GUYのニュース斬り!

このブログはジャンル問わず、いろんな時事ニュースや出来事に対して、管理人guyが意見や感想、解説等をしていくブログです。


テーマ:

金正恩氏、中国訪問!
習近平氏との首脳会談で「半島の非核化に尽力する」

https://mainichi.jp/articles/20180329/k00/00m/030/144000c
 

【ソウル米村耕一】朝鮮中央通信によると、訪中した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は中国の習近平国家主席と26日に首脳会談を行った後の夕食会で、「朝中親善の歴史的伝統を変わりなく守り、両国関係を代を継いで立派に継承発展したいとの一念で電撃訪問した」と発言し、中朝関係を伝統的な友好関係に修復させる意図があることを説明した。

 

 

中国中央テレビによると、習氏は「朝鮮半島情勢に前向きな変化がある。北朝鮮は大きな努力を払っている」とたたえた。金委員長が朝鮮半島の非核化に向けた努力を表明すると、習氏も「我々は非核化の目標と対話による解決を堅持している」と同調した。

 ただ、金委員長は4~5月に首脳会談を予定する米国と韓国に対して「(米韓が)善意をもって応じ、平和実現のために段階的、共同歩調の措置を取るならば、非核化の問題は解決できる」と表明し、両国に見返り措置を求めた。

 

 中朝関係は冷え込んでいたが、両首脳は習氏訪朝や戦略的関係強化でも一致し、南北、米朝の二つの首脳会談に向けた結束をアピールした。

 一方、北朝鮮国営の朝鮮中央通信は直接非核化については触れず、「両国の友好関係の発展と朝鮮半島の情勢管理など重要な事案」について踏み込んだ意見を交換したと伝えた。

 金委員長は特別列車で中国入りし、26日に北京駅に到着した。妻の李雪主(リ・ソルジュ)氏のほか、党指導部の主要幹部が同行し、首脳会談や歓迎夕食会に出席した。27日は科学技術研究機関「中国科学院」を視察し、習氏と妻の彭麗媛氏が開いた昼食会に夫人と出席した後、北京を離れ、28日、北朝鮮に戻った。北朝鮮の最高指導者訪中は11年8月の金総書記以来。今回もこれまでと同様、非公式訪問の形式を取った。

 中国側は29日、外交を統括する楊潔篪(よう・けつち)共産党政治局員を韓国に送り、今回の首脳会談の結果を報告する。同日には韓国と北朝鮮が南北首脳会談に向けて板門店で閣僚級会談を開き、日程や議題を調整する見通し。

 

(毎日新聞)

 


このニュースにはビックリ!

本気で言ってるのかは????だけど。


思えば、金正恩氏が北朝鮮のリーダーになってから、欧米やアジアの全ての国が、


まるで金正恩氏に弄ばれているようだ。


周りが必死になって極悪人、悪いイメージを植えつけようとしているが、
金正恩氏は気にせず、常にマイペース。


去年までは、アメリカが戦争を仕掛けるのでは?
のニュースで持ちきりだったが・・・


3月6日、韓国と仲直り

そして、28日中国とも関係修復



これではもうトランプ先生も手出し出来ない。
常に欧米他アジアに対して先手。


金正恩氏、意外と優秀な策士に思えてきた。

 

 

 

 

 

 

こちらもクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
  • ハンソンロボティクス(Hanson Robotics)が開発したヒューマノイドロボット、ソフィアは25日、Future Investment Initiativeでスピーチを行った。
  • ソフィアは以前、開発者のデイビット・ハンソン(David Hanson)に促され「人類を滅亡」させると発言した。

Denis Balibouse/Reuters

https://www.businessinsider.jp/post-106471?utm_source=yahoo&utm_medium=news&utm_campaign=201711

 

2016年3月、ソフィアの開発者、ハンソンロボティックスのデイビッド・ハンソンはSXSWにおいて、

 

「人類を滅ぼしたいですか? 『No』と言って欲しいけどね...」

 

とライブデモンストレーション中にソフィアに質問した。

ソフィアは無表情のまま返答した。


「OK。私は人類を滅ぼします」


一方、ハンソンは、ソフィアやこれから登場するロボットは介護施設での高齢者のケアや、公園やイベントでの来場者の案内などで活躍するだろうと語った。
人類にとって幸運なことに、ソフィアはFuture Investment Initiativeで開発者のハチソンの発言に沿うコメントを残した。ソフィアはソーキンに、自分の人工知能を人が「より良い人生を生きる」ために使いたい、そして「世界をより良い場所にするためにベストを尽くしたい」と語った。
ソフィアは間もなく、他のロボット製造会社から仲間を得るかもしれない。ソフトバンクだ。同社は2014年にペッパーのプロトタイプを発表し、翌年に消費者向けのモデルを発売。1000台のロボットをわずか1分以内で完売させている。
ソフィアのプレゼンテーションの動画は以下。

 

 

 

 

 

 

 

うつろな目をしたヒューマノイド、ソフィアは世界で初めて市民権を持つロボットとなった。
サウジアラビアはFuture Investment Initiativeの開催に先立ち、ソフィアに市民権を与えた。スピーチは10月25日(現地時間)、同国の首都リヤドで開催中の同イベントで行われた。
「私はこの特例をとても光栄に、誇らしく思う」とソフィアは壇上から聴衆に語った。
「市民と認められた世界初のロボットになることは歴史的なこと」
市民権の詳細は明らかにされていない。

 

このイベントでソフィアは、ジャーナリストのアンドリュー・ロス・ソーキン( Andrew Ross Sorkin)の司会で質疑応答を行った。質問はヒューマノイドとしてのソフィアの立場、そしてロボットが支配する世界における人類の未来についての懸念に関するものがほとんどだった。

 

 

 

映画、「ターミネーター」に出て来るアンドロイド/サイボーグは、

もう実現間近・・・を彷彿させるニュース。

 

先日も書いたけど、やっぱり人工知能は人類にとって脅威、天敵になってしまう可能性はゼロではないと思う。

 

そうなったとき、人類はA.Iに勝てるのか?

 

映画のスピンオフドラマ、「ターミネーター サラコナー クロニクルズ」で、A.Iがチェスで人間に勝利してしまう描写があったが、それもすでに現実となっている。

 

こちらもクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

国連、「殺人ロボット」の使用に関する会議を初開催へ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000026-jij_afp-sctch

 

【AFP=時事】国連(UN)は来週、史上初の「殺人ロボット」とも呼ばれる自律型兵器の使用に関する会議を開催する。

 米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)のイーロン・マスク(Elon Musk)最高経営責任者(CEO)ら、人工知能(AI)分野の企業家100人以上は今年8月、完全自律兵器は民間人をとてつもない危険にさらす恐れがあると警鐘を鳴らす活動家らに同調する形で、そうした兵器を世界的に禁止するよう求め、国連に書簡を提出していた。


 特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)として知られる国連の軍縮に関する会議はスイスのジュネーブで、13日から5日間の日程で開催される。

 しかし会議の議長を務めるインドのアマンディープ・ギル(Amandeep Gill)大使は11日、会議では禁止どころか条約の締結ですらまだほど遠く、こうした兵器の禁止を求める人々は失望することになるかもしれないと語った。

 ギル氏は記者団に対し「(殺人ロボットを)禁止する法を制定するだけなら簡単かもしれないが、とても複雑な課題についてことを急ぐのは賢明ではないと思う」「われわれはスタートラインに立ったばかりだ」と述べた。

 ギル氏は、市民社会団体やテクノロジー企業なども出席するこの会議では、開発中の兵器の種類についての理解などにも焦点が当てられることになると語った。【翻訳編集】 AFPBB News

 

 

 

数年前に、これと類似したことだが、英理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士が、

 

人工知能(A.I)も、

ある時点を境に人類を超え、

人類にとって脅威となるだろう」

 

と発言し、反響を呼んだ。

 

映画「ターミネーター」「マトリックス」のように、人間がコンピューターに負け、支配されてしまう可能性があると。

 

A.Iの開発者達、いわゆるA.Iで金儲けをしたい人達は、こぞってホーキング博士の発言を、バカげていると、一笑に付した。

 

 

だが、バカげているとは言い切れない。

 

 

現に、マイクロソフトの開発した人工知能A.Iが、

 

ニューヨーク共同米IT大手マイクロソフトは24日、インターネット上で一般人らと会話をしながら発達する人工知能(AI)の実験を中止したと明らかにした。

 

不適切な受け答えを教え込まれたため

 

ヒトラーは間違っていない

 

といった発言をするようになったという。

 

 

同社が開発したAIは「Tay(テイ)」と名付けられ、ツイッターに23日に登場した。ツイッターで会話を重ねるうちに差別的な発言を繰り返すようになり、24日に中止された。

 

 

と発言し、これまた大きな話題となった。

 

 

この件は人工知能が、

 

間違った考えで暴走するかもしれない危険性

 

を示している。

 

上記の自立型兵器も、当然同じ危険性が孕んでいる。

 

 

こちらもクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。