絶対に表に出さないと決めたのかしら | 早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
かつて言論弾圧事件が世間を賑わした時に、絶対に国会への招致をさせないように動いた一群の人たちがいたようだ。

絶対に国会に招致させないことにした相手は、池田大作氏。
池田大作氏の国会招致を断念させるために様々な工作がなされていたという。

真相は未だに闇の中だが、なにか途轍もないことが行われていたのだろう、とあれこれ雀たちが騒いでいたことを朧気ながら覚えている。

仕事ぶりだけ取り上げれば実に立派な成績を挙げている安倍内閣だが、しかしどうにも不審なことが昨年来続いている。
私たちの胸のつかえが未だに取れないのは、肝心要の人たちが表に出てこないためだ。

みんなで一生懸命藪を叩いているが、肝心要の人たちが表に出てこない。

肝心要の人が表に出ることを全力で防ごうとしている一群の人がいるように映る。

死人まで出ているのだから、異常事態だと言わざるを得ない。

このまま蓋を閉めておけると思っているとしたら、多分大きな勘違いである。

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります