本当のことを言って、早く楽になろう | 早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
まあ、墓場まで持って行くつもりだろうが、そこまで義理立てすることはない。

本当のことを正直に述べて、楽になった方がいい。
官僚の皆さんにとって出世がどんなに大事なものかは分かってはいるが、これ以上の出世は諦めて、これからの長い人生を楽しく送ることを優先されたらいい。

煩いごとは、なるべく少なくすることである。

自分の身は自分で守るべし。
役所が守ってくれる時代は、過ぎてしまったようだ。
誰も救けの手を差し延べてはくれない。

薄情だ、などと怒っても致し方ない。

出世街道をひた走りに走っていたはずなのに、良かれと思ってやって来たことがとんでもない時に裏目に出てしまった、ということだろう。

多分、本当のことを洗い浚い語れば、なーんだ、ということになりそうな話である。

隠せば、どうしても苦しくなる。
隠し立てをしない、と腹を決めてしまうのが、こういう真面目な官僚の方々を救う唯一の方策だろうと思っている。

首相秘書官としてはよくここまで仕事をしましたね、と表彰されてもいいような話である。
よくよく知恵が回る人のようである。

その知恵を正しく使わないのは、実に勿体ない。

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります