自民党にとっては、今の時点でマイナスを最小限に止めることがベストの選択 | 早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
今の自民党で最も知恵がある人は誰だろうか、ということを考えている。

派閥の領袖クラスでは細田さんかな、というのが私の見立てである。

安倍内閣が一晩で急転直下窮地に追い込まれる、などということはどなたも想定されてこなかっただろうが、私が見ている限りでは安倍内閣は第二次安倍内閣発足以来最大のピンチを招いている。

無傷ではあり得ない。
非力な野党が寄ってたかって自民党・安倍内閣に斬りつけてきてもその刃を躱すことは出来るだろうが、今回は国民の心がどんどん離反していく、ということを覚悟すべきである。

今は籠池氏の姿を見ることはないが、籠池氏の裁判が進んで籠池氏がマスコミの前に登場するようになると、世間の批判は安倍総理に向かうようになると見ておいた方がいい。

9月の総裁選まで引っ張るのはどうも上手くないな、というのが、現時点での私の見立てである。
通常国会が終わったら総裁選を前倒しして、すぐ自民党の総裁選に雪崩れ込むのがどうもよさそうですよ、ということを申し上げておく。

まあ、私が申し上げなくても、自民党きっての選挙巧者の細田さんなら、既に動き出されているはずだが・・。

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります