こんにちは、所員の箕本です。

毎日暑いですね、夏が本気を出してきました。
早起きしてちょっとだけ涼しい空気の中で、ヒグラシの声を聞くと、なんだかホッとします。


今回は建設業の許可申請について、

どうやったら取れる?

という観点でまとめてみます。

======================================
建設業許可には大臣許可と知事許可、

更にそれぞれ一般建設業と特定建設業の、2×2の4種類があります。


このブログでは知事許可で一般建設業のものについて、まとめます。

弊社に問い合わせがある案件のほとんどが、知事許可で一般建設業に関するものです。
もちろんん、大臣許可と特定建設業についても、ご相談をお受けしております。

知事許可=ひとつの都道府県に営業所を設ける場合
一般建設業=特定建設業に該当しないもの

↓詳細(国土交通省HP)
https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/1_6_bt_000080.html

======================================

弊社で受任する許認可手続きの中で断トツに多いのが、建設業許可に関係するものです。


建設業関連の手続きと一口に言っても、色々あります。

  • 新規許可申請
  • 更新許可申請
  • 業種追加
  • 決算変更届
  • 役員等の変更届


等々、あります。


さらに言えば、

・経営事項審査
・入札

と、関連手続きと言えなくもないものなどもあります。


そんな多様な建設業関連の手続きの中で、

ご相談内容として最も多いものが「新規許可申請」です。


つまり、建設業の許可を持っていない個人事業主さまや法人さまが、

「新しく建設業の許可を取得したいけど、どうなの?取れそう?」

と疑問を持たれて、弊社へご相談を頂いております。


そんな【建設業の新規許可申請】には、絶対に外せない3つのポイントがあります。


そのポイントとは、


①500万円以上の現金があるか?

②建設業の経営経験があるか?

③許可を取りたい業種の資格や経験があるか?


です。※かなり簡単にざっくりとまとめています(^^;


それぞれのポイントをもう少し掘り下げてみます。



~①500万円以上の現金があるか?~

・通帳に500万円以上の現金がある
・資本金500万円以上で法人を設立して、まだ1年経ってない


以上のうちどちらかに該当すれば、まずは第一関門クリアです!



~②建設業の経営経験があるか?~

・建設業の会社で、役員を5年以上していた
・建設業の会社で、役員みたいなことを6年以上していた
・建設業の会社で、工事を管理する立場を6年以上していた
・個人事業で5年以上やってる


以上のうちどれかに該当すれば、第二関門クリアです!!


~③許可を取りたい業種の資格や経験があるか?~

・建設業関連の資格がある(指定されたものに限ります)
・指定学科を卒業して、必要な経験を積んだ(3年~5年の経験)
・10年以上の経験がある


以上のうちどれかに該当すれば、第三関門クリアです!!!




どうでしょうか?3つのポイントは満たせそうですか?

もちろん、実際に許可申請を進める場合には、

更に細かい要件を確認していくことになります。


それぞれの要件の合わせ技を使える場合もあります。


とはいえ、ケースバイケースというとそれまでですが、
思いのほか簡単にクリア出来ることもあれば、
逆に手続きを進めるうちに予想外のハードモードに突入することもあります(^^;


もし、建設業の許可申請をお考えの場合は、
是非、一度弊社の無料相談をご利用ください!

 

ご連絡お待ちしております。

あけましておめでとうございます!所員の箕本です。



早いもので今年に入って、もう10日以上も過ぎ去ってしまいました。

長かった年末年始休暇さえも、今となっては遠い過去の出来事です。
まるでワープしたかのように、通常業務(やや忙しい)が始まりました。。


そんな記憶の彼方に飛び去ってしまいそうなお正月の読書感想など、
年末に続きそんな他愛もない日常の出来事を綴ってみます。



「極夜行」 著:角幡唯介


凄い不眠症のお話ではないです。
夜な夜な街を徘徊する夜行性の不良(ワル)の物語でもありません。
ナイトタウンを跋扈する大人たちの妖艶なドラマでもありません。
或いは深夜に遠距離を運行する幻の…、しつこいですね。


著者は冒険家です。そしてノンフィクションライターです。

この本は、著者が北極圏の極夜を1匹の犬と共に4ヶ月間、旅をしたお話です。
真冬のグリーンランドの北の外れを、犬ぞりで旅をしただけの内容です。
しかも未開の地でもありません。

だから、普通に考えるとどこが冒険なんだろうと思います。


著者が言うには、極夜に旅をすることが冒険だということのようです。

極夜とは白夜の逆、つまりずーっと夜の時期です。
一日中というか四六時中、太陽が昇らない時期です。

高緯度地域だからこその自然現象です。
私も北海道にいたころ、冬の時期は16時過ぎには真っ暗だった記憶があります。


そんな暗闇の時期に北極点に近い僻地を旅してきたお話でした。


一日中、太陽が昇らない世界。
光るものは星と月のみ。

まるで別の惑星のようだと表現されています。

暗闇なので風景はほとんど見えません。

夜だからそんなの当たり前なのですが、
朝がくるのは4か月後です、と言われると困ってしまいますよね。

氷床という氷の砂漠のようなところや、
ツンドラと言われる低湿地地帯とか、
そんなだだっ広い世界で、移動の目印は月と星のみという原始的な旅。


時にユーモラスに語られる文章から、

そこが死と紙一重の世界だと忘れてしまいそうになります。
ですが、その旅が進むにつれて、まさに生死を掛けた冒険の世界に引き込まれていきます。


果たして無事帰ってこれるのか…(帰ってきてるから本になってますが)


ラストまで気が抜けない、素晴らしいノンフィクション本でした。
こういうサバイバルな本を読むと、根源的な生命力が漲ってくる気がします。

冒険は無理ですけれど、どうにも歯が立たない自然を相手に、
バカヤローとそれこそ死に物狂いで行動する様は、熱い気持ちにさせられます。

そして、フッと生死の境目を失い幸運に恵まれる瞬間。
それは決してあきらめや投げやりなものではなく、命の強さのようにも感じます。


犬が、一緒に旅をするエスキモー犬がいい奴なんです。

是非、ご興味ある方は読んで見てください。


ちなみに本屋大賞等、各賞を受賞しています。

こんにちは!所員の箕本です。

早いもので今年ももう終わりです。
28日が仕事納めという方も多いのではないでしょうか。

弊社も12/29~1/6まで年末年始休業となります。


今年は9連休となるので、旅行など行かれる方も多いのかと思います。
私は特に旅行の予定もないので、読書と映画と休養を存分に楽しむつもりです。


ところで、今日の題名にもありますが、
年末年始の思い出と言えば、皆様色々あるのではないでしょうか?

子どもの頃、親戚一同が集まっていたとか、
友達と集まって年を越したとか、
恋人と手をつないで初詣に行った記憶とか、
フツーに仕事だったときとか…

色々あると思います。
もう二度と出会えない人とか、訪れない場所とか、時間とか。

今回のブログでは、ちょっと私的な年末年始の忘れられない思い出を綴ってみます。



私はまだ25歳くらいだったと思います。

大晦日の夜、ネパールの山の中に居ました。
標高は3000メートルを超えていて、ヒマラヤトレッキングの途中でした。

小汚い山小屋のような民家のような宿で、
ヤクという家畜の糞を燃料にしたストーブを囲んでいました。

外はマイナス20度を大きく下回り、室内に居ても冷気が背中に貼り付いてきます。
目の前にはイタリア人のカップルが居て、私の隣にはガイドに雇ったシェルパが居ました。
他に宿泊客はいませんでした。

食事を終えて、なんとなボンヤリとヤクの糞が燃えるのを眺めていました。
誰も特にしゃべることもなく、私が持ってきたカセットテープの音楽を再生して聞いていました。

カセットからはジョンレノンの「LOVE」が流れていて、
この上ないロマンチックな状況だなぁと、ラム酒を飲みながら私が思っていると、
目の前のイタリア人カップルが見つめ合いながら口づけをしました。

彼等にとっては素晴らしい愛の思い出になるんだろうなぁと、
私はガイドのグラスにラム酒を注ぎながら、演出家にでもなった気分で年を越しました。

翌日は近所の丘に登って、初日の出を拝みました。
丘と言っても富士山と同じくらいの高さです。
ヒマラヤ山脈のアンナプルナ連邦が朝日に照らされて、とても美しい眺めでした。


翌日、元旦の深夜に高熱が出ました。
食事を全く食べられなくなり、1時間おきにトイレへ行きます。

街までは歩いて3日はかかる所でしたので、寝るしかありませんでした。
マイナス20度の夜に、朦朧とした意識でガタガタと震えるしかありませんでした。

翌日の朝になっても症状は変らず、丸2日間寝込みました。
ヘリコプターでの救助を頼むことも、チラリと頭に浮かびました。

実はここに来る前に、3週間かけて別のトレッキングルートを歩いていました。
そのときにゴーキョという5000メートル級の山にも登ったのですが、
若かった私は高所を舐めていて、お酒とかタバコとかを控えることなく、
酸素濃度の著しく薄い世界で、体調を大きく崩してしまっていました。

そのままアンナプルナへ来ていたので、無理が祟ったのだと思います。
大袈裟ですが、生きて帰ることだけを考えていました。



あれから約20年が経ちます。

お察しの通り、その後はヘリコプターのお世話になることもなく、
無事帰宅出来ました。帰宅してすぐ父親から「病気か?」と言われるくらい痩せていました。


あの頃思っていた将来の自分とは、随分違うことになったなぁと思うのですが、
良いとか悪いとか、夢が叶ったとか夢破れたという感覚ではないです。
なんとなく想像と違うなぁ、という感じです。

誤解を恐れずに言えば、まだまだこれからだという気持ちが続いています。
ただ、昔と違って自分の限界を思い知る機会を多く過ごしてきました。


Asumiaに転職して、初めての年越しです。
まだまだこれからだという気持ちで、来年も過ごしたいと思います。

こんにちは!所員の箕本です。

今回のブログも、法人設立にまつわる素朴な疑問について書いてみます。


「資本金っていくらがいいんですか?」


株式会社と合同会社の設立を希望される、ほとんどの方がそう質問されます。

設立手続きを進める中で、必然的に「資本金いくらですか?」とこちらから聞くことになるので、
聞かれる方としても、すでに金額をある程度決めていても、

「一応聞いてみるか」

と言った感じで聞かれることも多いのかな、と思います。

いずれにせよ、実務的には何円でも設立は可能なので※1円未満はダメ
こちらから積極的に具体的な金額をお伝えすることは、あまりないです。

そもそも相談者様から提示される資本金の額は、いつも妥当な線を抑えられています。

なのであまりウンチクを言うこともないのですが、
これから設立をお考えの方に少しでもお役に立てればということで、
資本金について私なりにまとめてみます。



【資本金って何?】


そもそも資本金って使えないの?


かつての私はそう思っていました。

資本金と聞けばなんだか会社の基礎みたいな感じがします。
動かしてはいけない、土台のようなものかと思っていました。

身体が資本とか言いますし、会社にとって身体みたいなものなのかと、
より混迷を深める思索に耽って無駄な時間を費やしたこともあります。


で、答えは簡単でした。

資本金とは、会社のお金です。
資本金とは会社が使えるお金です。

金庫にしまっておいて、漬物のように寝かしておくものではないようです。



【資本金の額を考えるときの基準とは?】

そこで、より具体的なことにフォーカスします。

~運転資金~
資本金を、ただ「会社が使うお金だ」と定義すると、
当面の運転資金や設備投資金だと思えば、具体的な数値も出しやすいと思います。

営業活動をしていく以上は、まずはお金が必要です。
その最初に使うお金を資本金と考えると、
必要な金額が見えてくるのではないでしょうか。


~信用~
資本金は絶対に使わなくてはいけない、という訳でもないです。
いつでも使えるお金なので、多い方が安心感があります。

弊社でお受け出来る規模の法人設立であれば、
3ヶ月程度の運転資金として十分な金額以上は必要ないと思いますが、
これより大幅に少ないと、経営大丈夫かな?という印象が生まれます。

つまり1円とかで設立してしまうと、

ホントに営業活動するの?

と疑われても仕方ないですよね。
実体が疑われる会社を信用出来るのか、という理屈です。

悪いとか正しいとかではなく、創業したばかりの会社の「信用」を計るには、
資本金の金額が、全体のつながりの中で大きな意味を持ってきます。

具体的には、
融資を受けるとか、法人の銀行口座を開くとか、取引先からの評価とかです。

じゃあ、資本金は多ければ多いほど良いのか!?
というと、そうでもない事情もあります。


※例外として…
会社として対外的な信用がそれほど必要ない場合もあるかと想像します。
例えば個人的な信頼関係のある顧客が沢山いて、法人の体裁のみ必要とするようなときは、
資本金で得られる信用とか関係ないのかな?と思ったりします。


~消費税対策~
資本金1000万円以上だと、消費税の納税義務が免除されなくなります。
↓こちらの国税庁ホームページに詳しく記載されています。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shohi/6503.htm


~許認可~
許認可の種類によっては、資本金の金額が一定額以上必要になってきます。
また一定額以上あることで、手続きがスムーズになることがあります。

もし、設立会社で行う業務が許認可が必要なものである場合は、
まずは、資本金の影響について考慮しなくてはいけません。



以上、簡単にまとめてみました。



では、ここからは、
私が開業するなら資本金をいくらにするのか、シミュレーションしてみます。



そうですね…

「資格勉強のwebカウンセリングサービス会社」を始めるとします。


まずはアパートを借ります。家賃は5万円。
※想像ですので現実的なツッコミはご容赦くださいm(_ _)m

パソコン、ソファー、デスク、電話、敷金等の初期費用は100万円。
※ここを創業融資にする手もあります。

家賃5万円+水道光熱費1万円+通信費1万円+広告その他…で、
固定費は月々15万円とします。

正社員を2人雇うとします。※いきなりですが…
正社員月給25万円×2人×3ヶ月=150万円

毎月の経費は
15万円×3ヶ月+150万円=195万円
※ここを創業融資で賄うことも出来るかもしれません。

初期費用100万円+3ヶ月間の経費195万円=295万円

ということで、切りよく300万円の資本金で設立します。


創業融資が通れば、資本金の使い道はさらに自由度が増します。

※ちなみにですが、創業融資は法人設立後に受付開始となりますので、
 まずは手元に300万円の現金があることが前提のシミュレーションとなります。
 現金の代わりに物で出資することも可能ですが、ここでは触れません。


如何だったでしょうか?

これから会社設立を考えていらっしゃる方にとって、
何かしらの参考になれば嬉しいです。


最後まで読んで頂いて、ありがとうございました!

こんにちは!所員の箕本です。

法人設立を担当するようになって、色々と素朴な質問を頂くようになりました。
今回のタイトルも素朴ゆえに、業界的には設立あるあるかと思います。

実のところネット検索すれば、様々な視点から専門的な情報を得ることが出来ます。

もちろんネット検索では得られない、
経験を活かした現場の意見を提供したいと常々思って精進しておりますが、
それでも、グーグル先生が頼りになるのは事実です。(;'∀')

ともかく、頂いたご質問に対しては、
弊社のあらゆるリソースを駆使して回答させて頂いております。
グループ内の他士業とも連携しながら、
ご相談者様にとって最適なご提案を心がけています。

で、今回のタイトルについて、上記のような士業スタンスからちょっと離れて、
個人的にどう思うのか?といった視点から考えてみます。


~もしも、私が会社を作るなら~

合同会社設立のメリットとデメリット
株式会社設立のメリットとデメリット

ってなんでしょう?

合同会社
メリット→設立費用が安い・手続きが簡単・役員任期が無い
デメリット→認知度が低い・信用度が低い・当然上場とか出来ない

株式会社
メリット→認知度高い・信用を得やすい・頑張れば株式上場してニュースになるかも
デメリット→設立費用が高い・手続きがひと手間多い・役員任期ある

他にも色々あるとは思いますが、案外、明確な違いは見当たらないです。
少なくとも、もし私が起業するとしたら、上記のような事を天秤にかけて判断します。

じゃあ、どう判断するのか?

例えば、ホリエモンこと堀江 貴文さんに憧れて企業するとしたら、迷わず株式会社です。
第2のライブドアショックを起こす起こさないは別として、その方がその気になれます。

安く設立したいのであれば、合同会社です。



実のところあまりこだわりがありません。
あくまでも個人的には、どちらも甲乙つけがたいです。

営利法人として、各所からの基本的な取扱いに差異はありません。

合同会社で設立して、規模を大きくしたくなったときに株式会社に変更するのもありですし、
最初から株式会社として設立し、地域密着で信用度の高い安定経営を実現できれば、
それも凄いことだと思います。

ただ、設立費用は合同会社の方が安いです。
株式会社は知名度があって、なんとなく格上のような気がします。
そう思う人が一定数います。
郷に入れば郷に従え、といったことも商売上は重要だと思います。

どちらが自分の会社にとってメリットなのか、デメリットなのか?
そういった基準で判断します。

有名なのが、あのアマゾンの日本法人が合同会社に変わったことです。
では、いったい何故あの天下のアマゾンが、合同会社になったのかというと…
大会社ならではの理由があるようです。詳しくは知りません。

もし私が企業するときに、株式会社か合同会社か迷ってしまったとしても、
アマゾンは参考にならないと思います。
ならないというか、まだ早いです(笑)

と、ここまで偉そうに書いていて、ちょと恥ずかしい思いです。
何故かというと、私は起業したこともないですし、
起業できそうな事業を持っている訳でもありせん。

法人設立のお手伝いをさせて頂きながら、
皆様の勇気とか覚悟とか実力とかにいつも感銘を受けています。

そんな私が起業するとしたら、単純に初期コストの安い合同会社にします。



ですが、株式会社と合同会社の初期コストの差は、15万円程度です。

もちろん専門家の手数料や、状況によって多少の上下はありますが、その程度の差です。

 

安いから合同会社にするっていう考えも間違ってはいないと思いますが、

それだけの理由って、ちょっと物足りないような気もしてきます。

 

では、まったく同じ費用だった場合にどちらにするのか?

と、考えてみると、どちらも一長一短があって悩みます。

 

結局、明確に「こっちが良い!」という回答は、まだ私には見つからないようです。

坂之下です。

「商工会議所」って名前は聞いたことあるけど…
実際にはよくわからないという話をよくお聞きします。

弊社が広島商工会議所に入っているからというわけではないのですが、
ご参考になればと思います。

商工会議所がどんな組織かというのは省略しまして、
どんなことをしているかというと、
・検定事業
・研修、セミナー事業
・共済事業
・異業種交流会
・福利厚生支援サービス
・経営相談
・専門家指導

・・・など様々なことをしています。

 

例えば、広島商工会議所では福利厚生について

・生命共済制度
・特定退職金共済制度
・個人年金共済制度
・PL保険制度

・経営セーフティ共済

・総合火災共済制度

・自動車事故費用共済

・生活習慣病健診

・PETがん健診

などがあります。

 

なかでも、

「経営セーフティ共済」とは、

取引先事業者が倒産し、売掛金債権等が回収困難となった場合に、貸付けが受けられる共済制度です。

 

また、「研修、セミナー事業」では、色々な研修をやっています。

会員無料のWEBセミナーにて視聴率1の

「すぐやる人」になるための仕事のやり方(株式会社 代表取締役鈴木氏)

のセミナーを視聴しましたが、とても参考になりました(*^▽^*)

 

商工会議所はこのように有用な情報や活動がありますので、ご参考になれば思います。

 

以上、東京商工会議所が主催するビジネス実務法務検定を受けようと思い、

申込んだものの支払期限を間違えて受講できなくなかった坂之下がお送りしました(o´・∀・`o)

冬はいよいよ簿記3級を受験しようと思います( ̄∇ ̄+)

次は期限を間違えないよう気をつけます(´・ω・`)

 

お別れではなく、クワガタです!!

こんにちわ!坂之下です

 

我らがあすみあグループの代表の大山先生からとてつもなく大きなクワガタを見せて頂きました。

その名も「オオクワガタ」さんです!

(そのままですねヽ(*>∀<*)ノ)

 

実家は田舎なので夏は夜に電気に寄せられてクワガタさんやら遊びにきてくれましたが、

比にならない大きさでした。

 

生後7年ということでした。

大事に育てると長生きするんですね~

 

川沿いをお花見がてら散歩しました。桜がとても綺麗でした。

 

 

1月も終盤ですがあけましておめでとうございます。

引き続きましても坂之下です。

2月の3連休にカープキャンプの見学に地元宮崎帰れたらいいな~と思っております。

連続で投稿しても

いつ投稿しても

記事の内容(多分)も

自由で良いということで

代表にも他のスタッフにも感謝しております。ショボーン

 

住宅宿泊事業法が平成30年6月15日に施行されます。

そういえば、地元のDIY仲間も持ちアパートの空き室をつかって民泊業で会社開業してたんでした!カープキャンプ行くことが決まれば宿泊できるかきいてみようと思いますニコニコ

開業ってほんと凄いです!

開業される方の勇気や踏み出すエネルギーってほんと尊敬します!

私もいつかなにか生み出したいです!

1月に設立完了し担当させていだきました皆様のこれからの事業の発展とご活躍を影ながら応援しております。今まで担当させて頂いた皆様はもちろんです!

2月の設立に向けて準備中の皆様も引き続きよろしくお願いします。

 

なんと!株式会社設立の登録免許税が最大半額に!!

創業支援事業計画に係る創業セミナーについて(広島市)

http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1416289911100/index.html

情報ってほんと大事だとつくづく思います。

 

ーーーーーーーー

【ざわ…】

「一生迷ってろ…!そして失い続けるんだ…貴重な機会(チャンス)をっ!」(利根川幸雄)

 

ということで、私がまだ踏み出せていない内にチャンスが終わりそうな仮想通貨を取り上げてみます

昨年末に占ってもらった占い師さんに金運をオラクルしてもらい、

「仮想通貨とかどうですかね~?」と軽く聞いたところ、

「なぜ、仮想通貨というものがうまれたのか」というところから考えるべし

というような趣旨の話をされたので、調べてみました

(知りたかったのは仮想通貨で私が取引して儲けられるかどうかだったんですが(笑))

 

1.歴史

仮想通貨の始まりである「ビットコイン」の歴史は

「サトシ・ナカモト」さんが2008年か2009年かその頃に発表した論文から端を発したそうです

原文 https://bitcoin.org/bitcoin.pdf (英語で???でした)

coincheckで訳された日本語Ver https://coincheck.com/blog/292
(coincheckはFacebookアカウントさえあれば始められるできる取引所だそうです)

(同月29日追記「coincheck」セキュリティで色々あって1月26日大変な事件が起きていました)

生まれたきっかけは、

「取引において中央銀行という第三者を通さない格安で安全な送金の実現」

要はスーパーを通さず農家から直接野菜を買うってことですね!(発想が安易ですみません)

 

2.イメージ

代表に「仮想通貨はどことなく怪しくて胡散臭いイメージがあるけどそんなことはないんだよ。」

と教えてもらいましたが、私は無知だったのでなんとなく取り扱いの難しそうなイメージや電子マネー的なイメージしかありませんでした。
世間一般であまり良くないイメージがつく原因がちゃんとありました。
それが「マウントゴックス取引所の破綻」だそうです。
「世界最大のビットコイン取引所の社長が悪いことしたせいで取引所が破綻して、その影響で利用者が大きな損失を受けた」

それでまぁ損するイメージがついちゃったみたいですね

そもそも良く知られていない世界なのでそれだけではないんでしょうが

 

3.ブロックチェーン

日本語だと「ブロック」=塊、「チェーン」=鎖ですが、

ブロックチェーンの「ブロック」は情報(ビットコインの取引履歴)の塊を意味するそうです。
一定量の情報が集まると一つのブロックが完成して、次の新しいブロックが作られ、それが鎖のようにつながっていく

もしブロックの情報が書き換えられると鎖で繋がれている他のブロックにも影響が出ます。
そこで、ブロックができて繋がれていく様子を利用者が監視していること、

ブロックが連鎖している性質から不正をするには全てのブロックを同時にする必要が有ること、
それゆえ、ブロックチェーンは不正ができず、セキュリティに強くローリスクを実現しているみたいです。

 

4.マイニング

銀行のような「管理する第三者」は存在しないため、適正な取引の履歴の証明をどうするか問題になります。

ビットコインの取引記録は膨大な量ゆえに全ての取引記録などを計算・記録等する作業はとても大変です。

対象期間に発生したすべての取引データを正確に記録することが求められます。

そこで、その作業を手伝った人に対価としてビットコインを支払うことをマイニングというみたいです。

マイニングによりビットコインが健全に運用されているということみたいです。

 

今回この機会に色々調べましたが、まだ迷ってしまいます。

 

「一生迷ってろ…!そして失い続けるんだ…貴重な機会(チャンス)をっ!」(2回目)

 

ですよね~

嫌とはではなくて単に取引が苦手なんですよね…

ただ持っておくだけでいいならはじめたいと思います。

 

東野圭吾さん原作 新参者シリース最終章「祈りの幕が下りる時」が今日から公開です。

見に行きたいですが、ドラマも小説も触っておりません。

ドラマからみてみたいですね

 

モンハンワールド友人が始めました

2P操作であやかろうと思いましたがプレステ4とソフト揃えないとダメみたいですね(笑)

勉強しないといけないのにストレス発散という名目で操虫棍でゴア・マガラ狩ってたのが懐かしいです。

 

それでは、また照れ

寒くなってきましたね!坂之下です

12月11日に弊社も参画している

「起業女子応援ナビ@中国地域ネットワーク」

の第2回連絡会議に出席させていただきました(*^▽^*)

 

(一社)中国地域ニュービジネス協議会さんが中心となって

起業を目指す女性、起業間もない女性起業家の創業支援を

多方面の企業や機関がネットワークを築きながらしてます(´∀`)

 

女性が起業したくても女性固有の悩み

・家庭と仕事の両立

・パートナーの理解が得られない

・結婚や出産、子育てなどの人生設計との兼ね合い

・起業なんて難しそうだし、勇気が出ない

 

といったお悩みにも相談会も設けたり、先輩女性起業家との交流会を開かれたりされています(。・ω・。)

 

連絡会議では、取り組みの報告と成果を

(一社)中国地域ニュービジネス協議会コーディネーターの

榎さん(明るくて笑顔の素敵な女性でした)がわかりやすくお話くださり、

 

研修として

0・1(ゼロイチ)プランナーの湊さん(落ち着いて女性らしい綺麗な方でした)

地縁のない島根へIターンして起業した株式会社オレンジハーモニーの大森さん

(パワフルでエネルギッシュでとにかく素敵な女性でした)

のお話を聞くことができました。

 

起業のステージとして

0期…起業ってどんなもの?私にもできる?

1期…起業したいけど何からはじめたらいいかわからない

湊さんはそんな0・1期の女性に寄り添って支援されてる「0・1プランナー」

0・1期の女性への対応からハンドメイド作品を海外に販売された女性起業家とその支援について

とても素敵なお話を聞くことができましたo(^▽^)o

 

大森さんは、デザイナーとして自分のブランドをもつという夢を叶えられた方で

それまでの様々なご経験を通されて人の縁やつながりを大事になされてて

本当にいいものを作りたいというものづくりに対する情熱が

すごく伝わり感動しました!

 

島根から広島に事業拡大のため拠点を移されるということなので

せっかくなので大森さんがつくられた腹巻きを買いに行こうと思っています♪

大森さんのブログ

http://www.orangeharmony.co.jp/blog/

株式会社オレンジハーモニー(女性の下着をメインにつくられてます)

http://www.orangeharmony.co.jp/

下着は自分に合ってるかわからないですよね!その時々で体調も体型も変わりますし・・・

大森さんは一度フィッテングをしてからネットで購入を勧められてます

おいしいランチを食べながらのイベントをされてます♪

私も友人誘ってみようと思っています

 

それではまた(。・ω・)ノ゙

 

皆様こんにちわ!行政書士法人Asumia坂之下です!

 

さて、ブラックフライデーが昨日から始まりました!

ってなんのことかわからなかったのでgoogle先生に聞いてみました(ノ´▽`)ノ

 

発祥はアメリカで感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日に感謝祭のプレゼントの売れ残り一掃セールをするみたいですね♪

年末商戦の幕開けを告げるイベントだそうです!

感謝祭ってなんだろうって思いましたが、あのターキーでわいわいする日みたいです!

もともとは宗教的意味合いがあるみたいですが今ではそうでもないみたいです

 

日本では年末商戦前の11月の売上の伸び悩み解消のために2016年から本格的なセールを開催しだしたみたいです(*^▽^*)

今年からCMとかすごいので驚いてますΣ(・ω・ノ)ノ!

クリスマス、お正月…これから色々頑張らなきゃです((>д<))

 

寒くなってきました!風邪をひかぬようしっかりと休息・栄養・睡眠を心がけたいです

皆様もご自愛ください(。-人-。)