トランプ大統領をスタンディングオベーションで迎える素晴らしい国民性 | 弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

国賓であってもブーイングで迎える国もありそうだが、トランプ大統領をスタンディングオベーションで迎えた日本の国民性は誇りにしていいだろう。

どなたかがそう仕向けたのでなければ、やはり日本の国民はよく出来ていると言っていい。

千秋楽に相撲を見に来られるくらいだから、日本の文化や伝統に深い理解を持たれている典型的日本人と言っていいかも知れない。

普通のアメリカ人よりも感情の起伏が激しそうなトランプ大統領だから、さぞかし日本人は素晴らしいと感激されたのではないだろうか。

安倍総理の過剰接待じゃないのかしら、と思っていたが、自然に出たスタンディングオベーションなら最高である。

うん、日本人の国民性は、やはりいい。