先生たちの指導改善策! 2013年02月コーチングシートより | プロ家庭教師の勉強の教え方を大公開・ガッツ家庭教師

プロ家庭教師の勉強の教え方を大公開・ガッツ家庭教師

ガッツ家庭教師の先生たちと共に作る教育ブログ。多くの先生が現場で培った経験を元に執筆しています。現場主義だから、効果も高い。

2013年02月に寄せられたガッツ家庭教師の先生たちの指導改善策をまとめてみました。共感できる内容もあると思います。是非、指導の参考にしてみてください。今回は、


◆1.集中力を維持する編 6つ


◆2.計算ミス編 2つ


◆3.宿題忘れ編 3つ


◆4.諦めやすい編 3つ


◆5.ノート整理編 2つ


となっています。




◆ 集中力を維持する編

?集中力が途切れ、周りにある本やおもちゃに手が伸びる。(E先生)

あ!集中力がかなり欠けます。区切りをマメに決め、また、時間を測りながら、少々のプレッシャーを与えると集中しやすい。また、時間内だけ、机の周りから本人の気が向くようなものを取り除く。



?集中力がなく、なかなか授業に入れない。(E先生)

あ!学習指導だけが家庭教師の役目ではないので、気長に本人の意思を否定せず、自然に学習に導けるように努力していきたい。



?授業中に眠気を催す事がよくある。(Y先生)

あ!声をかけたり、肩をたたいたりする。また、顔を洗わせたり、授業開始前に仮眠をとらせたりすることで、少しでも授業中の集中力を高めるようにしている。



?集中力が授業終了時まで続かない。(U先生)

あ!小学生で90分休みなしでの授業はつらいと思うので、40分×2回の授業と考えて間に10分間の休憩を入れることで、集中力を持続させる。



?落ち着いて座る事が出来ない。(N先生)

あ!小学2年生なので、1時間半の指導中にずっと座っているのではなく、時には体を動かしながら計算練習をするなど、メリハリをつけて指導に挑む。そして座っている時は集中するという習慣をつける。



?集中力が続かない(N先生)

あ!同じ事を繰り返しやらせない。例えば授業内容を国語⇒算数⇒国語などのように、少しずつ変化させたり、問題集⇒ゲーム性のあるアクティビティをするなど、飽きさせない努力をする。それでも難しい時は適宜休憩をとる。



◆ 計算ミス編

?ケアレスミスがなかなか減らせない。(S先生)

あ!本人がどういうところで間違えやすいか、そのミスの頻度などを自覚する工夫をする。例えば、算数では途中式を消さずに、生徒が見直し時にミスに気付けば青色ペンで、答え合わせで気がつけば赤色のペンで直しをさせる。



?暗算してしまって途中式を書かない。(K先生)

あ!方法1.1問1問の計算スペースを多くとる。方法2.『=』をたくさん書かせるよう指示する。



◆ 宿題忘れ編

?宿題の量が増えると、やり忘れが発生する。(K先生)

あ!生徒のための『to DOリスト』をつくり、それを見えるところに張ってもらう。また、どの程度の負担になっているかを生徒に詳しく聞き、それに基づいて宿題量を調整する。



?ルーティンチェック表をもっていないため、宿題忘れをする。(Y先生)

あ!週間予定表を作り、日割りで宿題チェック表を作成してやり忘れを防止する。



?宿題をやらないで平然としている。(S先生)

あ!保護者のチェック印を必ず貰ってくるように生徒と保護者に伝えることで、やり忘れを見張ってもらう。



◆ 諦めてしまう編

?解けない問題があるとすぐに諦めてしまう(M先生)

あ!解けなくなって別のことをしだしたら、すぐにどこが分からないか聞き、ヒントを与えて自分で考えさせるようにする。また簡単な類題を例に説明する。



?途中、難しい問題・苦手な問題があると避けてふざけてしまう(N先生)

あ!しっかりがんばれたらポイントを加点し、ふざけてしまったらポイントを減点して、ゲーム感覚できちんと取り組む意識をつけていく。また、始めから問題に向かうのではなく、段階的に解くことで難しいという先入観を無くす。



?数学の宿題に対して最初から諦めてしまう時がある。(M先生)

あ!自信をつけさせるため、試験問題を実際に何度か解かせて自分の力で解けるようにする。そうしてまず自分に自信を持ってもらうようにする。



◆ ノートまとめ・整理編

?ノートやプリントの整理が苦手で探すのに時間がかかる(S先生)

あ!ノートやプリント用ファイルの背表紙に教科名や何冊目かを書かせる。表紙には、どういう内容が含まれたものなのかも書かせる。ふせんを使う。戻す位置を決める。



?ノートの字が汚くて読めない事が多い。(K先生)

あ!方法1.大きめのマス目のノートを利用させる(1マスに1字など)。 方法2.問題1つにつき1~2問



子育て・教育のひと工夫・ガッツ家庭教師

ガッツさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス