GUYのニュース斬り!

このブログはジャンル問わず、いろんな時事ニュースや出来事に対して、管理人guyが意見や感想、解説等をしていくブログです。


テーマ:

 

カロリーゼロの“甘い罠”専門家が指摘

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171006-00000031-sasahi-life&p=1

 

カロリーゼロの人工甘味料入り飲料は、体形が気になる人にとっては心強い味方。しかし、最近の研究では、糖尿病のリスクを高めるという指摘もある。

 

頼りすぎて、油ものなどほかの食べ物でカロリーオーバーになってしまう人もいるようだ。

 

中部地方に住むミカコさん(45)夫妻は、週に1~2本、人工甘味料入りのコーラや炭酸飲料を飲む。気持ちをスカッとさせたいときや、甘いものをとりたいときに利用するそうだ。

「やっぱりカロリーが気になるので。ゼロカロリーの飲みものなら安心です」(ミカコさん)

 昨今、スーパーマーケットやコンビニエンスストアの飲料コーナーでよくみかける人工甘味料入りの、いわゆる“ゼロ・オフ系”ダイエット飲料ミカコさんのようにカロリーを気にする人や、ダイエット中の人にとっては心強い味方だ。

 だが、実は一見ヘルシーにみえるこの人工甘味料は、体内の糖の代謝に影響を与え、糖尿病の発症リスクを高める可能性が指摘されている。糖尿病予防の視点から人工甘味料の研究を行っている金沢医科大学医学部衛生学准教授の櫻井勝さんは、こう話す。

「人工甘味料は砂糖と違って、血糖値を上げることはありません。ですが、まったく別のメカニズムから糖尿病の発症に関わっている可能性が、さまざまな研究でわかってきています

 人工甘味料とは「化学合成された甘味物質」の総称。日本ではアセスルファムカリウム、アスパルテーム、スクラロースの3種類がよく使われているという。一方、キシリトールやステビアなどは天然甘味料で、人工甘味料とは別のものだ。

 あんなに甘いのに、なぜカロリーがゼロなのだろうか。神奈川県立保健福祉大学栄養学科教授の中島啓さんは説明する。

「ヒトの体内に吸収されるアスパルテームは、グラム当たりのカロリーは砂糖と変わりませんが、使用量はわずかなのでカロリーは限りなくゼロです。一方、アセスルファムカリウムとスクラロースは、生物がカロリーとして利用できる物質ではないため、完全にカロリーはゼロになります」

 

 

ネイチャーの論文では、人工甘味料を与えたマウスにブドウ糖入りの水を飲ませて血糖値の変化をみると、耐糖能に異常を認めたという。また、その実験マウスの腸内フローラを無菌マウスの腸に移植すると、同じように耐糖能異常が起こることが明らかになった。

 人工甘味料が腸内フローラにどのような仕組みで変化をもたらすのか、また腸内フローラの変化がなぜ耐糖能異常を引き起こすのかなど、未解明な部分も多い。ただ、このほかにも人工甘味料が糖尿病の発症リスクを高める研究がいくつか報告されているという。

 その一つが「人工甘味料が脳の錯覚をもたらし、食べすぎを促す」可能性だ。

「通常、炭水化物や糖質をとると、ブドウ糖が血液中に取り込まれて血糖値が上がりますが、人工甘味料では血糖値は上昇しない。そのため脳は食事量が足りないと錯覚し、食べすぎてしまうのです」(櫻井さん)

 このほかにも、「人工甘味料の強い甘さに慣れると甘みの感覚が鈍くなり、より強い甘さを欲するようになる(甘味への依存性)」「腸にも甘みを感じるレセプターがあり糖の吸収を高める」といった問題も報告されている。

 

 

 

以前、「缶コーヒーは悪魔の飲み物」の記事を書いたけど、

 

これもそれと似たようなもの。

 

簡単に表現すると、

大した量じゃない、

少ないと思っていたものが、

実はもの凄い量だった

 

というもの。

 

 

GUYも一時期、

 

「カロリーゼロ」表示

 

に、騙されていたけれど、最近は前にも書いたように、

 

カロリーゼロよりも、

微糖を選ぶ

 

ようにしている(^^;)

 

 

そして、清涼飲料水は極力飲まないようにしています。

それらは必ずぶとう糖がいっぱい入っているからね。

 

私、GUYがコーヒー以外に飲むものは・・・

 

サントリー黒ウーロン茶。

牛乳。

 

です。

 

こちらもクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

guyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります