が定まるのです。

 

この心境の変化を表すのに相応しい医学用語が見当たらないため、今回自分が発明しました。その名も、

 

雪国パッカーン」です。

 

雪国生活者にみられる、冬季生活困難という現実を積極的に受け止めようとする心境変化。その時頭がパッカーンとなることからこのように命名しました。

 

一種の躁状態みたいな感じです。

 

見終わったら、押してね!でないと更新しないよ!!

行円寺は京都東本願寺を本山とする真宗大谷派に所属する寺院で、高森顕徹及び「親鸞会」とは一切関係ございません。