首長選に候補者を擁立出来るようになって地域政党は一人前になる | 弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
音喜多さんのあたらしい党がどこまで頑張れるか、目を皿のようにして見ているところだ。

結構いい候補者をあちらこちらで擁立出来るようだし、選挙方法もあれやこれや工夫を重ねているところがいい。
ほう、ポスターにこういう工夫をすれば動画も見れるようになるんだ、ということを知った。

どれだけポスターに注目してくれる人がいるかは疑問だが、何の工夫もしない人よりは遥かにいい。

選挙を変えるためには、選挙の方法も変える必要がある。
音喜多さんたちが成功すれば、あっという間に他の政党も真似をするようになるだろうが、いいことはどんどん広げた方がいい。

袂を分かってしまった人たちとの間の見苦しい紛争を未だに引き摺っているようなのが玉に瑕だが、そういう足りないところを補って、なんとか若い人たちの力で日本の社会の在り方や政治の在り方、さらには選挙の在り方を変えてくれればありがたい。

音喜多さんとは袂を分かってしまったが、上田令子さんの自由を守る会の方もあちこちの選挙区に候補者を擁立できるようである。

元気な若い人たちが、あちらこちらで名乗りを上げてくれるようになったことはいいことである。

それぞれ、どこまで支持を拡げられるか、という課題はあるが、挑戦者がいなければ世の中は変わらない。

私は、党派を超えて、日本の社会や日本の政治、さらには日本の選挙の在り方を変えようとして挑戦される若い方々すべての応援団のつもりでいる。
困った時には、遠慮なく助けを求められることである。
大したことは何も出来ないかも知れないが、多少のアドバイスくらいなら出来るはずだ。

私が注目しているもう一つの地域政党がある。
地域課題を解決する会である。
地域課題を解決する会もあちらこちらで候補者を擁立する準備が整っているようだ。

何しろ、会の名称がいい。
地域課題を解決する、というのだから、それなりに実現可能な政策と行動目標、実行力を有しているということだろう。

それ以外にも、あちらこちらで地域政党が名乗りを上げているようである。
みんな、ガンバレ。

殆どの地域政党は、地方議員の候補者を擁立するので精一杯だろうが、地域政党が本格的な地域政党になるためには首長選挙に候補者を擁立することである。

音喜多さんがどうするのか分からないが、地域政党の名前を大方の有権者に認知してもらうようになるためには、首長選挙に候補者を擁立するのが手っ取り早い。

皆さん、おやりになったら。

早川忠孝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ