過ちて之を改めざるを過ちと言う・・、ということでしょうね | 早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
これからが大事な時なので安倍内閣には最後まで責任を全うしてもらいたいと願っているが、そろそろ代わり時を迎えている、ということだけは認識されておいた方がよさそうである。

人心が倦んでいるわけではないが、霞が関が大分傷んでいる。

新しい風、新しい血を入れた方がいい。
トップから入れ替えた方がいい。

やはり、9月の総裁選で変わるのがいい。

安倍さんは、上手に次の人にバトンタッチをされた方がいい。

安倍さんの周辺の方々は、妙に安倍さんを煽てない方がいい。
今だったら、安倍さんは傷付かないで次の人にバトンタッチが出来、すべての名誉を手中にする可能性がある。

くれぐれも、これ以上の無理はされないことである。
多分、誰かが間違った。

間違いに間違いを重ねないことが大事である。

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります