大甘の財務省懲戒処分 | 早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
呆れて物も言えない、というのが私の率直な感想なので、多くは語らないことにする。

甘い、甘過ぎる、こんな大甘な処分で国民が納得すると思っているのかしら、と首を傾げたくなるが、麻生さんも財務省の幹部の方々も官邸も何も言わないようだ。

せめて自民党や公明党から異議が出されればいいと思っているが、自民党の人も公明党の人も今は鳴りを潜めているようである。

世論の反応を見ているのだろう。

今日発表された懲戒処分について大して反発の声が上がらなければ、安倍内閣も自民党もこれで幕引きするつもりなんだろうと思っている。

そうは問屋が卸しませんよ、と言っても、耳を塞いでいる人たちには聞こえない。

耳を塞ぐだけでなく、目も瞑っているようである。
何も聞こえず、何も見えない状態でただ突っ走っている。

危ういな、と私などは思うが、ご本人たちはよほど鈍感なようで、何の心配もされていないようである。

いやあ、参った。
これが、今の霞が関の現状である。

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.