行通寺・准坊守のブログ 【 お寺ってなんだろう? 】

真宗大谷派 【行通寺】 に生活しながらいただいている、様々な 出遇い を綴ります…

蓮の葉蓮 なむあみだぶつ 蓮(つぼみ)蓮の葉蓮(つぼみ)

坊守になった釋尼妙音♪です。

2017年3月…おかげさまで行通寺の改修工事が終了しました。

3年に渡る工事は本堂や参道、境内の暗渠に至るまでの大事業となり、行通寺546年の歴史に残る大きな出来事になりました。

今、この時にご縁をいただいた私たち・・・

先人達のご苦労や願いに思いをいたし、皆様からも多大なご協力をいただいて、後の人々にお念仏の伝統を伝えていくことの大切さを確認する機縁となりました。



そして2017年4月16日…
宗祖親鸞聖人の750回御遠忌法要を皆様と共にお勤めし、
本堂改修慶讃法要第25世住職・釋恵照就任披露を厳修できたことに身が引き締まる思いと感謝の気持ちでいっぱいです。

心より御礼申し上げます

これからも皆さま共に…歩んでまいりましょう




テーマ:
有縁のみなさまへ
枇杷島同朋の会 代表 海津 正樹 
枇杷島同朋の会
第130回 
法 話 会 の ご 案 内
〜 御遠忌からの はじまり 〜

 昨年から法話会やお寺の行事がイス席となり、足の難儀な方も安心して過ごせるようになりました。
 今年も枇杷島同朋の会ではみなさまとご一緒にお話をお聞きする法話会を下記の通り開催してまいりますので、ぜひおいでください。

 このたびの講師、小林先生は若い力を三条教区の教化活動に発揮され、教区同朋の会の教導の代表もされています。枇杷島同朋の会に2年半ぶりにおいでいただくことになりました。

初めて来られる方が増えています。新しい年を迎え、行ってみようかな、聞いてみようかな…と思う方々を枇杷島同朋の会一同、お待ちしております。
〈 記 〉

日時  1月20日(土) 
午後2時より 4時頃まで
会処  行通寺 本堂
講師  小林 智光 師
(小千谷市片貝 浄照寺 当院)
講題  『 神さま と 仏さま 』
〜門徒 もの知らず過ぎ !?〜

会費 お賽銭をもって会費とさせていただきます

【今後の法話会】
第131回 今泉 温資 師(3/24) 
第132回 渡邉 豊 師(5/12) 
第133回 田澤 一明 師(7/21)
第134回 多田 誓 師(9/8) 
第135回 北島 栄誠 師(11/10)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「いごねり」をいただだきました〜アップ
合格なんと・・・キラキラ手作りキラキラです音譜

柏崎では「えご」「えご草」、「いご」「いご草」と言って、海草を煮溶かし練って羊羹のように固めたものを切って酢味噌などでいただきますが・・・
住職のふるさと佐渡では薄くして固めてロール状にし、きしめんのように細く切ってお醤油でいただきます。

佐渡のソウルフードで「いごねり」と言います。
 ネギのせてめんつゆかけるのお気に入り音譜

ご門徒のひさこさんは佐渡のご出身で、ご自分で作ったいごねりをくださいました。
キラキラツルツルぷるぷるキラキラの素晴らしい食感といごの香りラブラブ
おかあさん。感動ですお願いキラキラ

どうやって作るんだろう。
いごがロール状になり、この食感になるように作るのは難しいだろうなあ。
エプロンぜひ入門してお習いしたい〜音譜

ポイントいごねりをキレイに切る方法(我流です)は過去のブログに掲載しました。
コチラです右矢印「いごねりをキレイに切りたい!」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年もいただきましたアップ
みごとなゆず「ゆず」ゆずたち~ラブラブ

この冬から来年の冬までキラキラ一年間キラキラわが家でいただく
自家製「ゆず味噌」「ゆずポン酢」を作ります音譜

おかあさん。どれだけできるかな〜はてなマーク

ポイントまずは「ゆず」をしぼります。

皮のキレイなところは
「すりおろし」と「千切り」に。

合格「ゆず味噌」を作ります音譜
【作りやすい分量】
・味噌 ・きび砂糖・・・各400g
(ざらめと半々でもOK
・ゆず  大3個分(果汁100ccと皮)
・好みで塩、みりん、昆布だし顆粒など

①鍋(テフロン加工や厚手のもの)に味噌と砂糖を入れて混ぜながら火にかける。

②中火→とろ火でひたすら混ぜる(砂糖が色づき焦げやすい&ハネやすいので注意)
※練り初めて2分くらいで褐色に。

③10~15分位かけて練り上げる。
(ポテっとするかんじ)

④火を止めてゆず果汁と皮(すりおろしと好みで皮)を加え、ゆっくりよく混ぜる。

⑤再び弱火で練り上げる。(ゆるくなりタラタラの状態でOK)

⑥仕上げにお好みで皮をもう少し加える。

※ユルユルだけど、冷えるとちょうど良い堅さになります。
熱いうちに保存瓶などに移し、冷蔵庫で一年は大丈夫音譜
ポイント使うときはレンジで温めると柔らかくなります。

「ふろふき大根」に…

他に「こんにゃくの田楽」「おかゆ」にも良いし、カラシと酢を加えると簡単に「酢味噌」ができるので、春は「ホタルイカ」夏は「いご」(えご)や和え物、冷やし中華のアクセントなどにも…OK

残りの「ゆず」で
合格「ポン酢」を作ります音譜
【作りやすい分量】
①みりん(煮きる)150cc
②白だし 50cc
③しょう油
④ゆず果汁+皮のすりおろし…200cc
(他の柑橘類の果汁を混ぜるのもオススメ…カボスなど)
⑤酢
⑥好みで砂糖、塩、昆布だし顆粒など

※①〜⑥の順に鍋に加え、みりんの後は沸騰させない程度に加熱する。
保存瓶に入れて冷蔵庫で一年は大丈夫音譜

鍋物はもちろん、酢の物やサラダ、餃子のたれ、ところてん…肉にも魚にも野菜にも何でも使える「味ポン酢」ですOK
皮は沈み香り成分は浮くので、よく振って使います。

おかあさん。どちらもとっても簡単で、おいしくて作り甲斐があります🎵
ゆず味噌は…もう一回くらい作ろうっと音譜ゆず
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
栃尾の「星長とうふ屋さん」は「おぼろ豆腐」が有名ですが
店頭でいただけるしぼりたて熱々のキラキラ新鮮なおからキラキラで作る
「おからサラダ」合格好評〜ラブラブ

しかもなぜだか日持ちもするんです!
ポテトサラダのヘルシー版と思って・・・かえってこちらにハマってしまうかもキラキラ

【材料】
・おから・・・こぶし二つ分くらい
・タマネギのみじん切り 大さじ2
・きゅうり・・・1本
・パプリカ・・・2分の1コ
・リンゴ・・・小2分の1コ
・ツナ缶・・・油漬け1缶
・調味料・・・白だし、マヨネーズ、塩コショー

※分量とか適当だし写真を撮らなかったので、詳しい作り方はまた作ったときに追記でアップしたいです。

①きゅうりとパプリカは賽の目に切って塩をして水気を絞る
②リンゴは賽の目に切って塩水に通しておく

③タマネギ(紫のがあればなお良い)はみじん切りにして塩をしておく。水にさらさなくて良い。

④ボールにタマネギを入れ、ツナ缶を油ごと入れ、白だし、塩コショーを加えて和えておく。

⑤おからを加えて「お箸」で混ぜながらマヨネーズを少しずつ加える。

⑥残りの具材を入れて混ぜ、味を見ながら、白だしや塩コショーで好みの味に。マヨネーズはポテトサラダの時よりかなり少なくて大丈夫です)

シャキッと野菜と甘酸っぱいリンゴがアクセントで食べやすいです。
おからは加熱した豆をしぼってあるのでそのまま食べられます。
ツナ缶の油漬けとタマネギがおいしさの秘訣かもおかあさん。


おからは傷みやすいと思ったけど、だしを加えて調理する「おから」とは違って、水分がないところにマヨネーズやツナの油が入るので傷みにくいのかもしれません。

夏場でも冷蔵庫で何日も大丈夫でした!
食べちゃったので何日持つかは不詳〜汗
ぜひお試しを音譜
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お坊さん今年最後のお講で〜すお願い

昨日から雨雪雨・雪が降り、外は大荒れ雨・・・涙
みなさんお参りいただけるかなあ…

どうかご無事で来てくださいお願いと心配していました。

お寺は全館?暖房がきいていて…ポカポカですよ〜音譜

庫裡で「甘酒」をいただいた後、お勤めをしてご法話をお聞きします音譜


おかあさん。あせるバタバタしてて、甘酒の写真が撮れませんでしたダウン

でも熱々の甘酒ラブラブ生姜も入ってポッカポカ甘酒

「しまい講」のお斎は「大根」が主役です大根

素晴らしい大根をいただきました!


大根の葉も保存して大事にいただきますキラキラ



そして・・・
【今日の献立】

・甘酒(自家製)・・・薬味に生姜とすり胡麻
・大根と茄子の味噌漬け

お斎
・お平(炊き合わせ)・・・がんもどき、車麩、季節の野菜(かぼちゃ)
・煮しめ(柏崎ののっぺ)・・・里芋、椎茸、人参、こんにゃく、油揚げ等のとろっとした煮物
・昆布煮・・・三陸産切り昆布の炒め煮
・ごうぎあえ・・・大根のごま味噌和え
・ごはん・・・柏崎コシヒカリ新米
・味噌汁・・・豆腐とねぎ

取り回し
・きんとき煮豆
・ふろふき大根の菊餡
・漬け物三種・・・たくわん、野沢菜、白菜の切り漬け



台所方はお斎の準備!エプロン
「しまい講」では「ごうぎあえ」を作ります。

「ごうぎあえ」は行通寺に伝わる?大根のごま味噌和え。
 唐辛子が入っていてピリッと辛いのです。

これまた、ポッカポカラブラブ

大根を短冊に切って、鍋でから煎りして柔らかくなったら



布袋に入れて水分を絞ります。


ごまを煎って擂り、砂糖・味噌・一味唐辛子で作った和え衣で和えます。



「ふろふき大根の菊餡」
良い大根をたくさんいただいたので作ってみました。
先月いただいた菊を冷凍保存していたので、大根菜と合わせてふろふき大根にかけてみました。


おかあさん。…なかなか…良くできたみたい

これもトロッと熱々ポッカポカラブラブ
みなさんの笑顔も…ポッカポカドキドキ音譜




次のお斎のある行事は、3月20日の「彼岸会二十日講」です。

菜っ葉(二月菜)のおいしい一品を作る予定ですエプロン

おかあさん。ぜひお参りくださいキラキラ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。