弔い選挙ではなく、新しい沖縄を作る選挙、と意識された方がよさそうだ | 弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
自民党の総裁選は、現状維持を求める主流派と石破さんをはじめとする自民党を少しでも良くしたいと願っている人たちとの戦いで、国民民主党の代表選はどうしようもないほど落ち込んでしまっている国民民主党はどうやって立て直していくかを懸命に模索している人同士の戦いで、どちらかと言えば見どころのあるのはゼロからのスタートを明確に意識している国民民主党の代表選の方だろう、などと思っている。

壁際の戦いと言うか断崖絶壁の上での戦いだから、国民民主党が上手く行くかどうかは今回の代表選で決まる。
上手く行かなければ、二人とも断崖絶壁から落ちてしまう、と思っておかれた方がいいだろう。

自民党の総裁選は、多分現状維持を求める主流派の思惑通りになってしまう。
石破さんは面白くないだろうが、これが今の自民党の大勢だと思っておかれるといい。

さて、沖縄県知事選挙は、どうか。
翁長さんの弔い選挙だ、などと囃し立てられる向きがあるが、私にはどうもそのようには受け止められない。

この度の結縄県知事選挙は、新しい沖縄を作るための選挙だ、ともっと前向きな発想で臨まれた方がいい。
前知事の翁長さんの沖縄を想う思いの深さはそれなりに理解しているが、しかし沖縄が大きな曲がり角に差し掛かっていて、何とかしなければならないとう状況にあったことは確かだ。

翁長さんには、そういう大きな曲がり角に差し掛かっていた沖縄を自分の力で前に進めるだけの力は残っていなかったように思う。

沖縄は、これからどういう道を歩むべきか、ということが問われているように思う。

玉城氏にその答えが出せるか。
それとも自公維が担ぎ出す候補者の方に答えを出せる力があるか。

その選択を沖縄県民の方々はしなければならない。

この度の沖縄県知事選挙は決して弔い選挙ではない、というのが私の率直な感想である。