この一歩が大きい | 弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
単なるサークル団体から選挙管理委員会に正式に届け出をした政治団体に成長したのだから立派なものである。

地域課題を解決する会のことだ。

地域課題を解決することを目的としていることは、会の名称で一目瞭然だ。
何をもって地域課題と見做すかについては人それぞれだろうが、とにかく地域課題を解決することを目標としている方々がこの会に結集されれば、この会は社会的に大きな役割を果たすことが出来る。

器は、出来た。
後は、どういう方々がこの会の下に集まるか、である。

幸に、この会は懐が広そうだ。
地域課題を解決することを本当に自分の課題としている方々なら、どなたでも参加出来そうな仕組みになっている。

上手くすれば、この会は新しい地域政党づくりのモデルになることが出来る。
どこまで大きくなれるか、楽しみだ。

地域課題を解決する会への参加を呼びかけられた方は、ご自分が地域課題を解決するという目標に向かって懸命に努力する同志の一人だと認められたのだと見做して、そのこと自体を誇りに思われた方がいいだろう。

自分の名誉欲を満足するためにだけ地方議員選挙に立候補しているのではないか、と見做されてしまうような人には、決して声が掛からないはずだ。

人は見ていないようで、結構他人を見ているものだ。

実際に参加するかどうかはさておいて、まずはご自分に声が掛かるかどうかは、大いに気にされておいた方がいい。
誰からも声が掛からない、というのは、あなたの高い志を現状では誰にも分ってもらえていない、という事実の証だから。

早川忠孝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ